今井翼がメリー喜多川文春インタビューでケンカ?ジャニーズ脱退CULEN合流?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月初旬に活動休止を表明したアイドルユニット「タッキー&翼」の今井翼さん(35)が、ジャニーズ事務所を退所し、CULENに合流か?という記事がでました。

今井さんは、一本気があり、以前から、メリー喜多川さんと藤島ジュリー景子に不満を持っていました。

この記事は東スポではありますが、あり得る話かもしれません。

スポンサーリンク

ジャニーズ退所報道と滝沢秀明との確執

東スポの記事です。

 今月初旬に活動休止を表明したアイドルユニット「タッキー&翼」の今井翼(35)が、ジャニーズ事務所の次期社長・藤島ジュリー景子氏(51)と大ゲンカしたという衝撃情報をキャッチした。原因はズバリSMAPだ。もともとSMAPを敬愛していた今井は、ジュリー氏の母・メリー喜多川副社長(90)が「週刊文春」のインタビューに答えたことがSMAP解散の直接の引き金になったと主張し、2人は言い争いになったという。今井はすでに腹をくくっており、退所した元SMAP3人の“新しい地図”に加わる可能性まで出てきている。

「タッキー&翼」が活動休止のリリースをマスコミ各社に流したのは9月3日。そこには15周年を迎えた同月をもって休止に入る旨がつづられていた。

 実質的な解散とみられるが、不可解だったのが理由だ。リリースに記されていた「それぞれがスキルアップを目指した個人活動に専念することで成長」するためという目的は、活動を休止しなくても可能なはず。本紙既報のように、ジャニーズ事務所幹部の寵愛を受けて表街道を歩く滝沢秀明(35)に今井は不満を抱いていたこともあるが、実はそれだけではなかった。決め手になったのはSMAPだ。

 今井を知る関係者が明かす。

「もともと要領の良い滝沢のことを今井がおもしろく思っていなかったのは事実。それで回ってくる仕事の質が違いますからね。ただ、確執の決め手になったのはSMAP解散です。(昨年)『週刊文春』に直撃された滝沢が『あいつら(SMAP)はアホだ』と答えたように、あくまでジャニーズあってのSMAPというのが滝沢のスタンスでした。でも今井は、メリー氏がわざわざ『週刊文春』の取材に答えたから解散したんだと主張するのです。それで今井と滝沢は何度もケンカしており、もう修復はできませんね」

 2015年1月発売の同誌に、約5時間にわたるメリー氏のインタビュー記事が掲載された。取材の際にメリー氏は、SMAPの育ての親であるマネジメント室長・I女史を呼びつけ、同女史が事務所内に派閥をつくるのなら「SMAPを連れていっても今日から出ていってもらう」と叱責。それがSMAP解散への“号砲”となったのは記憶に新しい。

「実は、I女史はその直後、事務所内のI派のメンバーを集めて『覚悟はできてる? 今から動くわよ!』とゴーサインを出したのです。そこからどんどん行動に移していきました」(I女史の知人)

 結果的に木村拓哉(44)、中居正広(45)は事務所に残留し、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が今月8日をもって退所した。全員の退所という当初の予定とは違ったものの、I女史は、クリエーティブ会社「CULEN(カレン)」を設立。ネットを中心とした活動をプランニングしていった。そんな混沌とした中、今井だけは一連の解散騒動を看過するわけにはいかなかったという。
 前出の関係者が言う。

「ジュリーさんに『解散はおかしい』と訴えたそうです。何でメリーさんは文春の取材に10ページにわたって答えるんだと。今井は曲がったことに対しては、(相手の)立場が上でもガンガン言いますからね。ジュリーさんとはかなり言い合ったらしいですよ」

 もともと今井はSMAPを敬愛していただけに、理不尽な形で彼らが解散するのはガマンならなかったのだろう。退所するメンバーと時期を示し合わせたかのように「タッキー&翼」が休止を表明したのは偶然ではないのだ。

