橋本健真相暴露は衆議院選挙後(いつ)?今井絵理子は辞職芸能界復帰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本健元神戸市議は、政務活動費の横領で議員辞職し、歯科医としての診療報酬架空請求疑惑がまだ残っている現状。

自ら家族を崩壊し、今井絵理子議員との関係ももう終わりでしょう。

そんな橋本元市議は、このまま沈黙を守るのでしょうか。

スポンサーリンク

橋本元市議の金銭疑惑

最初、問題になったのは「ハシケン通信」の約720万円の架空請求。

橋本健の架空領収書問題!発注会社とその下請け印刷業者の名前は?

そして、政活費では認められていない名刺印刷などに使ったとされる約194万円の請求書。

橋本健、新たに194万横領が発覚!2014年架空発注神戸印刷会社の名前は?

また、橋本元市議が経営をしている歯科医の診療報酬架空請求疑惑。

橋本健経営の歯科医でも架空請求?現在の経営は?口コミも気になる!

他にも、疑惑があります。

橋本健が清水印刷宛名で横領?その請求内容は?女性市議不倫や会議遅刻も

今井議員との不倫はなかったのか?

週刊新潮の衝撃的なスクープから始まりました。

橋本健の顔や年齢、出身大学は?嫁や子供は不倫を知っているのか?

橋本健の嫁と子供の顔や年齢は?子供は本当に2歳なのか?

橋本健の離婚理由やそのきっかけは?調停はいつまで続くのか?

橋本健の嫁が反論!今井絵理子に裁判や慰謝料請求も!略奪不倫否定に激怒

橋本健が週刊新潮発売の前日に嫁に離婚迫っていた!保身の為か?

スポンサーリンク

今井議員の言い分

週刊新潮は、今井議員の一問一答を掲載しています。

今井議員の実像がわかると思います。

こちらが全文です。

――単刀直入に、お伺いします。橋本市議と交際の事実について、どうお考えでしょうか?
今井絵理子・参議院議員(以下、今井) そうですね、男女の関係ということは、まずないですね。新潮さんが、どのような情報を持っているのかということもあるでしょうけど、彼は離婚調停中で、別居中ということはもちろん知っていますし、もう何年も前から婚姻関係が破綻していることも存じております。
 しかし、それでも、やはりきちんと、まだ籍はあるわけですから、今回の私たちの行動で、色々な誤解を招いたことは本当に申し訳ないと思っています。そして記事が出ることで、離婚調停に影響が出ることだけは、やっぱり避けたいと思っております。
 
 だらだら喋っていい? だらだら喋っていい? 
(註:今井議員が記者に対して「これから一方的に喋るけどいい?」と同意を求めるニュアンス)

今井 彼と出会ったのは(参院)選挙前。なぜ橋本先生が印象的だったかと言うと、兵庫県連の青年部長をされていて、出馬会見の後にすぐ、講演会の依頼が来たんですよね。その頃、(私は)色々と叩かれていて、前の彼のこととか、政治未経験者のタレント議員とか、叩かれている中で、よく講演会を依頼してくださったな、と、すごく印象的で。
 そこから(2016年)3月に(自民党)党大会で、初めてお会いさせて頂いて、もちろん橋本先生だけでなく、色んな先生方、神戸市議会議員も含めて、お会いして、4月に講演会がありました。
 ようやく4月の講演会後に、ゆっくりお話しする機会があって、それでその後、選挙期間中は西日本と関西は全面的に橋本先生が応援してくれるということで、とても私にとっては本当に頼りがいのある方で、やっぱり政治経験がないので、色々相談する方もなかなかいなかった。同世代の先生たちが周りにいなかったというのもあって、同世代議員として色々と教えて頂いたということ。
 全国各地回らせて頂いているので、同世代の地方議員の先生たちとも交流があります。(橋本氏も)同じ志を持っている仲間の一人ですけど、色々とこうやって、騒がせてしまったことに対しては、橋本先生に対してもすごく申し訳ないというのと、調停中ということで不利になってしまうということも踏まえて、自分の行動が軽率だったということはすごく反省しています。

