橋本達也あわら市長顔画像経歴は?既婚女性に市長室でキスやホテル誘う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福井県あわら市の橋本達也市長(63)が公務中の市長室で県内女性に抱きついたり、キスしたりするなどの不適切な行為をし、この女性側に対し詫び状を書いていたとのことです。

橋本市長は「女性とは合意の上だと思っていた。恥ずかしい話だが軽率だった」と話しています。

スポンサーリンク

何があったのか?

福井新聞の報道です。

 福井県あわら市の橋本達也市長(63)が公務中の市長室で県内女性に抱きついたり、キスしたりするなどの不適切な行為をし、この女性側に対し詫び状を書いていたことが11日、分かった。橋本市長は福井新聞の取材に「女性とは合意の上だと思っていた。恥ずかしい話だが軽率だった」と話している。

 橋本市長によると、2013年、女性と同乗した車内で抱きつくなどしたほか、用事で市長室を訪れた女性に対し複数回、体に触れたりキスしたりした。女性側から抗議を受け、16年1月に詫び状を渡したという。

 女性の関係者は「体を触られたりキスされたりは一方的だった」と合意を否定している。

 橋本市長は「市民に申し訳ない」と話し、「進退について考えるところまでいっていない」としている。

 橋本市長は早稲田大法学部卒。旧芦原町議長や市議2期を務め、07年4月に市長に当選した。現在3期目。

引用元 福井新聞

女性は、福井県在住の知人。

知り合ったきっかけは、イベントとのこと。

橋本市長は、2013年、女性に対し、同乗した車内で抱きつくなどしたほか、用事で市長室を訪れた女性に対し複数回、体に触れたりキスしたりしたようです。

直接ホテルに誘ったこともあったといいます。

橋本市長は、「女性に好意を持たれていると思った」「女性とは合意の上だと思っていた。恥ずかしい話だが軽率だった」と話しています。

しかし、女性側は、「体を触られたりキスされたりは一方的だった」と合意を否定。

2016年1月に、橋本市長は、女性の夫から抗議を受け、詫び状を渡したそうです。

仮に好意を持たれていたとしても、相手は既婚者。

また、公務中、しかも市長室でのこの行動。

ホテルにも誘っています。

言い訳など無用でしょう。

また、橋本市長は「市民に対して恥ずかしいことであり、大いに反省している。申し訳ない。進退については今のところ考えていない」と述べています。

どのような顔をして、市長を続けるのでしょうか。

スポンサーリンク

橋本市長とは?

1954年5月13日生まれの63歳。

福井県芦原町出身。

福井県立藤島高等学校、早稲田大学法学部卒業。

1987年7月から芦原町議会議員を5期務め、2004年3月1日、芦原町と金津町が合併してあわら市が発足に伴い、あわら市議会議員に就任。

2005年7月、あらわ市議選に当選。

2007年4月、あわら市長選で、現職の松木幹夫氏と争い、僅差で当選。

2011年4月、無投票で、あわら市長に2期目の当選。

2015年4月、元市議の大下重一氏と争い、あわら市長の3選を果たします。

このとき、今回の問題が、発覚していたら、当選していたかわかりません。

有権者は、この事実をどう思うのでしょうか。

また、橋本市長は無所属ですが、3選したときは、自民党・民主党・公明党の推薦を受けています。

Facebookのアカウントは、こちらです。

おわりに

先日、伊達勝身岩泉町長がわいせつ問題で、辞職したばかり。

政治家のこういった問題が後を絶ちません。

市民の生活を良くするために条例や法律を作るのが、政治家の仕事。

そんな人物が、このようなグレーなことをしてもいいのか。

市長を続投しようとする姿勢も理解できません。

※この記事を読まれている方は、こちらも読まれています。

伊達勝身岩泉町長の顔画像や経歴は?岩手日報女性記者へのわいせつ問題

橋本健と今井絵理子が不倫?顔写真や出身大学は?嫁や子供は不倫の事実を知ってる?

スポンサーリンク

※12月18日追記:双方刑事告訴?

産経新聞の報道です。

 福井県あわら市の橋本達也市長が公務中に市長室で既婚女性に不適切な行為をした問題で、橋本市長は18日、市役所で記者会見し、女性と女性の夫に対する恐喝未遂罪での刑事告訴を検討しており、同日あわら署に相談したと明らかにした。県警によると女性側も同署に相談し、強制わいせつ罪での告訴を検討しているという。

 橋本市長は会見で、女性や夫と今年8月15日に同市内で面会した際、5千万円の示談金を同月中に支払わなければ公表するなどと示談書への署名を要求されたと説明。会見に同席した清水健史弁護士は「高額な金銭を要求されたことは事実であり、恐喝ととらえている」と述べた。女性側は3日後に3千万円まで金額を下げたが、橋本市長は支払っていない。

 また、橋本市長は不適切行為は合意の上だったとの認識を改めて説明。自身の進退については「辞職も含め熟慮中」とした。

 清水弁護士は「女性側は否定しているが、合意に基づいており、示談金が発生する余地はない。夫への迷惑は認めるが要求額が過大だ」と話した。

 女性は取材に対し、同意はなかったとした上で、金を支払わないと公にするとも言っていないと語った。女性も強制わいせつ罪での告訴を検討しているという。  この問題は、橋本市長が今月12日、会見で明らかにした。平成25年、女性と同乗した車内で抱きつくなどしたほか、公務中に市長室でキスをするなどしたと説明。女性の夫から抗議を受け、28年1月にわび状を渡したとしている。

 橋本市長は市議などを経て19年の市長選に初当選し、現在3期目。

引用元 産経新聞

泥沼化してきました。

どちらも引き下がらないようでしたら、双方で刑事告訴ということになりそうです。

※12月19日追記:市長辞職表明

橋本市長は19日、市会議会運営委員会に出席し、公務中に市長室で女性にキスをするなど不適切な行為を行っていた問題を受け、市政を混乱させた責任を取り辞職を表明。

午前9時半から始まった議運の冒頭で、「今回の不祥事によって多くの方にご迷惑をお掛けした。責任を取らせていただきたい」。

市会は市会定例会最終日の20日までに市長が辞職願を提出しない場合、辞職勧告を決議する方向で調整していました。

市会からは「市民の信頼は完全になくなった」と批判の声が上がっていました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*