辻村秀一郎顔画像住所と彼女名前は?杉田会計阿部は誰で被害総額は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警視庁渋谷署は27日までにタレント・デヴィ夫人事務所の元経理担当・辻村秀一郎容疑者(60)を業務上横領の疑いで逮捕しました。

辻村容疑者は取り調べに対し、「詳細は覚えていません」と容疑を否認しています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

デイリースポーツの報道です。

 警視庁渋谷署は27日までにタレント・デヴィ夫人事務所の元経理担当・辻村秀一郎容疑者を業務上横領の疑いで逮捕した。辻村容疑者は11年2月に事務所に派遣され、経理を担当したが、不審に思ったデヴィ夫人が他の会計事務所に調査を依頼し、16年9月に不正が発覚した。これを受け、デヴィ夫人が27日、都内で取材に応じた。

 デヴィ夫人は元経理担当の逮捕に「やっとという思い。あ然とした」と驚きを隠さず。マスコミに向けて配布した文書には辻村容疑者が横領した金額は証拠をつかめないものも含めて2億円以上と記しているが、横領したお金の使い道については「女性」だったと説明。「彼女の所に(お金が)いっている。彼女も共犯ということで責められていいのかなと思う」とも語った。

 辻村容疑者については「罪を償って頂きたい」と呼びかけ、2億円という金額には「お家が一軒買えたと思うと残念」と嘆いていた。

引用元 デイリースポーツ

辻村容疑者は、2011年2月、税理士法人「杉田会計アソシエイツ」より、デヴィ夫人が代表を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」に派遣され、経理を担当していました。

ですが、不審に思ったデヴィ夫人が他の会計事務所に調査を依頼し、去年9月に不正が発覚。

今回の立件は、去年3月、事務所名義の預金口座から不正に60万円を引き出して着服した疑い。

辻村容疑者が勤務していた約5年間、週3日の勤務で、使い道のわからない金の引き出しが約300回、計1億7000万円ほどあるということです。

週に3回ATM、銀行から40~60万を引き出すというやり口。

それに対し、辻村容疑者は、「詳細は覚えていません」と容疑を否認しています。

デヴィ夫人は、「やっと逮捕にこぎつけたかっていう。もう1年、待ちに待ちましたので」「すごい実直な人で、そんな大それたことをするような人には全く思えなくて」と話しています。

辻村容疑者は、今回、デヴィ夫人事務所で、横領が発覚しましたが、他の案件ではどうなのでしょう。

年齢は60。

これまで、経理畑でやってきたと思います。

他の会社でも、被害があるような気がしてなりません。

お金は、1人に任せるだけでなく、チェック機能を作らないと、こうなってしまいます。

密室では、人間、欲が出てしまいますから。

スポンサーリンク

辻村容疑者とは?彼女は誰?

こちらが、辻村容疑者です。

辻村容疑者は、直近では、2008年から健康コーポレーション株式会社の経理財務部長をしていたようです。

現在は、RIZAPグループ株式会社の完全子会社です。

このような、実績が、辻村容疑者を信用させたのかもしれません。

辻村容疑者について、デヴィ夫人は「実直な人でそんな大それたことをする人にはまったく思えなくて。菜食主義で遊びに行くこともないような人。横領する人たちはギャンブルか女性。まったく関係ない人で、すごい体が弱いという感じで本人もいっていた。お水を清めてもらうとか宗教じみたところがある人で、頭から疑いもしませんでした」と話しています。

これは、辻村容疑者の演技だったのか。

また、住所は、東京都新宿区新宿5丁目です。

歌舞伎町に隣接している地域です。

デヴィ夫人は、横領したお金の使い道について「警察が調べた結果わかったことはお金の使い道としては女性だった。ア然としましたね。その気が全くない人だったので」だったと説明しています。

「彼女の所にいっていると思います。一介の会計士から多額のお金を受け取っていたとしたら、彼女も共犯ということで、彼女も責められていいのかなと思います」とも語っています。

住まいが、歌舞伎町に近いので、そのあたりの女性なのか。

彼女が関与しているとしたら、民事で訴えられる可能性はあると思います。

また、辻村容疑者に、妻子がいたのかも気になります。

スポンサーリンク

杉田会計の阿部は誰で被害総額は?