 ということは、もちろん今後は今井の退所もあり得る。

「向かう先は『カレン』です。すでに今井は腹をくくっています。退所したメンバーと同じく、ネットを中心とした芸能活動を展開していくのではないでしょうか。もともとジャニーズは退所した3人がこれほど早く手を打ってくるとは思っていなかったそうなので、もし、今井が加われば、かなりのダメージでしょう」(テレビ関係者)

 稲垣、草なぎ、香取は11月2日、AbemaTVで72時間の生放送に出演する。今、まさに反ジャニーズが反撃のノロシを上げようとしている。

【I女史「スマステ」最終回のファン見て自信】元SMAP3人の事務所退所後、I女史は香取とファンとのやりとりを知って自信をつけたという。

 それは23日に16年間の歴史にピリオドを打った香取の「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)だった。この日、テレ朝の周辺には約600人のファンが待機していたが、局入りした香取は、わざわざ車から降りてファンに手を振った。

 I女史の関係者は「『こんなにファンが来てくれるなら大丈夫』と思ったそうです。要するにI女史が見極めたかったのは、リアルなファンがジャニーズを抜けてからもちゃんとついてきてくれるかどうかでしたからね」と語った。つまり、あの最終回での様子は、退所した3人の今後を占う“リトマス試験紙”だったいうわけだ。

 芸能関係者も「ファンはジャニーズ事務所のファンではなく、グループや個人のファンですからね。そういう意味では、退所してもちゃんとついてきてくれるというお墨付きが得られたので、今後やりやすくなると思いますよ」と指摘した。

引用元 東スポ

今井さんは、酒を飲んでは、「SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない」と言っていたようです。

今井さんは、中居さんをとても慕っていました。

このようなエピソードがあります。

今井さんは、SMAPの中居正広と同じ中学出身。

1998年に放送された月9ドラマ『ブラザーズ』(フジテレビ)では、主演である中居さんの弟役として出演。

今井さんが2014年にメニエール病を患い休養したときには、中居さんから直筆の手紙と空気清浄機をプレゼントされたことを自分のラジオ番組で語っています。

2016年8月15日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ)のビストロスマップに片岡愛之助さんが出演した際、フラメンコと歌舞伎のコラボである舞台『十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門』のVTRが流れました。

すると、中居さんはすぐさま「これ翼出てんだよね~」とうれしそうにコメント。

今井さんが中居さんを慕っているだけではなく、中居さんも今井さんをかわいがっていました。

そういったこともあり、SMAPをバラバラにされたことは、許せなかったのかもしれません。

また、滝沢さんは、ジュニア時代からジャニーさんやメリーさんから可愛がられ、中堅タレントの中では「小さいジャニーさん」と呼ばれるくらい権力をもっているそうです。

SMAPアホ発言も、メリーさんの意向を代弁したものといった話も。

今井さんと滝沢さんは、元々プライベートでも仲良しでした。

しかし、この発言をきっかけに確執となったとされています。

スポンサーリンク

メリー喜多川の文春インタビュー

メリーさんの2015年1月13日「週刊文春」インタビューとは、藤島ジュリー景子をジャニーズ次期社長に指名したときのものです。

インタビューの中で、メリーさんが「今ここではっきり言っておきますけど、どんな派閥関係があるというのですか?」と話したことから、SMAP解散問題が勃発したといってもおかしくありません。

当時、藤島ジュリー景子さんがマネージメントしていたのは、嵐、TOKIO、関ジャニ∞、NEWS、KAT-TUN、Hey! Say! JUMPなど。

一方、飯島三智さんのマネージメントは、SMAP、山下智久、セクゾ、キスマイ、A.B.C-Z、ジャニーズWESTなど。

この2人が、ジャニーズにとって、大きな柱でした。

インタビューの最中、メリーさんは「飯島を注意します。今日、辞めさせますよ」と言い始めます。

すると、絶対的な力を見せつけるかのように、「ちょっと飯島呼んでくれない?いま飯島呼んで。どこにいるのか知らない?」と現場から呼びつけました。

飯島さんは、現場から30分ほどで到着。

当時、飯島さんは「私も大変困っていまして(中略)そのように脚を引っ張りたい方もいらっしゃると思うんですよ。(中略)そのようなことは全くないので……」と完全に否定していました。

