もやし安い理由は?なぜ値上げしない?買い(相場)の値段は?大西商事破産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もやし安すぎ問題で、卸売業者が破産です。

13日、関西地区のもやし原料豆などの卸売業者・大西商事が、破産手続きをしました。

このままでは、もやしが食べられなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

豆原料は高騰

信用調査会社の東京商工リサーチは2017年9月26日、大西商事が13日までに破産手続きを同市内の弁護士(発表文では実名)へ一任した、と公表した。公表文の見出しは「もやし原料豆が高騰で破産へ」。負債額は約3億円。もやし原料豆などの原料価格が高値で推移する一方、販売価格への転嫁ができず、採算性は低調に推移していた、としている。得意先の経営破たんに伴う焦げ付きの発生、という要因も指摘している。

もやし生産の現状については、もやし生産者協会(東京・足立区)が3月9日、「もやし生産者の窮状について」と題した文書を関係者に送り、それが一部マスコミに報じられ注目を集めた。同協会は3月15日、関連する文書を協会サイトでも公開。J-CASTニュースも「もやし業界『窮状』訴えに驚きの声~(3月18日)の記事を配信した。

同協会が公表したデータによると、2005年に比べて、原料豆は約3倍に、人件費(最低賃金)は約20%上昇したが、もやし小売価格は約10%安くなっている。同協会は3月当時、「(もやし生産者は)体力を消耗しきっております」「2009年には全国で230社以上あった生産者は、現時点では130社を切っています。さらにこの状況を前に、廃業やむなしと判断する生産者情報も少なくありません」などとしていた。

引用元 J-CAST

大西商事は、設立昭和46年7月、資本金1000万円のもやし原料豆等の卸売会社。

兵庫県下を中心に近隣の中・四国、中部地方などに営業基盤を構築しました。

ピークとなる平成3年(1991年)6月期には売上高6億9124万円を計上。

しかし、近年の年間売上高は3億円台で推移でした。

そのため、事業規模は縮小。

今年4月には事業停止。

グループ会社の阪神エンジニアリングとともに破産となりました。

負債額は、大西商事約3億円、阪神エンジニアリングが約3000万円、2社合計約3億3000万円でした。

破産の原因は、もやし原料豆などの原料価格が高騰しているのも関わらず、販売価格が安かったため。

実際、2005年に比べて、原料豆は約3倍に、人件費(最低賃金)は約20%上昇したが、もやし小売価格は約10%安くなっています。

こんな反比例の現状では、どこの生産者も持ちません。

廃業を選択する生産者も増えますよね。

実際、2009年には全国で230社以上あった生産者は、現時点では130社を切っています。

もやしはなぜ安い

もやしの販売価格は40年ほど、変わっていません。

生産者側も努力をしており、コスト削減をはかってきました。

しかし、生産者や関連企業で作る工業組合もやし生産者協会は「これ以上の経費削減への努力はすでに限界を超え、健全な経営ができていない状況」と訴えています。

では、なぜ、もやしは値上げをしないのでしょう。

野菜は通常、収穫の時期や採れた量によって価格相場が決まります。

しかし、工場野菜であるもやしは、天候に左右されないので、1年を通して安定した供給ができます。

そのため、他の野菜のような相場はありません。

小売業者への納品価格は、生産者と業者の直接交渉で決定しているそうです。

となると、生産者は、業者から取引中止を言われたくないので、業者の希望額、あるいは競争に負けない金額まで値下げして売らざるを得ません。

小売業も、年中価格が変わらないもやしを、値上げしにくい背景もあると思います。

また、もやしは、目玉商品として「客寄せ」によく使われます。

通常の小売は、仕入額に利益を上乗せした価格で物を販売します。

しかし、「客寄せ」は、仕入額と同じか、その額より安く販売します。

1袋が、元々数十円なのが、15円であったり、10円。

大特価で、1円ということもあります。

「客寄せ」で赤字でも、客を呼び込んでしまえば、他の商品で補填ができるという考えです。

とはいっても、極力仕入値は、安くしたいのが、小売業者にはあります。

そのしわ寄せが、もやし生産業者にきているのが現状です。

スポンサーリンク

いくらなら買う?

もやし生産者協会は、今年3月15日、サイト上に「もやし生産者の窮状について」という文書を掲載しました。

http://www.moyashi.or.jp/whats/kyujo.html

これによると、

現在のもやしの販売価格は約40年前(1977年平均価格「総務省家計調査」より)の価格よりも安く、一方、原料種子や人件費などの生産コストは高騰し続けています。さらに過去最悪となるこのたびの原料種子高騰は収穫期に降雨があったために品質が悪化し、日本のもやしに適した高品質な原料種子の収穫量が激減したことによります。原料種子の品質はもやし生産に大きな影響を与え、育成不良による歩留の悪化がより一層経営を圧迫する状況です。

この掲載により、スーパーのバイヤーや社長から「値上げしてもいいんじゃないか?」との声もでてきました。

ですが、現状はあまり変わっていないようです。

総務省の7月の家計調査でのもやしの平均小売価格は、100グラム当たり15.25円。

サイトに文書を掲載した3月時点の15.70円より下がってしまっています。

なぜか、生産者にとって、厳しい方向にいっています。

また、生産者の納入価格と販売価格を調査しないと、本当の実態は見えてきません。

ですが、生産者と業者の直接交渉をしているため、生産者は価格を明かすのを拒んでいます。

消費者の意見では、「50円くらいでも買う」「高くするのは賛成」といった声も聞かれます。

ですが、いざとなると、安く売っている店で買ってしまうのが人の心理です。

農協などで、取りまとめてもらうしかないのでしょうか。

ちなみに、もやし生産者協会は、「1袋40円」程度で売ってくれれば、と小売業者への希望を語っています。

この金額は、1993年の水準の100グラム当たり約20.24円と、ほぼ同額です。

おわりに

このままでは、もやし生産者がさらに減ってしまい、食卓から、もやしがなくなってしまうかもしれません。

取りまとめる団体なり、政府なりが、必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*