ヒロミ リフォームブーイングの理由は?24時間テレビ本銚子駅舎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の24時間テレビの企画で行われた「ヒロミの24時間リフォーム~オンボロ駅を直そう!~」。

せっかくキレイにリフォームされた駅舎に批判がおきています。

その理由は?

スポンサーリンク

どのような企画だったのか?

JCASTニュースの記事です。

1923年に建てられた銚子電鉄・本銚子駅(千葉県銚子市)の駅舎が、「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の企画でリフォームされた。

2017年8月26日、27日放送の「24時間テレビ」では、「ヒロミの24時間リフォーム~オンボロ駅を直そう!~」と題した企画が放送された。これはタレントのヒロミさん(52)が、番組の放送中に駅舎の「生改装」に挑戦するという趣旨だ。

本銚子駅舎は築94年。一日平均の乗員人員は86人(千葉県統計年鑑、2015年度の数字)で、主な利用客は駅のすぐ側にある市立清水小学校の生徒たちだ。

番組では、今回のリフォームは清水小学校の生徒たちが依頼したものだと説明。「崩れそうで怖い」「電気もついていない」という生徒の声を紹介しつつ、番組ナレーションでは、

「あらゆるところが朽ち果てた本銚子駅の駅舎。運営する銚子電鉄も、『お金がなくて手が付けられない』という」

と説明した。実際、リフォーム前の駅舎はトタン屋根の一部がはがれ落ちたり、壁に穴が開いたり……と、老朽化が進んでいた。

いったい、ヒロミさんはこの駅舎をどう改装したのか。

番組終盤に完成後の姿が披露された駅舎は、外壁にレンガ調のパネルが埋め込まれた「大正ロマン風」の仕上がり。サビだらけだったトタン屋根は、鮮やかなエメラルドグリーンに。待合室には、小学校の生徒たちが手作りしたガラスを埋め込んだ「ステンドグラス」も設置された。

新たに生まれ変わった駅舎に、普段から駅を利用する生徒たちは感激。番組では、「すごいです!」などと興奮気味の生徒たちが、番組側にお礼の手紙を送る一幕も。思い思いに感謝の言葉を口にする生徒たちの姿に、ヒロミさんは涙をこぼしながら「よかった…」と呟いていた。

引用元 JCASTニュース

駅は利用されてなんぼ。

使いにくかったり、劣化すれば、直すのは当然だと思います。

ましてや、駅舎は危険な状態でした。

現存する歴史的建築物も、手直しをしたり、よりグレードアップしています。

スポンサーリンク

鉄道ファンの声は?

だが一方で、このリフォームに複雑な思いを抱く人々もいる。それは、以前の本銚子駅のノスタルジックな雰囲気に魅力を感じていた鉄道ファン達だ。

苔むした木の柱に、青黒く錆びついたトタン屋根。周囲にあるのはうっそうと茂る木々だけ。そんなかつての駅舎の光景に趣を感じていた人々から、ツイッターやネット掲示板には、

「キレイにはなったが情緒もノスタルジーも無くなった」
「せっかくの風情が台無し」
「もう戻らないんだろうか」

などと残念がる声が出ている。さらには、「ぶち壊しじゃねえか元に戻せ」などと強い語調で訴えるユーザーの姿もみられた。

引用元 JCASTニュース

こういった意見も理解できます。

なかなか、リフォーム前のあのような駅舎は、あまり残ってないでしょうから。

銚子電鉄はどう思う

こうした鉄道ファンからの意見について、銚子電鉄はどう考えるのか。同社鉄道部の担当者は8月30日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「駅舎の改装後、地元の皆様には連日のように足を運んで頂いています。私どもに届いている意見は、『リフォームしてくれて本当によかった』と好意的なものばかりです」

と話す。

一部で改装を残念がる声が出ていることについては、「安全面を考えると、以前の状態を続けることも難しかった」と説明。その上で、

「もちろん当社としても、本銚子駅の雰囲気は大切にしています。実際、日本テレビ側には『古さを残してリフォームして欲しい』との要望を伝えていましたから」

とも明かした。

担当者は取材の終わり、「個人個人で捉え方が違う問題ですので、難しい所ではありますが…」と前置きした上で、

「鉄道ファンの皆様の思いは痛いほど分かりますが、ローカル線の大きな使命は『地域貢献』にあるとも考えています。今回のリフォームを受けて、普段から駅を利用されている地元の方々が喜んでいる。そこは、やっぱり大きいと感じますね」

と話していた。

引用元 JCASTニュース

この考えが本質だと思います。

所有者の銚子電鉄は、顧客の満足がなければ経営が成り立ちません。

その顧客が喜んでいるんですから。

おわりに

この問題は、短期間で評価できるものではないと思います。

これから、長く使っていって、利用者の満足感やマニアの評価も変わってくるでしょう。

このリフォームした駅舎が、94年経てば、風情が出るかもしれませんし。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*