江本正志顔画像や中傷Twitterハンドルネーム判明!著書ペンネームと改ざん論文内容も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬大学の江本正志教授(56)が、Twitterなどで大学や学生を繰り返し中傷したほか、論文の実験データに改ざんがあったとして、大学は、この教授を懲戒解雇の処分にし、11日公表しました。

スポンサーリンク

何があったのか?

NHKの報道です。

群馬大学の56歳の男性教授が、ツイッターなどで大学や学生を繰り返し中傷したほか、論文の実験データに改ざんがあったとして、大学は、この教授を懲戒解雇の処分にし、11日公表しました。
懲戒解雇処分を受けたのは、群馬大学大学院保健学研究科の56歳の教授です。大学によりますと、この教授は、ツイッターや著書で、ペンネームを使い「どうしようもない大学だ」とか、「大学教授は、変人ばかり」などと、ほかの教職員や学生を繰り返し中傷したほか、平成20年から22年にかけて教授が発表した4本の論文で、12か所に実験データの改ざんが確認されたということです。

教授は、大学の調査に対して、「ツイッターの投稿は、自分ではない」と否定し、実験データの改ざんについては、「実験は、ほかの者が行っており、自分に責任は無い」と主張していたということです。

これに対し大学は、ツイッターの投稿は、教授のものと確認でき、データ改ざんについては、「教授が直接改ざんしたかどうかまでは特定できないが、不正の責任がある」として、今月5日づけで懲戒解雇を決め、6日に本人に通知書を郵送したということです。

群馬大学は「教員としての適性を著しく欠く不適切な行為で、大学の信頼を損ねる結果となり、大変申し訳ない」と話しています。

引用元 NHK NEWS WEB

この大学教授は、江本正志教授(56)のことです。

江本教授は、Twitterではハンドルネーム、著書ではペンネームを使い、「どうしようもない大学だ」「大学教授は、変人ばかり」といった、教職員や学生の中傷を繰り返したそうです。

このことについて、江本教授は否定しているようです。

また、他人を中傷しているにも関わらず、2008年から2010年にかけて、自身の論文で改ざん。

内容は、4本の免疫に関する論文で、12箇所の実験データの画像など。

一体、どんな気持ちで改ざんに励んだのか。

江本教授は、データ改ざんについて、「実験は、ほかの者が行っており、自分に責任は無い」といった言い逃れをしています。

しかし、自分の名前で論文をまとめている以上、誰が責任者かは明確です。

なお、大学側の論文取り下げ要請に応じていないようです。

大学側の結論は、Twitterの投稿は、教授のものと確認でき、データ改ざんについては、「教授が直接改ざんしたかどうかまでは特定できないが、不正の責任がある」としました。

今月5日づけの懲戒解雇、6日に本人に通知書郵送とのことです。

スポンサーリンク

江本教授のプロフィール

  • 名前:江本正志(えもと・まさし)
  • 生年月日:1961年2月14日
  • 出身地:大阪府
  • 学位:医学博士

大学卒業後、奈良県立医科大学・喜多英二教授の下で細菌学を学びます。

1991年5月、奈良県立医科大学にて医学博士号を取得。

1991年6月、名古屋大学の吉開泰信教授の下で助手として免疫学を研究。

1993年から、ドイツ・ウルム大学でステファン・カウフマン教授を師事し、NKT細胞の研究を行います。

1996年には北里大学で助手を務めますが、カウフマン教授がマックスプランク感染生物学研究所の所長となったため、翌1997年に再びドイツに。

同研究所の上級研究員にまでなりますが、日本人学生の教育を行いたいと考えて、2003年12月に群馬大学の教授となり、免疫学の教育・研究に携わります。

2017年10月5日付で、群馬大学教授を懲戒解雇。

略歴を紹介します。

  • 1983年4月 – 大阪大学微生物病研究所細菌血清部門 研究生
  • 1984年4月 – 奈良県立医科大学細菌学教室 研究生
  • 1991年6月 – 名古屋大学医学部附属病態制御研究施設生体防御研究部門 助手
  • 1993年7月 – ドイツ・ウルム大学医学部免疫学部門留学 客員研究員
  • 1996年7月 – 北里大学理学部生体防御学講座 助手
  • 1997年5月 – マックスプランク感染生物学研究所免疫学部門 研究員
  • 1999年5月 – 同研究所 主任研究員:研究チームリーダー
  • 2001年5月 – 同研究所 上級研究員:研究グループリーダー
  • 2003年12月 – 群馬大学医学部保健学科基礎検査学講座生体防御学分野 教授
  • 2017年10月 – 群馬大学医学部保健学科基礎検査学講座生体防御学分野 教授職を論文不正で懲戒解雇される