脚を引っ張りたい方というのが、気になるところですが。

そして、メリーさんは、週刊文春の根拠をもった取材内容を聞くと「あんた、文春さんがはっきり聞いているんだから、対立する(という話が事実)ならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさいと言いますよ」。

飯島さんは「派閥なんて、私は天に誓って言った覚えはありませんので。今まで生きている中で」。

さらに、メリーさんは「もし(娘の)ジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます」「うちのトップはマッチです。SMAPじゃありません」「飯島が(娘の)ジュリーと対立するということは(中略)私に刃を突きつけているのと同じでからね」。

民放テレビ局編成担当者は、これについて、「飯島さんは派閥の存在を否定していますが、SMAPをはじめとした人気タレントのキャスティング権を握る飯島さんの権勢を恐れて、周囲が次期社長のジュリーさんに匹敵する存在と見ていたのは確かです。ただ、メリーさんもいくら娘かわいさとはいえ、SMAPを一から看板タレントにまで育て上げた会社の功労者に対して、あそこまで厳しい発言をすることはないと思いますよ。あれじゃ、飯島さんも立場がないでしょう」。

ジャニーズ事務所に詳しい関係者は、「メリーさんは確かに直情型ではありますけど、とても頭のいい人。今回のインタビューもすべて計算があってのことですよ。メリーさんはインタビューの中で派閥の存在自体を知らなかったと言っていますが、そういった噂は耳にしていたでしょうし、どこかでジュリーさんと飯島さんの『立ち位置』を明確に世間にアピールしたかったんだと思います。あの記事を見る限り、過激な発言がある一方で、全体的にはかなりジャニーズサイドに気を遣っていますからね。おそらく、記事になる前にジャニーズサイドの原稿チェックも入ったはずです。それだけメリーさんも飯島さんの実力を買っていて、そのぶん怖れているということじゃないですか」

こういったコメントがありましたが、東スポによると、「実は、I女史はその直後、事務所内のI派のメンバーを集めて『覚悟はできてる? 今から動くわよ!』とゴーサインを出したのです。そこからどんどん行動に移していきました」とのこと。

実際、飯島さんは、すぐに退所し、しっかりと準備してきました。

現状の、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんを見れば、一目瞭然です。

ジャニーさんは、仲介に入っても止められなかったですし、内心悔しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

今後のジャニーズは

SMAP騒動前後から、ジャニーズのタレントたちの関係は、かなりぎくしゃくしているといった噂があります。

タレントたちが、メリーさんやジュリーさんにひいきされているかどうか、意識するようになったためのようです。

メリーさんのお気に入りは、近藤真彦さんや手越祐也さんなど。

彼らは、多少の不祥事を犯しても許されています。

一方、田中聖さんや田口淳之介さんなどは、ちょっとした素行不良や結婚の意思でバッサリ。

いい仕事の優先順位も、かなり違うようです。

SMAPほどの大物でも、このような扱いなんだと見せつけ、SMAPや飯島さんに近かったタレントの仕事は減らしている噂もあります。

そのため、過度にメリーさん、ジュリーさんに忠誠を誓うタレントが増えているみたいです。

ですが、それに反攻するタレントもいます。

今井さんは、その一例かもしれません。

今後、このように、メリーさんやジュリーさんに発言するタレントが増え、ジャニーズ退所者が増えることも考えられます。

CULENという受皿がありますからね。

東スポの記事のとおり、CULENの勢いはスゴイものがあります。

退所して、少なくても半年は活動をおとなしくするという慣例を無視し、次から次へと仕掛けてきています。

そして、ファンも、それについてきています。

ジャニーズにとって、脅威なのはいうまでもありません。

おわりに

今井さんの退所は、決定でもないですし、意思を実際示したかも断言はできません。

ただ、可能性は、かなりある気がします。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*