――男女関係だと疑われてしまうようなことの、心当たりはあったんでしょうか?
今井 ごはんを二人で食べることも、もちろんありますし、車で送り迎えして頂いたこともありますし、私たち今井事務所は、お恥ずかしながら……まあ、こう、貧乏で、秘書を同行して各地色んな所に行くんですけれども、秘書の交通費も持たなきゃいけないじゃないですか。
やっぱりそういうことも今井事務所で考えて、全国各地、講演会とか行く時には、一人で行けるところ、送迎をして下さる先生方、支援者の方々がいてくれたら、それは頼もうという方針でやっていたので、送迎で誤解されるようなことはあったかなという思いはあります。

――我々は(東京都千代田区)三番町(の高級マンション)に一緒に泊まっているとか、関西地方で橋本さんと同じホテルに泊まっているなどのことを確認しています。そのあたりについては、どうでしょうか?
今井 あの……ですね、三番町のマンションに関しては、なぜマンションを借りているのかから話させて頂くんですけれども、国分寺に家があるのはご存じだと思います。国分寺から国会に通うまで、朝の時間とか、スケジュールで日程がなかなか(家に)帰れないことは確かにあって、都内在住だから議員宿舎も借りられないこともあって、マンションを借りようと思って、借りています。
(橋本氏がマンションに)泊まったか、泊まっていないかという質問ですけれども、そこに関しては、そういう事実はない。で、私もこういう性格なんで、国分寺もそうですし、三番町のマンションもそうですけれど、色んな方をね、招くことはありますね。そこで深夜までね、友達とおしゃべりをしたとか、また三番町においては、そういうこともあったかもしれないですけれども、私自身は、やましい気持ちはないということがあります。秘書の方も、家に入ることもあれば、演説の内容とか、そういったことを夜中までやる時もあれば、っていうことで、私自身あの……そこら辺は一線を置いているというつもりです。

――7月14日の夜、橋本先生と三番町に入っているのを確認しています。男女が一晩を共にするということの意味は、大体の人が想像できると思うんですが……?
今井 仰りたいことは分かるんですけれども、そこはやっぱり……ねえ、まあ、軽率なというかね、行動をしたのは、まあ、あの……うん、申し訳ないとは思っていますけれども、これだけはお伝えしたいのは、ちゃんと、まあどこまで私の想いが伝わるか分かりませんが、男女の関係はないと、一線は越えていないと、いうことです。

――その時は、何か打ち合わせが?
今井 あのですね、大阪の……何て言うんでしたっけ、箕面(みのお)、において、「ありがとうのコンテスト」っていうのだと思うんですけど……

――「ありがとうの手紙コンテスト」
今井 そうそうそうそうそうそう、そうです。で、その主催者と、橋本先生が知り合いで、橋本先生から頂いたお話なんですが、そこでの講演内容が「命のありがたさ」って、今までの講演の内容とは全く違ったんですよね。私は、その主催者の方とは名刺を渡しただけの関係でしたから、命のありがたさ、またはそういったありがとうの大切さといった内容の講演だったんです。
 その時に、色々と講演内容っていうのを、一緒に考えてほしい、という思いで、深夜までなので、もちろん会館にも深夜……どうなのかなあって思いながらも、まあそこら辺は本当に軽率だったと思うんですけれども、しっかりね、ちゃんとした場所でね、打ち合わせできたらよかったんですけれども、なにせ政治の話もしますので、あんまりね、人がいないところ、結局深夜まで原稿を書いていたっていうことがありましたけれどもね。もし原稿の中身が見たいのであれば、ぜひお見せしますけれども。

――その時、橋本先生は、なぜ東京に?
今井 えーっと、橋本先生は私の記憶上、多分、その前の日、えーっと……ちょっと曖昧なんですけれども、(自民党の)集まりがありまして、それの幹部の方たち、私も選挙中でお世話になった先生方だったので、橋本先生もその一員だったので、その集まりで、はい、そこでもお会いしましたね。

――その後、一緒に大阪へ行って、その晩、大阪のホテルでも同宿されていると思うんですけれども?
今井 はいはい、大阪のホテルで、ですか? それはどこ?

