天野直樹顔画像や勤務先は?東京法務局事務官収入印紙4億7000万円横領

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京法務局は15日、元男性職員・天野直樹(あまの・なおき)元事務官(63)が、10年間にわたり、法人登記などの登記申請書に貼る収入印紙計約4億7293万円分を着服していたと発表しました。

天野元事務官は、「金券ショップで換金していた」と話しています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

読売新聞の報道です。

 東京法務局は15日、元男性職員が、10年間にわたり、法人登記などの登記申請書に貼る収入印紙計約4億7293万円分を着服していたと発表した。

 同法務局は男性を懲戒免職にし、警視庁に業務上横領容疑で告発している。

 発表によると、懲戒免職になったのは、天野直樹元職員(63)。2006年1月から16年12月の間、同法務局の法人登記部門や墨田出張所、豊島出張所などで登記申請に関する事務を担当していた際に、申請書に貼り付けられていた収入印紙を盗む行為を繰り返していた。発覚を免れるため、保管していた過去の申請書から、消印済みの印紙を切り取って書類に貼り付けていたという。

 同法務局が不審な点に気づき、16年12月、29万円分の収入印紙を着服していたとして天野元職員を懲戒免職にし、余罪を調査していた。調べに対し、「金券ショップで換金していた」と話したという。

引用元 読売新聞

2016年12月、29万円分の収入印紙を着服していたとして天野元事務官を懲戒免職。

その後の内部調査で不正を繰り返していたことが判明したため、余罪を調査していました。

すると、2006年1月から2016年12月の間、計2778件の登記申請書登録免許税として貼られていた収入印紙を、消印を押さずにはがし、別の申請書から押印済みの収入印紙を切り取り、差し替えていたことがわかりました。

その額、約4億7293万円相当とのことです。

1件当たり17万円程度。

天野元事務官は法務局の内部調査に対し「金券ショップで換金していた」「持病の治療のために金が必要だった」と話しています。

着服した収入印紙全てを、複数の金券ショップで換金していたと思われますが、ショップ側はあまりの来店回数や金額で不審に思わなかったのでしょうか。

4億7293万円ですからね。

10件の金券ショップで換金したとしても、1件当たり4700万円ほど。

また、天野元事務官には、どういった持病があったのでしょうか。

4億7293万円全て使うとは考えづらい気がします。

遊ぶ金欲しさもあったのではないでしょうか。

天野元事務官は、この金を返金することはできないと思われます。

またも無駄な税金が吹き飛んでしまいました。

天野元事務官とは?

天野元事務官の顔は、現在公表されていません。

東京法務局は、刑事告発しているので今後を待ちましょう。

FacebookやTwitterは、見当たりませんでした。

勤務先は?

天野元事務官は、民事行政部や墨田出張所、豊島出張所などで登記申請に関する事務を担当していたそうです。

おわりに

4億7293万円の収入印紙着服という驚きの横領をした天野元事務官。

東京法務局の管理能力も問われます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*