初鹿明博強制わいせつ被害女性顔画像名前は?嫁子供は?ラブホ連れ込み未遂過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青山雅幸衆議院議員に引き続き、またも立憲民主党の不祥事です。

青山雅幸の秘書の顔画像と名前は?経営の弁護士事務所や今後は?セクハラ被害日記内容とは?

立憲民主党の初鹿明博(はつしか・あきひろ)衆院議員(48)が、支援者の女性に強制的にわいせつ行為を働いた疑いのあることがわかりました。

事件が発生したのは2015年5月とのことです。

スポンサーリンク

何があったのか?

週刊文春の報道です。

 立憲民主党の初鹿明博衆院議員(48)が、支援者の女性に強制的にわいせつ行為を働いた疑いのあることが、週刊文春の取材でわかった。

 被害女性・佐藤陽子さん(仮名)が相談していた友人によると、事件が発生したのは2015年5月。懇親会の帰途、酔った初鹿氏はタクシーの車内で女性にキスを迫るなどし、さらには、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど、強制的にわいせつな行為を働いたという。

 初鹿氏に聞いた。

――陽子さんに、強制的にわいせつな行為をされた?

「あ、そう? それは知らないけど。そんなこと陽子さんが言ってるの? それはだって、誤解じゃないの?」

――犯罪に当たるような案件です。

「犯罪じゃないとは思うんだけど。陽子さんと、あの、強制ではなかったと思うんだけど」

――タクシーでわいせつな行為をされたことは?

「それはあんまり覚えてないですね。う~ん、酔っ払ってたからわかんない。手はわかんない、握ったのかもしれない」

 改めて、事務所に取材を申し込むと、書面で次のように回答した。

「タクシーに同乗した際にご指摘のような行為を行った記憶はございません。不快に思わせる言動があったとすれば申し訳ないと思っております。いずれにせよ、意に反したわいせつ行為をした記憶はございません」

 一方、被害女性の陽子さんは、次のように回答した。

「タクシーの中でそうした行為があったのは事実です。何度も拒否をしましたが、先生も大変酔っていらっしゃったようなので……」

 警察への被害届についてはこう語った。

「立場のある方ですし、当時は見送りました。ただ今回取材を受けて、重大な問題だと再認識しました。改めて提出を検討します」

 初鹿氏は、東大法学部を卒業後、鳩山由紀夫元首相の秘書などを経て2009年に初当選。立憲民主党の結党メンバーの一人で、先の衆院選で3回目の当選を果たしている。

引用元 文春オンライン

2015年5月の懇親会の帰りのようです。

酔った初鹿議員は、支援者の女性とタクシーに乗り、キスを迫ります。

そして、ズボンのチャックを下げ、女性の顔を押し付けようとしたとのこと。

どっかの風俗と勘違いしているのか。

AVの見過ぎなのか。

嫁にも同じことをやっているのか。

これが本当だとしたら、救いようのない変態です。

初鹿議員の気になるインタビューのコメントです。

--支援者の女性に対し、強制わいせつに当たるような行為をされたそうですが?

「それは知らないけど」

--タクシーの中で女性に何をした?キスや胸を触ったと聞いているが?

「それは覚えていない、分かんない、合意があったら、合意があったら別に」

--何が合意だった?

「それは記憶にないんで、すみません」

--なぜ「合意」という言葉を使った?

「いや、それはちょっと、たまたま」

初鹿議員は、瞬きの回数がかなり多く、如何にも焦ってますといった雰囲気。

そして、「合意」という言葉。

初鹿議員は、妻子のある身です。

合意があればいいのでしょうか。

また、女性は、合意をしていません。

全くもって、自分勝手なコメント。

焦っていたとしても、愚かとしか言いようがありません。

これが、国会議員なのでしょうか。

スポンサーリンク

被害の女性は?

被害にあった女性の年齢が気になります。

若かったので狙われたのでしょうか。

2015年5月から、これまで、心の中で留めて我慢をしていたのかもしれません。

警察への被害届を検討するとのことです。

嫁や子供は?

初鹿議員には、奥さんと3人の子供がいます。

子供の構成は、高校生の長女、中学生の長男、小学生の次女。

3人とも、女性問題はわかる年齢のようです。

去年はラブホテル連れ込み未遂

去年12月22日、「週刊新潮」に女性をラブホに強引に連れ込もうとしたことが報じられました。

結局は拒否されたのですが、女性の腕をつかみ、強引にホテルの入り口に連れ込もうとする写真が掲載されました。

初鹿議員は、新潮の直撃取材に「ホテル行こうって、相手もいいって言ったからね」「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」などと答えています。

今回の文春と、まるで同じコメント。

学習能力のない人です。

この問題で、当時所属の民進党の対応は、21日付で青年局長を辞任、野田佳彦幹事長が口頭で厳重注意しました。

蓮舫代表は「非常に遺憾だ。特に(週刊新潮の記事の)インタビューを受けたとされる記述があり、事実関係を確認しているが、内容は女性に対する言動(として適切)ではない」「われわれの監督不行届かもしれないが、2度とこういうことがないようにしていきたい」と述べていました。

スポンサーリンク

初鹿議員のプロフィール

昭和44年4月15日生まれの48歳。

江戸川区立小松川第二小学校卒業。

小松川第二中学校卒業。

都立両国高校卒業。

東京大学法学部卒業。

衆議院議員・逢沢一郎氏の秘書を経て、平成9年、東京都議会議員選挙に出馬するも落選。

衆議院議員・鳩山由紀夫氏の秘書を経て、平成13年、東京都議会議員に当選、2期務めます。

平成21年、衆議院選挙に初当選。

平成24年、衆議院選挙で落選。

平成26年、衆議院選挙、比例東京ブロックで当選。

宝物は、妻、長女、長男、次女とのこと。

言っていることと、行動があっていません。

おわりに

青山議員といい、気持ち悪いアプローチの仕方をする議員が目立ちます。

彼らは、国民の代表という自覚がないのでしょうね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 捨てる より:

    教員に警察官に国会議員
    どうしようもないな

コメントを残す

*