青柳真珠は父母の教えを守るイケメン高身長投手!松商学園の直江大輔とダブルエース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の長野代表は、松商学園。

松商学園の自慢は、青柳真珠と直江大輔の長身ダブルエース。

ともに140キロを超える速球が武器。

今回は青柳真珠投手を調べてみました。

コチラの記事も読まれています。
直江大輔の父も甲子園出場!高身長イケメン投手は松商学園青柳真珠とダブルエース

松商学園は機動力が特徴!選手別(地方大会)の盗塁犠打は?初戦(土浦日大)快勝!

スポンサーリンク

青柳真珠投手のプロフィール

  • 名前:青柳真珠(あおやぎ・ましゅう)
  • 出身地:長野県塩尻市
  • 身長:184センチ
  • 体重:84キロ
  • シニア:鉢盛シニア
  • 中学:塩尻市立丘中学校
  • 高校:松商学園高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打

青柳真珠投手の実績

松商学園では、1年夏からベンチ入り。

1年秋の県大会では、2試合に先発し、15回0/3で15四死球を与え、制球に課題を残しました。

翌2年春の予選で主戦投手となりますが、14回2/3を20四死球と1年秋から引き続き制球に課題。

同年夏の県予選では、背番号11の控えとベンチ入り。

同年秋の県大会から再びエースとなりベスト8に貢献。

今年の夏の県予選の成績は、5試合・31回2/3を22安打・42奪三振・8四死球・7失点。

球速を抑えた制球重視の投球となり、四死球が減っていますね。

※追記:夏の甲子園1回戦・土浦日大戦は、9回を・129球・6安打・11奪三振・3四球・3失点・1自責点で完投勝利。
※追々伸:夏の甲子園2回戦・盛岡大付戦は、先発6回1/3を107球・8安打・6奪三振・2四球・4失点・4自責点で敗退。

投手としての特徴

上体を傾けて重心を下げ、テイクバックを大きくとるのが特徴の長身右腕。

最速は、144キロ。

力のあるストレートと落差の大きい縦のスライダー、曲がりの小さいスライダーが武器。

父母の教えと名前の由来

父母の教えは、『思わなければ叶わない』。

青柳投手の夢は、一流のプロ野球選手になりお金を稼いで、貧困で苦しむ人たちを助けること。

小、中学生の頃から、芸能人が発展途上国に学校を建てるテレビ番組を熱心に見ていたそうです。

お母さんには「テレビで見たように、学校や病院を建てたいな…」と話しているそうです。

思ってれば叶うので、ぜひがんばってもらいたいですね。

おわりに

青柳投手は、高校卒業後の進路の第一志望をプロとしています。

夢のため、甲子園で猛アピールしてもらいたいですね。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*