阿部貴浩顔画像と事件現場場所は?日経新聞次長タクシー運転手暴行逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手の顔を殴ったとして、警視庁赤坂署が暴行の現行犯で、日本経済新聞社編集局総合編集グループ次長・阿部貴浩容疑者(48)を逮捕していたことが7日、分かりました。

阿部容疑者は、「酔っ払っていて覚えていない」などと容疑を否認しています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

産経新聞の報道です。

 タクシー運転手の顔を殴ったとして、警視庁赤坂署が暴行の現行犯で、日本経済新聞社編集局総合編集グループ次長、阿部貴浩容疑者(48)=東京都=を逮捕していたことが7日、同署などへの取材で分かった。

 逮捕容疑は、5日午後10時半ごろ、港区赤坂の路上で、タクシー運転手の男性(61)の顔を殴ったとしている。逮捕時、酒に酔っていたという。「酔っ払っていて覚えていない」などと容疑を否認している。

 同署によると、阿部容疑者は犯行前に路上に1人でしゃがみこんでおり、運転手がクラクションを鳴らして注意を呼びかけたところ腹を立て、運転手が開けた窓越しに2発殴打。さらに現場を立ち去ろうとするタクシーに数十メートルしがみついたため、運転手が110番通報した。阿部容疑者は直前まで現場付近で同僚と酒を飲んでいたという。

 同社広報室は「社員が逮捕されたことを重く受け止めます。事実関係を確認のうえ、厳正に対処します」とコメントしている。

引用元 産経新聞

事件が起きたのは、5日午後10時半ごろ。

わりと早い時間です。

阿部容疑者は、酔って赤坂の車道で、1人しゃがみこんでいたようです。

そこに通りかかったタクシー。

運転手は、通行できないので、クラクションを鳴らし注意を呼びかけます。

おそらく、クラクションは、一般では怒りが込み上げない程度に軽く鳴らしたのでしょう。

それでも、阿部容疑者は、腹を立ててしまいます。

窓を開けさせ、運転手に2発殴ったとのこと。

運転手は逃げようとしたのか、その場から立ち去ろうとしますが、阿部容疑者は、タクシーにしがみついていたといいます。

その距離数十メートル。

そこで110番し、現行犯逮捕。

阿部容疑者は、「酔っ払っていて覚えていない」と供述しているようです。

タクシー運転手は手を出さないという心理があり、このような行動をとったのではないでしょうか。

最近、札幌で弁護士がタクシー運転手に暴行した事件がありました。

杉山央弁護士の顔画像や経歴は?代表を務める赤れんが法律事務所の場所は?

阿部容疑者は、新聞社に勤務しているにも関わらず、暴行しています。

札幌弁護士の事件をどのように思っていたのか。

他人事だったのか、仕方ない事件と思っていたのか。

どこか奢りがあったのかもしれません。

スポンサーリンク

阿部容疑者とは?

阿部容疑者の顔は、公表されていません。

FacebookやTwitterは、特定できませんでした。

勤務先は、日本経済新聞社。

名古屋支社時代の2005年2月15日、「トヨタ社長に渡辺氏」(2月8日付朝刊)の特報で、社長賞を獲得しています。

記者として、トヨタ自動車関係の記事を数多く書いているようです。

トヨタ源流企業の静かな挑戦

優秀な社員かもしれませんが、酔って暴行は許されるものではありません。

暴行現場は?

暴行現場は、東京都港区赤坂4丁目の路上。

赤坂見附駅近くの赤坂一ツ木通郵便局付近のようです。

おわりに

マスコミの人間でありながらの暴行事件。

そんなことをすれば、報道されると思わなかったのか。

酔っていたとしても、無意識にそう考えると思うのですが。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*