茂呂吉司と山下雄一の顔画像や余罪は?安藤ハザマ福島除染詐欺!田村市で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島第一原発事故の除染事業をめぐり、発注元の福島県田村市に改ざんした作業員の宿泊領収書を提出し、約7600万円をだまし取ったとして、安藤ハザマ東北支店の山下雄一(やました・ゆういち)容疑者(48)と茂呂吉司(もろ・よしじ)容疑者(50)を逮捕しました。

スポンサーリンク

どのような事件か?

朝日新聞の記事です。

 福島第一原発事故の除染事業をめぐり、発注元の福島県田村市に改ざんした作業員の宿泊領収書を提出し、約7600万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は28日、準大手ゼネコン・安藤ハザマ東北支店の社員2人を詐欺罪で在宅起訴し、発表した。関係者によると、いずれも起訴内容を認めているという。

 起訴されたのは、同支店土木部で現地の作業所副所長だった山下雄一容疑者(48)と工務担当課長だった茂呂吉司(よしじ)容疑者(50)。

 起訴状によると、2人は2015年7~9月、同社が田村市から受注した除染事業で、作業員の人数や単価を計4100万円分水増しした宿泊領収書を出し、宿泊費など計7600万円をだまし取ったとされる。

 宿泊費の精算時には、作業員数や宿泊単価を記した実績報告書と領収書などの証明書類が必要。特捜部によると、除染が完了した15年7月末ごろ、同社には1億6100円分の証明書類しかなかったが、2人は「2億200万円かかった」とする虚偽の報告書と証明書類を市に出したという。特捜部は、領収書がなければ支払われなかった全額を詐取額と判断した。

 同社の調査委員会は、2人が「精算額を多くだまし取る意図はなかった」と当初説明したことや、宿泊費として同社が受け取った額が実際に払った額よりも少ないことから「過大請求、不正受給は認められない」とする報告書を7月末までにまとめていた。だが、2人はその後、特捜部に対し、市からだまし取ろうとして領収書の改ざんを指示したことを認めた模様だ。

引用元 朝日新聞デジタル

除染関連の詐欺事件は、氷山の一角かもしれません。

清水建設に引き続き、作業員水増しによる詐欺です。

清水建設責任者は誰?架空請求額や余罪は?福島第1原発作業員水増し

2人は、わずか2ヶ月の間に、作業員の人数や単価を計4100万円分水増しした宿泊領収書を出し、宿泊費など計7600万円をだまし取ったとのこと。

工事に関わっている作業員が、多ければ多いほど、こういった手口は容易いと思われます。

茂呂容疑者が旅館を持つ下請け業者に対し、水増しする人数や金額をメールで指示したようです。

それをもとに下請け業者が領収書を改ざんし、山下容疑者が田村市に提出していたとのこと。

特捜部は、領収書がなければ支払われなかった全額を詐取額と判断したようですが、他にも余罪があるかもしれません。

安藤ハザマの調査委員会は、当初「過大請求、不正受給は認められない」とする報告書をまとめていました。

身内には甘かったのか、疑わしいけど立証できなかったのか。

疑わしきものは罰せずですからね。

ただ、茂呂被告は、メールで指示していたといいます。

メールを削除していたから、この事実が、わからなかったのか?

それでも、サーバー内には残っている気がしますが。

万一ですが、安藤ハザマに悪意がなかったことを願います。

茂呂容疑者と山下容疑者とは?

茂呂容疑者はこちらです。

山下容疑者の顔は公表されていません。

また、2人のFacebookやTwitterは特定できませんでした。

安藤ハザマとは?

  • 社名:株式会社 安藤・間(呼称:安藤ハザマ)
  • 本社:
    東京都港区赤坂六丁目1番20号
    03-6234-3600(代表)

  • 東北支店:
    宮城県仙台市青葉区片平1-2-32
    022-266-8111

  • 主な事業内容:
    (1)土木建築工事の調査、測量、企画、設計、施工、監理
    (2)不動産取引および不動産の保有、利用
    (3)土壌の調査・浄化工事の請負
    (4)地域・都市開発および環境整備に関する企画、設計
    (5)発電および電気、熱等エネルギーの供給事業
  • 資本金:120億円
  • 株式上場:東京証券取引所第一部(証券コード:1719)
  • 建設業許可:国土交通大臣許可(特-25)第20330号
  • 従業員数:3501人(2017年4月1日現在)

おわりに

福島原発関連の工事は、一斉に調査したほうがいいかもしれません。

これらの工事費の多くは、電気料金や税金で賄われています。

つまり、工事費のために値上げされた電気代を含めて、国民が負担しています。

他人事ではありません。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. a より:

    安藤ハザマの下請けで山下さんと仕事をしたことがある者です。
    山下さんがそのようなことをしたとは信じられません。
    どちらかと言うと不器用で正直者が損をするを地で行くような人です。
    だいたいこんなことをして何かメリットはあるのでしょうか。
    詐取とありますが市に虚偽の請求をしたところで個人のポケットに入れられるわけがありません。
    実は会社と裏で話しができていて面倒を見てくれることを条件に罪を被ったのならいいですが、会社にいいように使われて捨てられたのなら気の毒でなりません。
    家族を置いて単身赴任で東北で頑張っていた山下さんが不憫でなりません。
    結局詐取した分のお金の行き先はどこなのでしょうか。
    会社に入っているものと思われますがそれを個人の詐欺で済ませてしまうのは会社側にも検察側にも納得がいきません。

コメントを残す

*