伊達勝身岩泉町長顔画像経歴は?岩手日報女性記者とホテル名前場所は?わいせつ行為刑事告訴?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手日報社は6日、同社女性記者が岩手県岩泉町の伊達勝身(だて・かつみ)町長(74)からわいせつ行為を受けたことを明らかにしました。

伊達町長は、周辺には「ハグしたが、キスはしていない」と話しているようです。

スポンサーリンク

何があったのか?

毎日新聞の報道です。

 岩手日報社(盛岡市)は6日、同社女性記者が岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつ行為を受けたことを明らかにした。

 同社によると、伊達町長は今年10月中旬の早朝、町内に宿泊していた女性記者の部屋を何度もノックした。記者がドアを開けると、部屋に入り無理やり抱きつき、複数回キスをした。記者はその後精神的ショックで休職状態にあり、刑事告訴も検討している。同社の抗議に対し伊達町長は、抱きつき行為は認めたがわいせつ目的を否定し、幻覚や幻聴があったなどと説明しているという。

 伊達町長は6日午前に開会した12月町議会本会議の冒頭で「トラブルを起こして申し訳ない。町民に深くおわびする」と謝罪したが、報道陣の取材には応じなかった。同日午後に記者会見を開くとしている。周辺には「ハグしたが、キスはしていない」と話しているという。

 岩泉町は昨年8月の台風10号豪雨で、高齢者グループホームの入居者9人が亡くなるなど関連死2人を含む23人が死亡し、最大の被災地となった。伊達町長は10月下旬から、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を理由に盛岡市内の病院に入院し療養していたが、5日から公務に復帰。周辺には「台風10号豪雨災害の対応で心労が重なっていた」と説明していた。

 伊達町長は1999年に初当選し、現在5期目。

引用元 毎日新聞

岩手日報社の女性記者は、今年10月中旬、取材で岩泉町のホテルに宿泊していたそうです。

その部屋に、伊達町長が訪れ、何度もノックしたとのこと。

そして、記者がドアを開けると、部屋に無理やり入り、抱きつき複数キスをします。

伊達町長は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の幻覚や幻聴のせいにし、「(昨夏の)台風10号の(影響で)幻覚幻聴があり、助けてくれという声が聞こえたので部屋に行ってハグした」と抱きつきは認めています。

ですが、「ハグしたが、キスはしていない」と一部否定。

仮に幻覚や幻聴があったとしたら、「キスをしていない」ことをはっきりと覚えているのでしょうか。

また、そもそも、なぜ、伊達町長は、記者の部屋を知っていたのでしょうか。

記者は、精神的ショックで休職状態にあり、刑事告訴も検討しているそうです。

伊達町長は、記者の気持ちを理解しているのでしょうか。

6日午前、町議会に出席した伊達町長は、「すみませんでした。最悪の状況でトラブルを起こしてしまった。記事は一部容認しがたい部分もありますけれども、あらためて議員の皆さま方に、町民の皆さんに、心からのおわびを申し上げたいと思います」と述べました。

また、取材陣に、「事実ではないことも報道されている。今後、事実確認を慎重に進めたうえで辞職も視野に対応を検討していく」と話しています。

スポンサーリンク

伊達町長とは?

現岩泉町の有芸(うげい)村出身の74歳。

早稲田大学卒業後、岩手県の田野畑村役場に勤めます。

1999年12月26日に、岩泉町長初当選。

2015年11月29日、5期目の当選を果たし、任期は2019年11月まで。

昨年8月の台風10号豪雨で甚大な被害直後から心労による体調不良が続いており、今年10月25日、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されました。

同月28日、盛岡市内の病院に入院。

12月4日に退院し、5日から公務に復帰しました。

また、伊達町長は、岩泉乳業株式会社の会長も務めています。

岩泉町が株主ということがあるので、会長なのでしょうか。

町長を辞任したら、会長も辞任なのでしょうか。

  • 商号:岩泉乳業株式会社
  • 設立:2004年8月9日(操業2006年1月3日)
  • 資本金:3億8千万円
  • 代表取締役会長:伊達勝身
  • 代表取締役社長:山下欽也
  • 株主:岩泉管内酪農家・乳製品販売業者・岩泉町
  • 本社工場:岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字和乙茂8-1
  • 第二工場:岩手県下閉伊郡岩泉町乙茂字大向23-2
  • TEL:0194-22-3800
  • FAX:0194-22-3900
  • 事業内容:牛乳・乳製品の製造販売・全農受託業務

昨年の台風10号では?

