平尾昌晃さん死去…お別れ会の予定は?葬儀・告別式は親近者にて行う予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21日、歌手で作曲家の平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんが亡くなりました。

享年79歳。

死因は肺炎。

葬儀・告別式は近親者で行うとのことです。

スポンサーリンク

平尾昌晃さんは以前から肺を患っていた

21日午後11時40分、平尾昌晃さん(享年79歳)が都内の病院で亡くなりました。

平尾さんは、以前から肺を患っていたようです。

今年5月に体調を崩し、1か月ほど入院。

一時は回復したのですが、7月中旬に症状が悪化。

再度入院していましたが、数日前に容体が急変しました。

葬儀・告別式は、親近者で行うとのことです。

平尾昌晃さんのプロフィール

  • 出生名:平尾勇
  • 別名:平尾昌章
  • 本名:平尾昌晃
  • 生年月日:1937年12月24日
  • 出身地:東京府東京市(現東京都新宿区)
  • 学歴:慶應義塾高等学校中退
  • 職業:作曲家・歌手


社団法人日本作曲家協会・常務理事、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事をされておりました。

出生名は「平尾勇」であり、幼少時にたびたび改名。

デビュー初期の芸名である「昌章」を経て、現在は芸名と同じ「平尾昌晃」を本名としています。

「レート化粧料」で知られる大正時代から昭和初年にかけて名を馳せた化粧品メーカー「平尾賛平商店」の二代目社主・平尾聚泉は祖父。

クラシックの作曲家・国立音楽大学教授の平尾貴四男は伯父。

慶應義塾高等学校中退後、ウエスタンの人気バンド『チャック・ワゴン・ボーイズ』に入ります。

1957年、石原裕次郎さん主演の『嵐を呼ぶ男』に出演。

1958年1月、キングレコードより「リトル・ダーリン」でソロ・デビュー。

その後、ミッキー・カーチスさん、山下敬二郎さんと「ロカビリー三人男」として「日劇ウエスタンカーニバル」等でロカビリー旋風を巻き起こします。

60年代半ばからは、作曲家として活躍。

代表曲は、布施明さん「霧の摩周湖」、小柳ルミ子さん「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」、五木ひろしさん「よこはま・たそがれ」「夜空」、梓みちよさん「二人でお酒を」など。

歌手としては、畑中葉子さんとデュエットした「カナダからの手紙」がヒット。

2001年、モンブラン国際文化賞受賞。

2002年、特定非営利活動法人「ラブ&ハーモニー基金」を設立。

2003年、紫綬褒章受章。

2005年、歌手を目指す若い人、生徒のために自主レーベルのHMSレコードを立ち上げ。

2006年の『NHK紅白歌合戦』では、逝去した宮川泰さんの後を受け「蛍の光」の指揮を務めていました。

お別れ会は?

秋頃に音楽葬を計画しているとのことです。

おわりに

79歳という若さで亡くなった平尾昌晃さん。

次男の平尾勇気さんは、度々お父さんを引き合いに出し、テレビ出演していました。

改めまして、ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*