肩書はこのようになります。

  • Science Foundation Ireland Basic Research Grant Program 審査員
  • The Science Trust (Research Training Fellowship: London, England) 審査員
  • 博慈会老人病研究所 客員研究員
  • 群馬県高等歯科衛生士学院 非常勤講師(微生物学・口腔微生物学・生物学)
  • 北里大学保健衛生専門学院 非常勤講師(免疫学特講)
  • 北関東産官学研究会 顧問
  • 奈良県立医科大学住居医学講座 客員研究員
  • 京都大学大学院医学系研究科人間健康科学科 非常勤講師(免疫学特講)

いろいろコレクションがあるようです。

  • 世界のビアコースター
  • 腕時計
  • ビアジョッキ
  • 絵画
  • ビスクドールという19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の貴婦人・令嬢たちの間で流行した人形
  • ヨーロッパや日本各地のマグネット
  • ネクタイ

ドイツに行っている期間があったせいか、ビールが好きなようです。

好きな画家は、ジョージア(旧グルジア共和国)の Gogi Gelantia とのこと。

続いて趣味です。

  • ドライブ
  • ファッション
  • 射撃
  • 芸能活動
  • 執筆活動

趣味では、気になるワードがたくさんありますね。

まず、ファッション。

江本教授のホームページから抜粋で紹介します。

http://emotolab.jp/emoto/?cat=51

大学へは「ジーンズに普通のシャツ」で出勤しているそうです。

普通のシャツとはどういったものかは、詳細が書かれてませんのでよくわかりません。

教授会のときでも、「ネクタイをしようなどという気は毛頭なく、いつもと同じラフな格好」で出勤するとのこと。

それについて、「他の教授の先生は、『全く外国帰りはこれだから嫌だ!』と思っているんだろうなと思いますが、そこもまた我が道を行くです。」と書かれています。

一体、誰に、『全く外国帰りはこれだから嫌だ!』といったニュアンスのことを言われたのでしょうか。

こういったファッションセンスが、外国なんて思う人がいるのか全く疑問です。

さらに、余程、スーツを着ないということを伝えたいのか、このあとも同じことを綴っています。

しつこいですね。

そして、オチが「実はクローゼットはスーツで一杯なんです」。

ですが、スーツは着ないそうです。

何が言いたいのか、よくわかりません。

さらに、ファッションについて続きます。

「実はとっても着道楽なんです。洋服も腕時計と同じで、流行には全く左右されません。こだわりというやつでしょうか…。」とのこと。

では、どういったものを着ているかというと、「何故かしらヨーロッパものが大好きで、殆どの服は、ラフな洋服であれ、ジーンズであれ、セーターであれ、殆ど全てがイタリア製かドイツ製です」とのこと。

これは、ドイツにいた期間が長かったからと言いたいのでしょうか。

それについて、このように書いています。

「何故こんなにヨーロッパものが好きなのかは自分でもわかりませんが、ヨーロッパに長年住んでいると、ヨーロッパ以外の製品が安っぽく見えて仕方ないからでしょう。特に靴は顕著で、余程の靴屋に行かない限り、日本では見る気になりません。それ位ヨーロッパものの素材はいいですね。貧乏なのにどうしてこんなに贅沢なのかは僕自身にもわかりませんが、他人を見ると、いつも洋服の生地、靴、腕時計、鞄を観察し、この人はどの程度のレベルの人なのかを判断してしまいます。もぬけのからの人が、ルイヴィトンなんかをしていると、センスのなさが見え見えで、いつも失笑しています。」

かなり、ファッションに自信がありそうです。

趣味が、ファッションというぐらいだから、それは当然ですね。

そして、特に好きなブランドというものはないが、強いて言えば、「Hugo Boss」「Cerruti」「Versace」「Joop」。

また、髪型もリーゼントにし、一流の厳ついサングラスも揃えたそうです。

その自慢のファッションがこれです。

いかがでしょうか。

つづきまして、芸能活動。

海外を含めて色々なテレビに出演しているとのこと。

元々、俳優志望だったそうです。

今まで出演したテレビで一番気に入っているのは、海外のテレビに出演した時のものなんだとか。

視聴者から「あれは素晴らしかった!感動したよ!」と声を掛けてもられたと書いています。

自画自賛なのか、よくわかりません。

そして、これが、テレビ出演の1シーン。

また、有村架純ちゃんが大好きみたいです。

昔は、浅田美代子さんの大ファンで、ファンクラブにも入っていたとのことです。

そして、執筆活動。

学問とは全く関係のない本を執筆しているとのことです。

3冊書いているようですね。

しかも、それぞれ違うペンネーム。

これらの本が、今回、中傷したとされる本と思われます。

スポンサーリンク

著書とペンネームは?