昨年8月29日から30日にかけて、猛威を振るった台風10号。

アジア名ライオンロックと命名されています。

岩泉町では、1時間雨量70.5ミリ、3時間雨量138.0ミリと、統計開始以来の極値を更新したものでした。

岩泉町の高齢者グループホームの近くを流れる小本川が氾濫し、施設内に水が流れ込んだため、入居者の男女9人が亡くなっています。

また、岩手県内では、関連死2人を含む23人が亡くなりました。

このとき問題になったのは、後手に回った町の対応。

台風10号が岩手沿岸に接近した昨年8月30日、町は朝のうちに避難準備情報を出しました。

しかし、全域の避難勧告や指示の発令は見送っています。

伊達町長自ら氾濫前の小本川の水位を見て回り「大丈夫だ」と判断。
 
ですが、夕方には豪雨と急激な川の増水。

役場には住民からの電話が殺到し、対策本部は麻痺。

小本川の水位が避難勧告発令基準の2.5メートルを超えたという情報は町長に伝わりませんでした。

伊達町長は「残念ながら油断していた。避難指示を出していれば助かったかもしれない。申し訳ない」と話しています。
 
岩手大地域防災研究センターの越野修三客員教授(危機管理学)は、このように述べています。

「町の危機管理に組織的な欠陥があったことは明らか。検証と反省がなければ同じ過ちを繰り返す」
 
防災体制の検証作業は県が先行しました。

昨年10月に県防災会議に分科会を設け、被災自治体の災害対応の問題点を分析。

自治体の避難情報発令を助言する専門家チームの設置や関係機関の対応を時系列で整理するタイムライン(事前防災計画)の導入を決めました。

このようなことがあり、伊達町長は、かなり追い込まれた状況ではありました。

スポンサーリンク

元復興政務官の自民党・務台俊介衆議院議員

台風10号の豪雨被害のため、昨年9月10日、岩泉町を復興政務官として訪れた際、長靴を履いておらず職員に背負われて水たまりを渡っていたことで有名になった務台議員。

その半年後の今年3月8日に開催された政治資金パーティーで、「『長靴事件』があったものですから、その後、政府の方で、各省で政府が持つ長靴がえらい整備されたと聞いている。たぶん、長靴業界はこれでだいぶもうかったのではないか。きょうは、パーティーには長靴業界の人は呼んでいません」と発言し、政務官を辞しました。

そんな務台議員の今年10月の衆院選挙。

公示日の10月14日、長野県・松本駅前での第一声で、伊達町長が応援演説をしています。

こちらが全文です。

 私は岩手の岩泉町から参りました。昨年の8月の30日に台風10号で非常に大きな災害が起きました。その際には、本当に務台先生には内閣府の政務官として様々な形でご支援をいただきました。

 実は一つの国に対しての要望等と言いましても、様々な制度に関わっておりまして、何をどこに行っていいかというのはなかなか難しいわけであります。その際に務台先生は、本当にいち早く現地に駆けつけていただきまして、あれこれ細かい指示、指令と対策をつくっていただきました。その後におきましても、「この事業はあそこに行け。ここの課のだれそれに行け」、そういった具体的なところまで、私どもは支援をいただいたわけであります。

 岩泉町だけではなくて、北の方は久慈市、南は宮古市、3つが大きな被害を受けたわけでありますが、3つとも本当にお世話になったわけであります。

 今回、この選挙にあたって、なかなか世間では厳しい風が吹いているということでありましたが、私どもの地元の方では、なぜそういうこと(長靴を忘れ秘書官が背負ったこと)が話題になるんだろう、そういう思いでいっぱいであります。

 災害は実は起きてからどうするかというのが非常に大事ことであります。そういったことについて、これからもしっかりと先生のご指導をいただきたいなと思います。

 務台先生は、長野だけじゃなくて、私は、災害対策においてはまさに日本の宝だと思ってます。どうぞ、世間のお話し、そういったことに惑わされることなく、しっかりとみなさま方のご支持をお願いしたいということで、実は昨夜遅く岩手から参った次第でございます。

 どうぞみなさん、ご理解のうえ、よろしくお願いしたいと思います。それではがんばってください。よろしくお願いします。

この演説を見てみると、幻覚や幻聴があるようには感じられません。

幻覚や幻聴は、24時間あるわけではありませんので、このような立派な演説できるのでしょう。

おわりに

幻覚や幻聴があったにも関わらず、ハグをしていたときの状況を覚えていることが、腑に落ちません。

女性記者の今後が心配です。

もう1人で、ホテルに泊まれないかもしれません。

そればかりか、電車さえも何かを想像してしまうかもしれません。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*