池上彰安倍晋三首相の中継で嫌がらせ?当選アナウンスはわざと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月22日に放送された選挙特番「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京系)で、自民党・安倍首相との中継中、当選のアナウンスや拍手が大音量でされるハプニングがありました。

これはわざととしょうか。

スポンサーリンク

あり得ないハプニング

前代未聞のハプニングです。

「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」で、自民党本部に中継をつなぎ、池上彰さんが安倍晋三首相にインタビューのとき。

中継先の後ろで、自民党の当選アナウンスやそれに対する拍手が、あり得ない音量で流れました。

おかげで、安倍首相への質問がうまく伝わらなかったり、視聴者にも聞き取りにくいものに。

池上さんが、安倍首相に「聞こえますか? 大丈夫ですか?」と尋ねた後に質問を言い直す場面も。

なぜ、中継中に、わざわざそんなことをしたのか。

音量を下げる配慮をなぜしなかったのか。

疑問は計り知れません。

岸田文雄政調会長にクレーム

ハプニングから1時間後、池上さんは、岸田文雄政調会長と中継で、「岸田さんにお話を聞く前に、ちょっと一言申し上げておきたい」と切り出します。

そして、「安倍さんとのやり取りで声が聞こえなくなってしまった」「本来、テレビ局との中継のときには、そういうことをしないのがルールだったはず」「極めて異例」「こちらと安倍さんとのやり取りがうまくいかなかったことについて、極めて異例のことだったと、一言申し上げておきます」とクレーム。

それに対し、岸田政調会長は「ご迷惑をおかけしたならば、これはお詫びを申し上げなければならないと思います」と謝罪していました。

おわりに

池上さんが鼻につくから、嫌がらせをしたのかは不明です。

ただ、わざとではないにしても、配慮は必要ではないでしょうか。

与党の態度とは、到底思えません。

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています。

池上彰の「政界『悪魔の辞典』」の内容とは??総選挙ライブで出来事や専門用語の解説書を紹介

選挙特番リポートのこじるり(小島瑠璃子)の眉毛が太い!その理由や目的は?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*