C・ロナウド・ジュニアは代理母出産?生まれた双子の母親は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月8日に、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手(32)が、双子の父親になりました。

双子は、男の子と女の子で、代理母出産。

母親は、アメリカ人で、名前は明かされていません。

クリスティアーノ・ロナウド選手には、7歳の息子クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君がいます。

ところで、クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君の母親は誰なのか、気になりますよね。

スポンサーリンク

クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君出生の謎

クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君の母親は、母親のプライベートを尊重して公表されていません。

ですが、3つの説があります。

「代理母」説

クリスティアーノ・ロナウド選手が、2009年オフに、アメリカ・サンディエゴで、代理母契約を結んだという説。

クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君は、2010年6月17日生まれ。

計算は合います。

また、女性には、守秘義務と面会権の放棄のため、クリスティアーノ・ロナウド選手は1200万ユーロを支払ったとされています。

リスティアーノ・ロナウド選手は、「誰とも結婚する気はないけど、子供はほしい」とでも思ったのでしょうか。

今回生まれた双子も、代理母出産。

この説は、あり得るかもしれません。

「一夜限りの母」説

「一夜だけの関係を結んだ、貧しいアメリカ人ウェイトレス」という説です。

クリスティアーノ・ロナウド選手が休暇でアメリカ・ロサンゼルスに遊びに行ったとき、たまたま入ったレストランのウェイトレスがこの女性。

クリスティアーノ・ロナウド選手は、曇りガラスにハートをかいて、「Me,you,kiss」とアプローチしたとか。

で、その夜、結ばれたみたいです。

他に、一夜限りのイギリス人大学生という説もあります。

こんなスーパースターでも、普通にナンパするんですね。

セキュリティは、どうなんでしょ?

「いとこの子供」説

クリスティアーノ・ロナウド選手には、2010年3月に交通事故で亡くなった母方のいとこ(享年32)がいるそうです。

そのいとことアメリカ人女性との間にできた子供が、クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君という説。

クリスティアーノ・ロナウド選手は、いとこと仲が良かったため、引き取ったとされています。

姉カティアさんが語るには

2011年1月、クリスティアーノ・ロナウド選手の姉カティアさんは、ポルトガルのメディアで、母親は死んでいるとし、このように語っています。

「その子は我が家の血が流れている私たちのベビー。母のドロレスが24時間ベビーを見ている以上、赤ちゃんのママはうちの母です。他には存在しません」

「とにかく、母親は死んでいる」と強調していたようです。

んー、謎は深まるばかりですね。

クリスティアーノ・ロナウド選手はイクメン

クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君の出生は謎のままですが、クリスティアーノ・ロナウド選手のイクメンぶりは、メディアでも度々取り上げられ、自身のインスタにも仲睦まじい写真を投稿しています。

クリスティアーノ・ロナウド選手は、自身の親子の価値観をこのように語っています。

「僕にとってそれ(母親がいないこと)は問題じゃないんだ。世界には母親がいない子供もたくさんいるし、父親がいない子供や、父親や母親が死んでしまった子供もいる。」
「僕の息子には父親がいる。信じられないほど素晴らしい父親や祖母がいるんだ。僕の家族のサポートもあるしね。」

また、クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君に、母親のことを明かすかについて、このように語っています。

「息子が成長したとき、彼には真実を言うつもりだよ。彼にはその権利があるからね。」
「僕が正しい時期だと思ったときに伝えるつもりだよ。それが、10歳なのか11歳、12歳なのかはああわからないな。」

クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君が、幸せであれば、それでいいのではないかと思います。

さらに双子の家族が増えたクリスティアーノ・ロナウド選手。

ますますの活躍が期待されます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*