江本教授が書いたとされるエッセーは、2011年6月1日発行「大学動物園」

ペンネームは、矢吹樹(やぶき・いつき)。

https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92-%E7%9F%A2%E5%90%B9-%E6%A8%B9/dp/4286105016

謳い文句は、

「2歳の時に目の前で母親が自殺し、父親と親戚にも見捨てられた暗い過去を持つ筆者が手にした大学の教授のポストだったが……。外からは見ることができない「象牙の塔」の内部事情、実体験にもとづくエピソードを真摯かつユーモアたっぷりに描く。魑魅魍魎の館「大学」の裏ネタ、本音をユーモラスに描く、おもしろくてタメになる痛快エッセイの決定版!!」

この本のレビューは最悪で、41レビューで☆1.4。

星1つは35レビューです。

レビューをいくつか紹介します。

「鼻紙にするにはちょうどいい本です。
ただこの高級ちり紙は、硬くて鼻をかみづらいので注意。」

「できれば星0にしたかったのですが…
自分は可哀想なんだよ!というような内容がありますが、可哀想なのは頭です」

「自分って凄い、自分って可哀想のオンパレードです。
気持ち悪くなるだけで、全く面白くありません。
これほど酷い本も久しぶりに見ました。」

これほどの評価は、なかなか見ることができません。

また、このような著書を、あと2冊、違うペンネームで書いているようです。

ちなみに、江本教授は、ホームページ上で、「一冊目は滅茶苦茶好評で、相当売れているみたいです(ヤッホー!)」と語ってます。

http://emotolab.jp/emoto/?cat=54

感覚にズレがあるようです。

良く言えば、プラス思考でしょうか。

Twitterハンドルネームと中傷投稿は?

江本教授が使っていたハンドルネームは、エッセイと同じ矢吹樹(やぶき・いつき)。

2012年2月19日、このハンドルネームで、放送大学関係者とTwitter上で喧嘩したことがありました。

江本教授は、放送大学について、このようにツイート。

「最近、無名大学だけでなく有名大学でも放送大学を卒業して教授になっている人がいるけど、これってありですか?本当の大学を卒業していないのですから、大学というもの自体を理解していないと思うのですが・・・。こんな教授に教わる学生がかわいそう。」

それに対し、大学関係者は、

「本当の大学の定義ってなんですか?放送大学は正式の大学ですが…」

と返信。

江本教授は、

「それが分からないということは、貴方は放送大学出身ですか?そういう質問をすること自体が、放送大学なんですよ。違いがわからない人間が大学の教授にはなってはいけないということです。」

と放送大学を批判します。

ですが、最後、大学関係者はトドメのツイートをします。

「私は学長です。」

放送大学関係者とは、放送大学学長にして東京大学名誉教授の岡部洋一氏でした。

すると、江本教授は、急に黙ってしまい、Twitterを非公開に。

典型的な弱者に強く、強者に弱いタイプでしょうか。

そもそも、岡部洋一氏を知らないこと自体、どうなんでしょうか。

ちなみに、矢吹樹のTwitterbotは存在します。

https://twitter.com/yabuki_sensei?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fokane-juyo.com%2Farchives%2F1705

一部紹介します。

大学や学生だけでは飽き足らず、宗教批判もしています。

また、ミナミの帝王をこよなく愛しているようです。

江本教授は、どういった目的で、こんなことをするのでしょうか。

偉そうなことを言って、優越感に浸りたいのでしょうか。

ハンドルネームで身を隠しているつもりでも、江本教授とバレバレなのですが。

また、他にもハンドルネームを持っていたと思われます。

スポンサーリンク

改ざんデータは?

