盗撮の埼玉入間市立中学教師(顔画像名前)と学校名どこ?校長教頭は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務先の中学校で女子生徒の着替えを盗撮したとして、埼玉県入間市立中学の男性教諭(45)が逮捕された事件を巡り、埼玉県警は23日、同校の男性校長(59)と当時の男性教頭(54)について、盗撮を隠蔽しようとしたとする証拠隠滅と犯人隠避の疑いで、さいたま地検川越支部に書類送検しました。

スポンサーリンク

何があったのか?

朝日新聞の記事です。

 勤務先の中学校で女子生徒の着替えを盗撮したとして、埼玉県入間市立中学の男性教諭(45)が逮捕された事件を巡り、埼玉県警は23日、同校の男性校長(59)と当時の男性教頭(54)について、盗撮を隠蔽(いんぺい)しようとしたとする証拠隠滅と犯人隠避の疑いで、さいたま地検川越支部に書類送検し、発表した。

 少年捜査課によると、校長は昨年5月27日、教諭が盗撮した動画をビデオカメラのハードディスクから削除させた疑いがある。また教頭とともに、盗撮を知りながら警察に届けなかった疑いも持たれている。2人は「口外しなければ公になることはないと思った。教諭に辞められると学校への負担が大きくなると思った」などと容疑を認めているという。

 県教委は23日、教諭を免職、校長を停職6カ月、教頭を減給10分の1(3カ月)とする懲戒処分を発表。校長の辞職願を同日付で承認したという。

 県警は今年5~6月に教諭を児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で2回逮捕していたが、同地検支部は両容疑について不起訴処分にしている。処分の内容や理由は明らかにしていない。

引用元 朝日新聞デジタル

この教師は、去年5月まで、約1年間、教室にビデオカメラを仕掛け、女子生徒が着替える様子を盗撮していたようです。

これは、かなり悪質です。

女子生徒は、かなりショックで、人間不信になるのではないでしょうか。

しかし、よく1年間も見つからなかったものです。

さらに酷いことに、そのことを校長と教頭は知りながらも、「教諭に辞められると学校への負担が大きくなると思った」という身勝手な理由で隠蔽。

県教委は、教師を免職、校長を停職6カ月、教頭を3ヶ月間減給10分の1とする懲戒処分。

校長は、同日、辞職したとのこと。

辞めればいいというものではありません。

教育の世界は、こういった体質なのでしょうか。

教師は誰?

教師について、現在、45歳としか公表されていません。

しかし、この教師は、一度、名前と顔を公表されています。

O・Sという人物です。

陸上部顧で、女子陸上部の更衣室にもビデオカメラを仕掛けていました。

中学校はどこ?

中学校は、入間市立東金子中学校です。

おわりに

親は、教師を信じて子供を預けています。

にも関わらず、その弱みをつくような、盗撮犯罪。

しかも、校長自ら隠蔽。

何を信じたらいいのでしょうか。

県教委には、しっかり考えてもらいたいものです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*