――●●(註:実際の取材ではホテル名を提示)です。
今井 あーーー。はいはいはいはい、泊まりましたね。一緒には泊まってないですけれども。

――部屋が別だったということ?
今井 いやいやいやいや、そこは、部屋に入ってはいなくて、ロビーとか下のレストラン街とかあるじゃないですか。そこで食事してたかもしんない。

――部屋には泊まられていない?
今井 ないですね。

――その日、どこに泊まったとか、覚えていますか?
今井 もうちょっと待ってもらっていい? ちゃんとお答えしますので。

引用元 デイリー新潮

――我々はホテルにご一緒に入られているのも確認していて、一度新幹線の中でもお見かけしているんですけれども、お二人で手をつないでいらっしゃる。そこはこちらも写真に撮っているんですよね。
今井絵理子・参議院議員(以下、今井) それは、どこからどこまでの間ですか?

――東京から箕面に向かう新幹線、グリーン車に乗ってらっしゃる時だと思うんですけれども(手をつないでいる写真を出して見せる)そういうところも目撃しているんですね。そうなった時に、僕らは男女の関係がないと判断することはできないと……。
今井 あー、はいはい、これ、寝てますね(笑)。

――おそらく、お疲れなんだと思うんですけれども。
今井 うん、いやー、これは覚えてないですよねー、すいません、寝ているところを、こう……これは、ちょっと、すいません。

――橋本さんが(手を差し出した)ということですか?
今井 私自身、ちょっとこれは……。あのー……。

――我々の取材の中で、橋本さんにも、橋本さんのご家族にも取材をしていて、ご家族は、そういう状態になっているとは……。
今井 (残りの写真も)見ていい?

――橋本先生と今井先生のことを話すと、橋本先生の奥さまは、これは浮気であるという認識でした。それは一般人の認識だと思うんですよね。これを否定するなら、それなりにちゃんとした説明をして頂かないと、今井先生の言い分では、奥さまも、我々も納得できないと。僕らの認識では、付き合っていない男女は手をつながないですし。
今井、いやあー、ごめんなさい。いやー(笑)。

――同宿しているなど、複合的な要因から……(編集部としては不倫だと判断している)。
今井 もちろん、もちろん、そうです。

――要するに、誤解を招く行動があったということですよね?
今井 そのー、そのー……。

――男女の関係はない、ということですか?
今井 はは(笑)。その、もし、こちらが(不倫関係ではないと)証明できるものがね、提供できるのであれば、もちろんそれは提供するし……。

――私人であれば、今井先生も独身だし、あれこれ言われる話ではないのかもしれませんが、やはり国会議員という立場にあるわけで、当然、国民に対して誤解を与えるような行為をとることに首を傾げざるを得ません。
今井 ええ、それはもう、分かります。それは仰る通りで、反省しています。で、また、あの、もちろん、そういった写真というか、そういうものがある、手をつないでいるということも、誤解を招く一因だというのはあります。
でもね、本当にそういったことで誤解を招いてしまったことは、本当に反省すべき点でありますし、今後ね、こういったことが、橋本先生以外でも、私、男性の方でも仲のいい方は何人かいらっしゃいますので、そういった方とも、きちんと気を付けてしていけたらいいなと思っています。
 ただ、その皆さんが思うような男女の関係があったとか、一線を越えているんじゃないかとか……好意は、正直申しますと、好意はお互いにあるとは思っています。それは、うん。でも好意があるからこそ、一線を越えていけないという風に私は思っています。それはきちんと、今、まあ調停中だからダメですけれど、まあそれは将来どうなるかは分かりませんが、ただ、お互い尊敬しあう仲間ではありますし、私も尊敬する一人でもあって、頼れる方なので、すべて、本当に私の軽率な行動が誤解を招いてしまっているのは、それはもう、受け入れています。えー、今後、えー、信頼をできる……えーっと、信頼をで……。
(隣に座っていたスタッフが『信頼を、回復』と教える)
今井 回復ね、できるように頑張っていけたらな、と。それから、もう一つ、質問書の中に書いてあるように、これはちょっとお話しさせて頂きます。息子のこと。今、育児放棄とか色々言われていますが、私自身、そういったことは全くない。時間の許す限り息子と一緒にいますし、息子が私の全てだと思っているので。そういった、また育児放棄と言われるのは、私の中では心外であって、このことは新潮さんにもね、息子との様子は、もちろん見て頂いているとは思いますが、そこら辺はちゃんとお伝えしたいところかなと。息子ありきで生活していると。