データを改ざんしたのは、2008年から2010年の論文。

江本教授が、この時期に書いた論文の一覧です。

この中の4本の論文で、12か所の実験データが改ざんされたとのことです。

2008年

  • Emoto. Y, I. Yoshizawa, R. Hurwitz, V. Brinkmann, S.H.E. Kaufmann, and M. Emoto, Role of IL-12 in determining differential kinetics of invariant NKT cells in response to burden of Listeria monocytogenes. Microb. Infect. 10:224-232.
  • 江本正志 国試の常識50/臨床微生物学. Med. Technol. 医歯薬出版 2:210-211.3.
  • 江本正志 コレステロールの免疫系に及ぼす影響 平成18年度受贈者研究報告書(財団法人 三島海雲記念財団) 44:41-43.
  • 江本正志, 江本善子 α-GalCerの細菌感染に及ぼす影響-マウスリステリア感染症をモデルとして- 臨床薬理の進歩 29:46-53.
  • 江本正志 免疫とは スタンダード微生物学(第2版) 文光堂 (Book) 12-26.
  • 江本正志 特異的生体防御 メディカルサイエンス 微生物検査学 近代出版 (Book) 43-55.
  • Emoto, M. Invariant NKT cell responses during murine listeriosis. Microb. Infect. (Editorial Review: 10 years anniversary) 10:1036-1040.
  • 江本正志 生体防御におけるコレステロールの重要性-コレステロール欠乏状態における免疫減弱機構の解明-(財団法人 旗影会平成19年度研究報告概要集) 66.

2009年

  • Emoto, M. and Y. Emoto. Intracellular bacterial Infection and invariant NKT cells. Yonsei Med. J. (Review) 50: 12-21.
  • 江本正志, 江本善子, 帰山隆樹, 西尾和正, 丹生淳郷. 米糠に存在する invariant NKT 細胞のリガンドの同定と医薬品・健康食品への応用 平成18年度、19年度 産官学共同研究成果報告集 (特定非営利活動法人 北関東産官学研究会)170-181.
  • 江本正志, 米糠に存在する invariant NKT 細胞のリガンドの同定と医薬品・健康食品への応用 HiKaLo (Highland Kanto Liason Organization) 技術情報誌 9:12-17.

2010年

  • Emoto, M., T. Shimizu, H. Koike, I. Yoshizawa, R. Hurwitz, S.H.E. Kaufmann, and Y. Emoto. Dissociated expression of natural killer 1.1 and T cell receptor by invariant natural killer T cells after interleukin-12 receptor and T cell receptor signaling Immunology 129: 62-74.
  • Emoto, M., Y. Emoto, I. Yoshizawa, T. Shimizu, R. Hurwitz, V. Brinkmann, and S.H.E. Kaufmann. α-galactosylceramide ameliorates murine listeriosis by accelerating infiltration of granulocytes and γ/δ T cells into the liver. Eur. J. Immunol. 40: 1328-1341
  • Emoto, M. Editorial. Hot topic issue “NKT cell therapy”, Curr.Immunol. Rev. 6:76-774.
  • Emoto, M., T. Yoshida, T. Fukuda, I. Yoshizawa, I. Kawamura, M. Mitsuyama, E. Kita, R. Hurwitz, S.H.E. Kaufmann, and Y. Emoto. α-galactocylceramide promotes killing of Listeria monocytogenes within phagosome in macrophages. Infect. Immun. 78: 2667-2676.
  • 江本正志. 米糠に存在するinvariant NKT 細胞の新規リガンドの同定・構造解析とその応用. HiKaLo (Highland Kanto Liason Organization) 技術情報誌.10:14-19.
  • 江本正志 測定物質の概念 臨床検査学実習書シリーズ 免疫検査学実習書 医歯薬出版株式会社 (Book) p. 14-15.
  • 江本正志 免疫測定法の成り立ち 臨床検査学実習書シリーズ 免疫検査学実習書 医歯薬出版株式会社 (Book) p. 16-19.
  • 江本正志 抗原と抗体の取り扱い方 臨床検査学実習書シリーズ 免疫検査学実習書 医歯薬出版株式会社 (Book) p. 20-24.
  • 江本正志 リンパ球分離法・リンパ球培養法 臨床検査学実習書シリーズ 免疫検査学実習書 医歯薬出版株式会社 (Book) p. 32-38.
  • 江本正志 リンパ球サブセット(T細胞サブセット) 臨床検査学実習書シリーズ 免疫検査学実習書 医歯薬出版株式会社 (Book) p. 155-160.

この時期以外の論文も怪しい気がします。

おわりに

2012年2月に外部から通報があり、大学側が調査。

大学の委員会が2014年10月、不正行為があったと認定する報告書をいったんまとめますが、江本教授が「重要な研究データを持ち去られた」と主張したことから、さらに調査して、懲戒解雇に至りました。

56歳まで、よくこの調子でやってこれたと思います。

江本教授は、今回懲りているのでしょうか。

これで終わればいいのですが。

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています。

江本正志教授の嫁とは?顔画像や経歴は?実験データ改ざん関与はあるのか?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*