藤井聡太四段の30連勝への相手佐々木勇気五段は29連勝を視察!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井聡太四段(14)が、30連勝に臨む相手は、佐々木勇気五段(22)。

佐々木勇気五段は、万全を期すために、藤井聡太四段が29連勝をした26日の対局を観戦。

佐々木勇気五段も「将棋の天才少年」と呼ばれた男、藤井聡太四段にとって、増田康宏四段(19)に続く難敵であることは間違いありません。

スポンサーリンク

対戦は7月2日(日)

藤井聡太四段と佐々木勇気五段の対局は、7月2日(日)。

29連勝した増田康宏四段戦に引き続き、竜王戦決勝トーナメントの2回戦となります。

藤井聡太四段は、またも大きなハードルを乗り越え、史上最年少タイトル獲得に近づくことができるのか、期待が膨らみますね。

佐々木勇気五段、藤井聡太四段の対局を観戦

6月26日、藤井聡太四段が29連勝した対局の部屋の片隅に不自然に正座した若者がいました。

その若者が、佐々木勇気五段です。

プロが対局を観戦するのは禁止されてはいませんが、実際に観戦する人は滅多にいないそうです。

佐々木勇気五段は、それだけ藤井聡太四段に対し、並々ならね意気込みがあるのでしょう。

その証拠に、佐々木勇気五段の観戦は、1度だけではなかったのです。

藤井聡太四段が24連勝した6月10日にも観戦しています。

佐々木勇気五段は、このときから、7月2日の対戦を想定していたのかもしれません。

それにしても、画像でもわかるように、観戦している佐々木勇気五段、相当目立っていたと思います。

本人は真剣なんでしょうが、笑えますよね。

佐々木勇気五段も天才少年だった

佐々木勇気五段も、藤井聡太四段同様、天才少年と呼ばれていました。

小学3年生のとき、全国小学生倉敷王将戦低学年の部で優勝。

小学4年生では、小学生将棋名人戦で優勝しています。

これは、渡辺明竜王・棋王(33)以来の史上2人目の最低学年記録です。

さらに、佐々木勇気五段は、その渡辺明竜王・棋王に今年の4月に勝っています。

いつも思うのですが、藤井聡太四段の対局相手は強敵と言われる人ばかりですよね。

というよりも、棋士はみんな天才と呼ばれてきた人ばかりなので、プロ棋士は全員強敵なんだと思います。

竜王戦決勝トーナメントの展望

こちらは、竜王戦決勝トーナメント表です。

引用元 日本将棋連盟HP

3回戦以降は全員八段以上の強敵です。

また、竜王挑戦者決定三番勝負は、おそらく羽生善治三冠(46)が上がってくると思われます。

羽生善治三冠は、30年前、藤井聡太四段同様、将棋ブームを巻き起こした天才棋士です。

2016年の年間獲得賞金・対局料ベスト10のトップです。

しかも、過去22回、トップを取っています。

実は、そんな羽生善治三冠に、藤井聡太四段は今年4月23日に非公式戦ですが、勝利しています。

こんな情報を聞いてしまうと、藤井聡太四段の竜王挑戦を期待してしまいますよね。

前回対局のAbemaTVの視聴数は歴代2位

6月26日の増田康宏四段との対局は、AbemaTV開局以来歴代2位となる793.9万視聴を記録したそうです。

今回も、AbemaTVで生中継が予定されています。

対戦は日曜日ですから、前回を上回る視聴があるかもしれません。

ちなみに、AbemaTVの歴代視聴数1位は、5月7日放送の「亀田興毅に勝ったら1000万」で1,420万視聴です。

佐々木勇気五段の人気

佐々木勇気五段は、将棋界ではイケメンで知られています。

また、おしゃれ、トークが面白いと評価されています。

ですから、将棋界では人気があるようです。

藤井聡太四段に勝ってしまったら、今度は「佐々木勇気ブーム」があるかもしれません。

何れにせよ、この「将棋ブーム」はしばらく続きそうです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*