――橋本議員が調停中とか、別居中だとかは、橋本さん本人から聞いたんですか?
今井 はい。

――いつ頃?
今井 最近ですね。最初の頃は、そういったことは、プライベートなこと、プライバシーなので、あまり喋らないじゃないですか。やはり政策のこととか、政治の話が主だったので。
 で、徐々に徐々に、プライベートの話をさせて頂く中で、今、そういう状態なんだな、そういうことなんだなって知るようになりました。だから、最初のうちは、そういったことは関係なく、政治のお話をしていただけですね。

――橋本さんは、ごく近しい方にしか、家族のことは話していないようなんです。今井先生に話をするというのは、それだけの関係になっていたということですか?
今井 まあ、大分後になってからですけどね。私自身も、前の彼のこととかは話さないので。うーん、それはやはり、信頼関係ができて、自分のプライベートを喋るということは、流される、ばらされるということも踏まえて、政治家なので。それは信頼関係の下で、お話し頂いたんだと思いますし、私だけではないと思いますけどね。

――先ほど、お互い好意を持っているということでしたが、今後、離婚調停が成立して、離婚となれば、交際も考えていますか?
今井 まあ、考えてはいきたいですけど、こればっかりは、私自身、こればっかりに集中するわけにはいきませんから。私はやはり政治の方のこともやって、政治家としてやっていきたいので、そこを考えるというよりかは……。

――離婚調停中ということですが、橋本さんのご家族からすると、子供がいる以上、そんな簡単に離婚はできない、と。先方のご家族に、そういう気持ちがある中で、同宿する、手をつなぐというのは、我々としてはいかがなものかと(思わざるを得ない)。徹夜で原稿を書く、何もないというのなら、秘書の方に一緒にいてもらうとか、それくらいの気遣いは必要ではないでしょうか。夜通し男女が同じ部屋にいるというのは何が起こってもおかしくないし、奥さまに対して何もなかった証明もできない。
今井 そうですね、うん。まあ、だから、そういった家族間のことなので、私はやっぱり橋本先生から聞く情報しか知らないので。そこら辺は何とも答えようがないですよね。申し訳ないですけれど。婚姻関係が破綻していたということと、別居中であるということとか、調停中であるというのを色々話しましたが……。

――それを聞いたことで、橋本先生と今井先生の関係に変化は生じましたか? 好意があって、離婚調停中なら、お二人の間で仲良くしても大丈夫だと思ったりしていたのでは?
今井 それはないですね。あの、そういうよりかは、何度も言うように、政策とか、そういった関係上にいるので、それがあったから関係がどうのこうのというのは、私の中で今まではなかったんですけれども。そういう風に、私のこの、本当に軽い気持ちで迷惑をかけているのであれば、申し訳ないなと思う次第で、改めて家族の意向をね、確かめて、ちゃんとね、それはそれで距離をもって、どんなに頼れる人でも、どんなに相談できる相手であっても、そういった家族の思いがあれば、それはちゃんと、私自身も引き締めてやらないといけないことだと思いました。

