橋下徹の番組終了の理由は?新番組も?橋下×羽鳥が9月まで(1年半放送)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋下徹さん(48)と羽鳥慎一アナ(46)がMCを務めるテレビ朝日「橋下×羽鳥の番組」が、今年9月いっぱいで終了することになりました。

理由は、いろいろ考えられますね。

また、新番組の話もあるようです。

スポンサーリンク

「橋下×羽鳥の番組」が終了

日刊ゲンダイの報道です。

 前大阪市長の橋下徹氏(48)と元日テレの羽鳥慎一アナ(46)がMCを務めるテレビ朝日系の政治バラエティー「橋下×羽鳥の番組」が、今年9月いっぱいで終了することが分かった。10月クールの改編に伴うもので、後継番組のMCには、極楽とんぼの加藤浩次(48)らの名前が挙がっているという。

 橋下氏の所属事務所では「9月でレギュラー番組が終了するのは事実です。視聴率的に落第点を取っているわけではなく、あくまで改編に伴うもの。羽鳥さんとの“相性”はよく、さらなる高みを目指して、来年4月クールにも新たな番組を作る話も出ています。決して政治的なものが絡んだり、解散総選挙をにらんだ動きではありません」と説明した。

 同番組をめぐっては、開始当初から、日本維新の会で事実上のトップである橋下氏がMCを務めることに、“政治的公平”に反しているという声が上がっていた。そのため、橋下氏は日本維新の会の「政策顧問」を今年5月いっぱいで辞任。このまま番組は続くとみられていたが、わずか1年半で終了となってしまった。

「橋下人気に期待して、番組は鳴り物入りで始まったのですが、思ったより視聴率が伸びなかったんです。しかも、橋下さんのギャラがかなり高く、番組の作りもゴールデンのようで、とにかくカネがかかった。そのため、最後はスポンサーとの折り合いがつかなかったようです。橋下さんの“賞味期限”は切れている――という声も漏れています」(テレ朝関係者)

 ウワサされた安倍改造内閣での入閣もなかった橋下氏だが、今後はどうするつもりなのか。

「橋下氏の1回の講演料は200万円といわれている。テレビなんて出なくても、講演料だけで楽勝にやっていけるでしょう」(政界関係者)

 食い扶持には困らないようだ。

引用元 日刊ゲンダイ

所属事務所の言い分は、「視聴率的に落第点を取っているわけではなく、あくまで改編に伴うもの」。

「決して政治的なものが絡んだり、解散総選挙をにらんだ動きではありません」とも言っています。

視聴率は、10%には及ばない数字。

ですが、23時15分からの放送なので、及第点というところでしょうか。

また、政治的なものは、おそらくないでしょうね。

橋下さんは、今の生活を考えると、総理大臣にならない限り、今更もう一度政治家には戻らないでしょうし。

やはり、ギャラや制作費だと思われます。

放送の時間帯の割に、アメリカ大統領選の取材に行ったりもしてました。

橋下さんは、2016年5月8日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演したとき、視聴率は関西地区で22.7%でした。

このように、ゲスト出演だと視聴率は稼げますが、レギュラーでは継続して視聴率を維持できないんでしょうね。

また、「行列」の視聴率が良かったのは、この番組が、橋下さんを有名にした、かつてレギュラー番組だったからですしね。

そういうこともあり、「橋下×羽鳥の番組」のスポンサーとしては、費用対効果が合わなかったのでしょう。

事務所の言う来年4月クールの新番組の話も、本当なんでしょうか?

番組当初の評価は?

2016年3月23日に「橋下×羽鳥の番組」のレギュラー化する前放送された、3時間にわたる特番「橋下×羽鳥の新番組始めます!」。

この視聴率は、関東地区で9.9%、関西地区では14.6%。

このときは、まずまずでした。

しかし、レギュラー初回の視聴率は、7.9%と低迷。

テレビ朝日の対応は、

「うちでは少なくとも1年間は様子見です。橋下さんの話やネタは魅力的ですが、政治色が強いのを払拭できるかどうか。新番組の顔として据えるのはまだ怖い。完全にバラエティキャラになったら使いますよ。」

こうしてみると、よく1年半もったなといった感じかもしれません。

おわりに

橋下さんは、プライドがあるので、テレビのギャラは下げないでしょう。

講演や本業の弁護士はうまくいっているようなので、橋下さんをテレビで見ることは、減っていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*