スポーツ

鍛治舎巧県岐阜商監督就任決定はいつ?秀岳館退任理由はこのため?

今夏まで秀岳館(熊本)の監督を務めた鍛治舎巧(かじしゃ・たくみ)氏(66)が、母校の県岐阜商監督に就任することが24日、分かりました。

県岐阜商監督に就任

スポーツ報知の報道です。

 今夏まで秀岳館(熊本)の監督を務めた鍛治舎巧氏(66)が、母校の県岐阜商監督に就任することが24日、分かった。複数の関係者が明らかにした。来年2月1日付で就任する見通しで、第100回を迎える来夏の甲子園記念大会出場を目指すことになる。

 同氏は、14年4月から秀岳館の監督に就任。九鬼隆平(現ソフトバンク)を育て、今春まで3季連続4強と手腕を発揮し、今夏甲子園開会式直前に退任を表明。だが、2回戦での敗退後には「秀岳館での監督生活は終わりますけれど、引退は決まっていません」と近い将来での現場復帰を示唆していた。

 県岐阜商は春夏各28度、史上3位の通算56度の甲子園出場。春3度、夏1度の全国制覇も達成し、高木守道(元中日監督)ら多くのプロ野球選手を輩出してきた名門。13、15年センバツでは共に8強入りしたが、夏は12年が最後。今夏は、岐阜大会3回戦でコールド負けを喫し、元監督の鍵谷英一郎部長を昇格させたばかりだった。

 鍛治舎氏は周辺に「最後は母校のために命を燃やしたい。最近は成績を残せていないし、何とかしたいという思いは強く持っている」などと話し、母校再建に強い意欲を見せているという。

 ◆近年の岐阜代表校 東邦(愛知)を率いた阪口慶三監督が、05年に大垣日大監督に就任。甲子園初出場した07年センバツで準V、夏も8強入り。68校が参加した今夏の岐阜大会も制するなど春夏7度の甲子園出場。今センバツでは多治見が21世紀枠で出場も、報徳学園(兵庫)に0―21で大敗。ほかに中京(現中京学院大中京)、岐阜城北、関商工、土岐商などが甲子園出場を経験している。

 ◆鍛治舎 巧(かじしゃ・たくみ)1951年5月2日、岐阜県生まれ。66歳。県岐阜商のエースとして69年センバツ8強。早大から松下電器で外野手、監督。75年阪神ドラフト2位指名を拒否。パナソニック専務を務めながら、オール枚方ボーイズ監督として、13度の日本一。NHKの高校野球中継で長年、解説者を務めた。14年4月から今夏まで秀岳館(熊本)の監督。

引用元 スポーツ報知

最後は母校でということのようです。

県岐商としては、古豪復活の切り札だったのしょう。

スポンサーリンク

秀岳館を辞めたのはこのため?

鍛治舎氏は、今年8月6日、秀岳館高校の監督退任を発表し、夏の甲子園の2回戦で、準優勝の広陵高校に敗れ、ユニホームを脱ぎました。

そのとき、「(秀岳館監督を)辞めるのは決まっているが、(進路は)何も決まっていない」と白紙を強調していました。

鍛治舎巧の悪評判やサイン盗みとは?今後の進路と秀岳館監督退任理由は?

そして、県岐商の監督就任。

普通に考えれば、秀岳館退任時、県岐商への路線は決まっていたと思われます。

2017年2月、運営見直しの一環で学校側が監督交代を模索していることが表面化し、県岐商が監督打診をしていたかもしれません。

現在の体調は?

気になるのが、鍛治舎氏の体調。

今年の夏の県大会・準々決勝の7月20日、激しい動悸、胸やけを覚え、翌日21日、練習中に口が曲がる、右肩がしびれるなどの症状も出たため救急搬送されて入院しています。

診断結果は、突発性不整脈、軽度の脳梗塞でした。

年齢も66歳ということもあり、心配なところです。

おわりに

鍛治舎氏の県岐商監督就任に伴い、有能な選手が集まるでしょう。

この時期に情報が漏れたのは、来年4月にでも、有能な選手を引き抜くためでしょうか。

何れにせよ、名監督復活は喜ばしいことです。

ユリエスキグリエル顔画像や経歴成績は?過去の問題は?ダルビッシュに人種差別的行為

27日に行われた米大リーグのワールドシリーズ第3戦で、アストロズのユリエスキ・グリエル内野手(33)がドジャースのダルビッシュ有投手に対して、日本人などへの侮辱とも受け取れるジェスチャーをしたとして問題になりました。

複数の米メディアは、大リーグ機構がグリエルに事情聴取をする見込みだと伝えています。

続きを読む

清宮幸太郎父親克幸の教育育成方法(育て方)や指導力は?早稲田監督実績に見る

早稲田実業高校・清宮幸太郎選手の父親、克幸さんは、現在、ラグビー・ヤマハ発動機ジュビロの監督。

ラグビーでは、選手時代はもちろん、監督としても実績をあげています。

長男・幸太郎選手の選手としての才能、振る舞いをみていると「この親にしてこの子あり」と思わせます。

では、克幸さんは、どのような人物なのでしょうか。

続きを読む

白井健三と村上茉愛の破局の原因理由真相と時期はいつ?復縁可能性は?

今年10月、カナダ・モントリオールで行われた世界体操選手権。

白井健三選手(21)は、総合で銅メダル、種目別のゆかを連覇、更に跳馬でも金メダルを獲得しました。

一方、女子は村上茉愛(まい)選手(21)は、総合では惜しくも平均台で落下したため4位、種目別のゆかでは金メダルを獲得。

世界体操での金は、日本人女子としては63年ぶり、ゆかは初の快挙でした。

2人の交際は、以前から知られていましたが、どうも別れてしまっているようです。

続きを読む