ドミトリー・バクシェーエフと妻ナターリアの顔画像は?ロシア30人殺害人肉食夫婦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアで30人を殺害し、その遺体を食べたとして夫婦が逮捕されました。

捜査当局はロシア史上、最悪級の人肉食事件とみて調べています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

CNNの報道です。

モスクワ(CNN) ロシア国営メディアは25日、南部クラスノダール地方で複数の被害者を殺害して遺体の一部を食べていたとして、35歳の男とその妻が警察に逮捕されたと伝えた。1999年以来、30人もの人々が殺害された可能性もあるとされ、捜査当局はロシア史上、最悪級の人肉食事件とみて調べている。

RIAノーボスチ通信によると、今月に入り、クラスノダールの路上に落ちていた携帯電話から、バラバラにされた女性の遺体の前で自撮りした男の写真が見つかった。この女性の遺体は翌日になって、付近にあったかばんの中から発見された。

携帯電話の持ち主の男は当初、女性の殺害を否定。遺体を見つけて一緒に写真を撮った後、携帯電話をなくしたと主張していた。しかしその後、この女性と、2012年に殺害された別の人物の2人について、殺害を認めたという。

これまでの捜査では、加工された人の手が入ったガラス容器が見つかった。容疑者の男はこの手について、一緒に写真を自撮りした遺体の一部だと供述しているという。

警察はこれまでのところ、被害者7人の身元を特定したが、多くの被害者については現時点で詳しいことは分かっていない。

モスクワの捜査委員会はCNNの取材に対し、事件の詳細を認め、ロシアで発生した連続殺人事件の最新のものだとした。

今年に入り、元警察官のミハイル・ポプコフ被告がすでに受けていた22件の有罪判決に加えて、60件の殺人で起訴された。同被告は20年近くにわたって犯行を行っていたという。

引用元 CNN

恐ろしい事件です。

被害者は、1999年以来、少なくと30人。

しかも、遺体の一部を食べていたとのこと。

食べた理由は何なのでしょう。

単なる興味なのか、優越感に浸りたかったのか。

事件が発覚したのは、落ちていた男の携帯電話。

携帯電話の中に、バラバラの女性の前での自撮り写真があったとのことです。

切断された手首を口に咥える自身の写真もあったようです。

やはり、優越感に浸りたい欲求があったのか。

写真でアシがつくという発想はなかったのでしょうね。

女性は、翌日、付近のかばんの中で発見。

そこで、男の言い訳は、遺体を見つけて一緒に写真を撮ったといった内容。

こういう理由しか言えないこと自体、不利になるとわかりながら、優越感に浸りたいのが見えます。

これからが、驚愕です。

警察は、こういった異常な行動を不審に思い、家宅捜査をします。

すると、冷蔵庫から、塩漬けにされた人皮や加工された人の手が入ったガラス容器が見つかったとのこと。

更に、冷凍保存された人肉などが次々発見されます。

他にも、ビニール袋に入った、皮膚を完全に剥がされたうえ斬首された頭。

その後、頭部が遺棄された場所とは別の場所から、赤い毛髪が付着した人間の皮膚が見つかっているそうです。

コレクションや食肉としていたのでしょうか。

警察は、被害者7人までは身元特定していますが、他の多くの被害者は調査中とのことです。

容疑者2人は?

この2人の名前は、ドミトリー・バクシェーエフ容疑者(35)と妻のナターリア容疑者(42)。

夫・ドミトリーは空軍士官学校の関係者で、年上の妻・ナターリアは看護師です。

2人は、知り合った女性に「コーバルール(Corvalol)」という鎮静剤を飲ませ、眠らせてから殺害していたと供述しています。

住まいはロシア軍所属の宿舎とのこと。

家には、絶対に他人を上がらせず、ナターリアは周囲とのトラブルが絶えなかったという近隣住民の証言もあります。

臭いもスゴかったんじゃないでしょうか。

おわりに

身の毛もよだつ、事件です。

この2人は、未だに罪とは思っていないでしょうね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. サイナイ より:

    一昨日にTwitterで名前がトレンドに入りした事があるナターリア容疑者(42)の写真の下の「ナターリア」が「ナタリア」になっていますよ。

コメントを残す

*