選挙特番で台風情報ない苦情!高野之夫豊島区長(若狭勝陣営)は賢明?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22日、午後8時からは、どのテレビ局も選挙特番。

しかし、そのとき、日本は台風21号で大変なことになっていました。

それに対し、苦情が殺到したようです。

また、早々と解散した若狭勝陣営の高野之夫豊島区長は、台風対策をしました。

この違いに、考えさせられます。

スポンサーリンク

苦情殺到

デイリースポーツの報道です。

 衆院選の開票が行われた22日夜から23日未明にかけて、台風21号による川の氾濫など被害が発生する中、深夜になってもテレビ各局が選挙報道主体で放送を継続したことに、ネットでは「台風情報やって」「情報がなく不安」「川が氾濫してる時に、当選者のバンザイはもういいって」と訴える、悲鳴や苦情の投稿が殺到した。

 テレビ各局は22日はフジテレビを除き、午後8時前から選挙特番を放送。画面横で台風情報を流すなどしたが、NHKも大勢判明した後も、深夜までおおむね選挙報道に軸足を置いた放送だった。

 一方で関西では危険水域に達していた大和川の氾濫情報も伝えられ、深夜にはツイッターの投稿ワードも一気に台風関連の用語が上位を占めた。

 このためテレビの選挙報道に対し「大勢が判明したいる選挙より、台風情報をやって」「いつまで選挙報道やっているんだ」「情報がなくて不安すぎる」「怖い」「逆にテレビつけてるほうが不安になる」と怒りや不安の声であふれかえった。

 選挙と台風が重なったうえ、夜間の台風情報の収集には時間が必要だったとみられるが、選挙の大勢判明後も接戦区の結果を伝えるなどした報道には「避難指示出てる時に万歳するな」「川が氾濫してる時にバンザイ」「万歳を視聴者に見せる意味が分からない」と批判投稿が殺到した。

 NHKは日付が変わった時間帯から徐々に台風情報にシフトし、午前2時頃からは台風情報一色となった。これに「やっと台風情報来た」「助かりました」との安堵や感謝の投稿も増え始めた。

 ただし、23日になっても「そこまでする選挙特番は必要か」「考え直したほうがいい」と指摘する声が相次いでいる。

引用元 デイリースポーツ

この苦情は、当然だと思います。

選挙でなければ、台風情報はかなり頻繁にやっていたと思います。

これを見ると、テレビは視聴率ありきなのかと思います。

テレビ局にとって、視聴率は大事でしょうが、緊急時のためにテレビは欠かせない情報源です。

選挙特番中でも、スポット的に台風情報は報道できたはず。

テレビ離れと言われても仕方ないですね。

このクレームは、テレビ業界にとって、教訓となるのではないでしょうか。

そのとき若狭勝陣営は?

産経新聞の報道です。

 東京10区で希望の党から出馬した前職の若狭勝氏(60)の事務所では午後10時半ごろ、開票率13パーセントの段階で、早くも票差が他候補より大きく開いていることが分かると、事務所からアナウンスがあり、詰めかけた支援者に解散を呼びかける異例の展開となった。

 高野之夫豊島区長(79)は午後10時45分ごろ、マイクを握り「まだ結果は出ておりませんが、第一回の開票で厳しい状況のようです。逆境の中の選挙でした。豊島区の将来のためにがんばって参りました」と述べた上で「雨が激しくなると言うことで、万全の態勢で人的被害を最小限にするためにも、すぐ対策本部に戻りたいと思いますんで、厳しい選挙でした」と総括すると、災害対応のため、早々と退席した。

 豊島区商店街連合会会長で選対本部長を務める足立勲氏が「どうぞ、皆さん。遅くまで申し訳ありません。非常に厳しいということで、残念です。台風が非常に強いので、ここで解散をしながら朝まで待っていただいて、自宅で待っていただこうと思っております。本当にありがとうございました」と述べると、報道陣を除いて、ほぼすべての支援者が事務所を後にした。

 選対委員長の本橋弘隆都議が「希望の光はまだ失っていない」と述べたが、むなしく響いた。

 比例復活も厳しい状況で、自民党を離党して小池知事の誕生に尽力し、希望の党の「顔」だった若狭氏の苦戦に関係者は重苦しいムードだった。

引用元 産経ニュース

若狭陣営は、選挙ではイマイチでしたが、このときの対応は、良かったのではないでしょうか。

高野区長は、選挙の前に、現職の区長です。

豊島区のために、早々に解散し、台風のため自身の仕事に戻りました。

足立氏は、支援者を気遣い、帰宅を促しました。

それに対し、本橋都議は、選挙しか見ていない態度と見受けられます。

それぞれの人間性を見た気がします。

ただ、若狭氏が、当選していたらどうだったのか。

高野区長に、そのあたりを聞いてみたいですね。

おわりに

選挙と台風が偶然にも重なってしまった、今回のレアなケース。

こういうときこそ、テレビ局なり、いろんな人たちの本性がわかりますね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*