櫃間功次郎(ひつま)顔画像住所と勤務先は?事故現場どこ?群馬県警前橋東署巡査長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県警は酒に酔って車を運転し、電柱に衝突するなどして逮捕・起訴された巡査長・櫃間功次郎(ひつま・こうじろう)被告(56)を懲戒免職処分にしました。

櫃間被告は今月4日、前橋市内の市道を酒に酔った状態で運転したとして逮捕・起訴されていました。

スポンサーリンク

どのような事件か?

TBSの報道です。

 群馬県警は酒に酔って車を運転し、電柱に衝突するなどして逮捕・起訴された巡査長を懲戒免職処分にしました。
 懲戒免職処分を受けたのは群馬県警・前橋東署地域課の巡査長、櫃間功次郎被告(56)です。櫃間巡査長は今月4日、前橋市内の市道を酒に酔った状態で運転したとして逮捕・起訴されました。
 当時、自宅で酒を飲んだ後、車を運転して標識や電柱などに衝突し、意識が朦朧とした状態で車内にいたところを警察官が発見、呼気からアルコールが検出されていました。
 警察によりますと、櫃間巡査長は医師から飲酒について指導を受けていたということで、群馬県警は「県民の信頼を損なう行為で極めて遺憾。職員への指導徹底に努める」としています。

引用元 TBS

櫃間被告は、過去に飲酒依存に関して投薬治療し、現在も医師の健康指導を受けていました。

そのため、県警は過度に飲酒しないよう指導していました。

にも関わらず、休日だった4日、自宅で飲酒し、車で買い物に出掛けたようです。

そして、標識や電柱に車をぶつけ、意識が朦朧とした状態で車内にいたところを警察官が見つけました。

アルコール依存であろうが、警察官にあるまじき行為です。

なぜ、櫃間被告を、飲酒しないよう指導した程度で、放置してしまっていたのでしょう。

櫃間被告は、これまでも、飲酒運転が、たまたま見つかっていなかっただけで、何度も繰り返していたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

櫃間被告とは?

櫃間被告の顔は公表されていません。

なぜか、警察官は、いつも公表されません。

FacebookやTwitterも特定できませんでした。

住所は、前橋市大友町です。

櫃間被告の車です。

勤務先は、群馬県警・前橋東署。

事故現場は?

事故現場は、前橋市元総社町2丁目の市道です。

おわりに

本来、道交法を指導したり、取り締まる立場の警察官による飲酒の事故。

警察官とは、なんなのかと考えさせられます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*