引用元 デイリー新潮

――今井さんご自身が今後、再婚されて、旦那さんが他のところで別の女性と一夜を共にされる、新幹線の中で手をつなぐというところを目撃されたら、どう思いますか?
今井絵理子・参議院議員(以下、今井) うーん、その時は……心境によりますが、それはどんな事情があろうが、嫌だと思いますね。

――どんな不倫でもそうですが、奥さんが旦那の不倫を追及する時には、旦那と愛人が肉体関係を結んでいるところを目撃している奥さんなんて、ほとんどいないわけですよ。その他の客観的事実から絶対に不倫だと確信を持って追及するわけです。で、現状、今井さんが置かれている立場というのは、なかなか申し開きが難しいというのは、ご理解されていますか?
今井 「モウシヒラキ」って、どういうこと(=意味)ですか?

――肉体関係がないと言い張っても、それを証明する事実はないし……。
今井 あー、それはだから、証明することが……だから証明ができないという悔しさもあるので、それは、私の軽率な行動の責任だと。

――『女性自身』の報道の後に、行動に気を付けようとは思わなかったのですか? 関西の政界関係者という書かれ方、一般の人には分からなくても、今井さんには分かるはずでしょう?
(註:女性週刊誌『女性自身』(光文社)は7月、今井議員が沖縄の恋人と別れ、「関西在住の政界関係者」と交際していると報じた。「今井絵理子議員(33)聴覚障害のある長男(12)を“母不在”の自宅でサポートしたのに――“育児献身のカレ”は『もういらない…』母子別居議員生活で見つけた新恋人」(17年7月18日号))
今井 これは、申し訳ないですけれど、関西政界関係者は橋本先生以外にも色々お世話になっている先生もいらっしゃいますので、橋本先生ピンポイントというのは、確かに私の認識の甘さだったのかなということはあります。あの時、きちんと行動を正せればよかったのですが、まさか橋本先生だっていう認識が自分の中で甘かったのかなというのは正直あります。

――自民党がこんな状況で、内閣支持率もボロボロ。それぞれの議員が襟を正さなければならないですが、責任は痛感されておられますか?
今井 誤解を生むような一連の流れで……本当に、ものすごく反省しています。

――育児放棄というのも、言われることは抵抗があると思いますが?
今井 そうですね。あとは最近、大きくなって思春期にもなってくるから、お母さんと一緒にいるということよりも自立して、今、生活しているところですから。それから障害を抱えているからといって、過保護になりすぎないというのも一つはあるので、歩いて学校にも通っていますし、そういった意味では、もう中学生なので、それぞれ私も仕事を頑張ってする姿を見て息子が応援してくれているという中で、もちろん、家を空けることもありますが、その時には両親に手伝って頂きながら、頑張らせて頂いているんですが、でもね、本当にこういった騒動を起こしてしまったということについては、申し訳ないなと思います。

――そうしましたら、三島駅で橋本先生は、ずっと今井先生を待たれていたようですが、それも何か約束が?
(註:『週刊新潮』8月3日号の記事で「三島駅で2人は下車。そのまま彼女は、御殿場近郊でのイベントに向かう。男性は駅周辺をぶらぶら」と記述した部分について確認を求めたもの)
今井 三島……。それは橋本先生に聞いて頂いて、よろしいですか?

