無断設置横断歩道の場所はどこ?警官(巡査部長)は誰(名前)?兵庫相生市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県相生市と上郡町の計9カ所に横断歩道や道路標識を許可なく設置したなどとして兵庫県警は8日、県警相生署交通課の男性巡査部長(56)を書類送検しました。

巡査部長は、同日付で停職1カ月の懲戒処分となり、依願退職しました。

スポンサーリンク

どのような事件か?

毎日新聞の記事です。

 兵庫県相生市と上郡町の計9カ所に横断歩道や道路標識を許可なく設置したなどとして兵庫県警は8日、県警相生署交通課の男性巡査部長(56)を虚偽公文書作成・同行使や道交法違反(道路における禁止行為)などの疑いで書類送検した。巡査部長は容疑を認め「手続きが面倒だった」と供述。同日付で停職1カ月の懲戒処分となり、依願退職した。

 容疑は2015年7月~今年4月、住民の要望があったり、拡幅工事で設置が必要になったりした横断歩道や道路標識などについて、県公安委員会の決定を受けたように装った虚偽文書を作成。業者に工事を発注し、設置させたなどとしている。

 県警監察官室によると、工事費のうち県警負担分の計約170万円は未払いで、今年6月に県警本部の担当者が同署に問い合わせて発覚した。工事は適正価格で行われており、県公安委が追認する形で利用を続ける。

 同室の倉野喜朗室長は「あるまじき行為であり、厳正に処分した。再発防止に努める」とコメントした。

引用元 毎日新聞

正式な手続きを経ずに作られたのは相生市と上郡町の横断歩道6か所、はみ出し禁止のセンターライン2か所、一時停止線1か所の計9か所とのことです。

巡査部長は「前任が定年退職した後、1人だけで手続きを本部に上げるのが不安で放置してしまった」と供述しています。

通常、横断歩道などは各警察署で地元住民らからの相談、要望を受け付け、道交法に基づき、都道府県の公安委員会が歩行者数や交通量から設置の可否を判断するそうです。

しかし、稟議が通っていないのに、発注する勇気がスゴいですね。

発注書は、稟議に関係なく出せたのでしょうか?

それとも、発注書なしで工事をしたのでしょうか?

巡査部長は住民の要望に応え、工事は適正価格で行われており、悪気はなかったようです。

一概に、巡査部長が悪い人とも思えず、何とも複雑な気持ちですね。

ただ、工事費が未払いだったのはいただけません。

稟議が通っていないので、お金の出処がないから仕方ないのでしょうが。

ですが、無事に払われるとのことなので良かったです。

なお、巡査部長の顔や名前は公表されていません。

無断設置した横断歩道などの場所は?

無断設置した横断歩道などの場所は、兵庫県相生市と上郡町です。

おわりに

面倒だったとはいえ、勝手に横断歩道などを作ってしまった巡査部長。

工事費は、税金ですから、やっぱりきちんとして手順でやってほしかったですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*