デヴィ夫人が、今回の横領事件について、書面を出しています。

 マスコミ各位

 この度の横領事件につきまして、ご報告を申し上げます。

 監査法人三優会計社の総括代表であり、世界第5位のBDOインターナショナル会計事務所と提携しているCMC税理士法人、杉田会計アソシエイツの代表、杉田純氏より派遣されてきた辻村秀一郎を信用しており、彼は週に3回、弊社の会計を受け持つため勤務しておりました。また同じくCMC税理士法人、杉田会計アソシエイツより辻村の監督をする意味で、税理士・阿部俊郎氏も、月に2回弊社に来ておりました。しかしながら、5年半に渡り、170562900円にも及ぶ横領が判明しておりませんでした。

 故に私が心から信頼、信用していた杉田会計から派遣された阿倍(原文のまま)氏にも監督責任があると思います。

 他に、証拠をもって判明できない現金の取り扱いが、35563700円、毎年の納税の時期になると、辻村より「お金が足りない」と言われ、銀行からの借入金が、計62000000円(利息別として)、被害が生じております。被害総額は、計268126600円にも及びます。

 2011年2月から2016年9月までの間、辻村による横領が続けられており、そんな彼を不審に思った私どもが、2016年2月より会計事務所を、税理士法人 望月会計事務所に代え、調べてもらいましたが、彼らでさえ7カ月間判明せず、ようやく9月に偶然の事故により判明致しました。

 辻村は、このような大それたことをする人とは思えず、結果的に大変な知能犯ということがわかりました。

 このような事件が起きたことを、大変遺憾に思います。

    デヴィ・スカルノ(署名)

横領は約1億7000万円ですが、デヴィ夫人曰く、被害総額は約2億7000万円とのこと。

借入までさせるとは、かなり悪質です。

借入の原因としていた納税について、デヴィ夫人は「納税の時期になると金がないというんですよ。ないといわれればないのかなと。4年目にもそうであって、これはおかしいと会計事務所にお願いした。ないと言われれば、買い物しすぎたかしらと思いました。それにしても買い物した合計を調べて、そんなはずないわよと思った。ただ会計のことは素人はわからないのでね」と話しています。

これについて、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」で、木村太郎さんは「気が付くべきだと思う。タレントさんという方々は『銭に細かいことは言わねぇ』っていうのがひとつの美徳みたいに思ってるでしょ。でも、月々とか少なくとも半期くらい、ちゃんと帳面を見た方がいいですよ。それは普通の人は当たり前にやってるんですけど、みなさんは鷹揚(おうよう)すぎると思う」とあきれていました。

木村さんの言うことは正論です。

ですが、数字に興味がない、弱いという人は、『美徳』というより、できないのが実情。

『普通の人は当たり前』というのは、言いすぎと思います。

また、気になるのは、杉田会計から派遣された阿部氏の存在。

監督責任とあります。

これだけみると、阿部氏がチェックしていたようです。

共犯ということはないのか、名ばかりでチェックはしていなかったのか。

この事件は、根が深いかもしれません。

  • 事務所名:税理士法人・杉田会計アソシエイツ
  • 代表:杉田純
  • 取得資格:税理士・公認会計士
  • 住所:
    東京都新宿区西新宿1丁目25番1号
    新宿センタービル44階

  • TEL:03-5322-3591
  • FAX:03-5323-3660
  • 設立日:1976年6月
    従業員数:
    当法人グループ全体従業員数 16名
    うち 税理士     4名
       税理士有資格者 2名
       公認会計士   3名
    2016年8月末現在

おわりに

個人の横領としては、破格の額。

デヴィ夫人の個人事務所だから、ここまでバレずにできたのかもしれません。

改めて、人に金を預ける恐ろしさを感じます。

あと、デヴィ夫人は、「物はとられたか?」という質問に対し「品物ですか?それはないですね。なくなったものはありますけど、それは辻村ではないと思います」と答えています。

このことについては、被害届は出していないのでしょうか。

泥棒が近くにいるというのに。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*