――帰りの新幹線も隣に座ったようですが?
今井 三島がいつだったか……ちょっと一回、確認します。もう行かないといけないので。あとは、やっぱり読んで下さる方が、どう判断するかということですね。

――そうですね。僕らもそうですし、国会議員の先生も目線は国民の方を向いていないといけないと思いますから。全ては国民が、どう判断するかということですね。
今井 そうですね。

――後見人の山東(昭子・参院議員)先生にも、ご迷惑がかかるわけですからね。
今井 やっぱり厳しい目で見て頂いて、私たちはやっぱり、皆さんの税金でお仕事をさせて頂いているわけですから、これからも厳しい目で見て頂いて、私がこれからどういう行動をするのか、というのもまた見て頂いて、私も誠心誠意、またお話しさせて頂く機会を頂ければ、お話しさせて頂いたと。

――最後、確認ですが、お互い好意は抱いているけれども、交際しているわけじゃないんですね。
今井 まあ、そうですね。交際はしていないです。

引用元 デイリー新潮

最初は毅然と対応しようとしていますが、途中からはグダグダですね。

脇の甘さも垣間見えます。

あまりに無計画で、世間を甘く見ているようにも感じます。

今井議員の橋本元市議の前の彼氏についてはこちらをご覧ください。

今井絵理子の橋本健以前の彼氏は誰?顔や名前や年齢を調査!

スポンサーリンク

橋本元市議が真相暴露?

全てを失い、先が見えなくなってきている橋本元市議。

橋本元市議は議員辞職後、警察の事情聴取に自ら応じています。

今後訴追されて有罪となった場合、歯科医師法の規定によって最悪、医師免許の取り消し処分が下される可能性もあります。

頼りの歯科医が廃業となれば、何をするかわかりません。

自民党関係者は「やけくそになった彼に、不倫疑惑の真相が暴露をされてしまうのではないかという不安が尽きない」と語ります。

また、「ああいう転落者は、何をしでかすかわからない。今井さんは『不倫はなかった』と一貫して否定していたけど、もし相手が不倫関係を認めたら、彼女はウソをついていたことになってしまう。10月予定の衆院選は参院の今井さんには直接関係ないけど、スキャンダルが蒸し返されると、情勢に影響が出かねない」。

今井議員は、上述のとおり、「不倫」「自宅宿泊」「大阪ホテル宿泊」を否定しています。

橋本元市議の今後に、戦々恐々でしょう。

こういった話もあります。

「横領疑惑が持ち上がったとき、彼はある大先輩の関係者から『認めるか認めないのかハッキリしろ。認めないなら、最後まで逃げきれ』と言われて、認めない選択をしたのに、記者たちに追及されたら、あっさり陥落。そういう人だから、不倫疑惑だって、すぐに主張が一転しそう」

これはあり得るかもしれません。

橋本元市議は、架空請求問題で、口裏合わせを求める想定問答のメール9通送るような人物です。

ビビリな面が見受けられます。

そして、このような話も。

「何しろ橋本クンは、不祥事で引退寸前に追い込まれていたある国会議員の後釜として候補に挙がっていたからね。不倫報道がなければ、国会議員に成り上がった可能性があった。それだけに落差は大きい。今はもう彼に手を差し伸べる人はいないから、何をしでかすかわからない」

どうせ堕ちるなら、巻き添えということでしょうか。

ある週刊誌記者は「今の橋本氏には、真相告白のオファーをしやすい」と漏らしているようです。

世間から叩かれた当事者が、こういうときにすべての真相を明かすことでみそぎとするケースは、過去にたくさんあります。

大きくは報じられていませんが、今井議員は、今回の謝罪で副大臣ら議員十数人にビール券を贈ってしまい、公職選挙法違反疑惑も浮上しています。

衆議院解散は、今がチャンスと思っていたのが、思わね逆風が吹くかもしれません。

自民党関係者は「せめて衆院選の後にしてほしい」と言っているようです。

暴露されてしまったら、未然に防げることをしなかったツケということでしょう。

また、今井議員は議員辞職となるのでしょうか?

本来不倫で辞職は、あまりありません。

ですが、宮崎謙介元議員の例がありますから、どうなるかわかりません。

元々、議員をしながら、歌手活動を継続すると言っていた今井議員。

辞職となると、芸能界本格復帰もあり得ます。

おわりに

自民党は、現在、橋本元市議次第といえるかもしれません。

となると、メディアの間では、橋本元市議の争奪戦でしょうね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*