福岡県北九州市のCRE院内感染はどこ(場所住所)?症状は?八幡西区の病院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10日、北九州市の病院で、80~90代の入院患者の男女4人が、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)に感染し、このうち3人が死亡したことが明らかになりました。

院内感染の疑いがあるようです。

また、CREは、ほとんどの抗生物質が効かないそうです。

一体、どこの病院なのでしょうか?

スポンサーリンク

どのような事故か?

産経新聞の記事です。

 北九州市の東筑病院は10日、80~90代の入院患者の男女4人が、多くの抗生物質が効かないカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)に感染し、このうち3人が死亡したと明らかにした。

 病院によると、4人は平成28年10月以降に感染が確認され、今年7月に3人が肺炎で相次ぎ死亡した。残りの1人の容体は安定しているという。死亡した3人のうち80代の男性2人は同病院での院内感染の疑いがあるとしている。

 病院からの届け出を受け、北九州市保健所は4日に病院を立ち入り検査した。同病院は約190人が入院しており、市は「感染拡大防止を指導する」としている。

 CREの感染は全国で相次いで報告されており、今年に入っても7月30日時点で867件の届け出がある。人の手や手すりなどを介して感染し、健康な人には影響がないが、抗生物質を服用している人は注意が必要だという。

引用元 産経WEST

院内感染は深刻ですね。

病院は、感染者を個室に移すなど感染防止に努めているそうです。

また、恐ろしいのが、CREは、ほとんどの抗生物質が効かないこと。

しかし、他の90代男女の入院患者2人もCREに感染したのですが、感染症が現れず抗生物質が効いたようです。

効く抗生物質が全くないということではないんですね。

ただ、人によっては、この効いたとされる抗生物質が効かないかもしれませんが。

また、CREは、人の手や手すりなどを接触感染するようです。

健康な人には影響がないが、抗生物質を服用している人は注意が必要とのこと。

疲れがあったりすると、感染することもあるということでしょうか?

CREの感染者は、去年全国で1570人、今年は7月30日現在で867人なんだそうです。

CREの症状は?

CREの症状について調べてみました。

肺炎などの呼吸器感染症、尿路感染症、手術部位や外傷部位の感染症、カテーテル関連血流感染症、敗血症、髄膜炎など、菌の種類、感染箇所により多様な感染症を起こします。

無症状で腸管等に保菌されることも多くあります。

引用元 東京都感染症情報センター

症状もわかりにくいので、これまた厄介ですね。

病院はどこ?

CREが院内感染した病院は、北九州市八幡西区の特定医療法人東筑会・東筑病院(199床)です。

おわりに

これだけ医療が発達しても、抗生物質がほとんど効かない感染症は、まだまだ存在するようです。

感染しないように気をつけようがありませんが、少しでも不調を感じたら、病院に早く行くことが懸命のようですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*