石橋和歩逮捕の過失運転致死容疑とは?異例レアケース?殺人罪や危険運転致死容疑は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年6月5日、神奈川県の東名高速で、追い越し車線に止まっていた車に後続車が追突し、静岡県の夫婦・萩山友香さん(当時39)と夫の嘉久さん(当時45)が死亡した事故。

石橋和歩容疑者(25)の逮捕について、やった行為が過失運転致死容疑にあたるか捜査に時間がかかりました。

この事件の詳細は、こちらをご覧ください。

東名事故で進路塞いだのは誰?犯人は石橋和歩と判明!顔画像と住所公開!

石橋和歩の彼女は誰?顔や名前、住所は?共犯にはならないの?石橋の逮捕前のコメントもあり

石橋容疑者の何が、過失運転致死容疑にあたるのでしょうか。

スポンサーリンク

過失運転致死傷罪とは?

過失運転致死傷罪とは、交通事故を起こして、被害者にケガをさせたり死亡させたりした場合に成立する可能性がある犯罪です。

過失とは、不注意でしでかす思わぬ過ちのこと。

ですから、故意がなく不注意によって相手をケガや死亡させた場合に、成立するものです。

例えば、前方不注意や脇見運転、巻き込み確認をしなかった、歩行者の飛び出しに気づかなかった、といったことでも、成立することがあります。

自分では注意していたつもりでも、「事故を避ける可能性があった」とされれば、過失が認定されてしまいます。

今回の事故の場合、追突したトラックの運転手は、これにあたります。

追い越し車線で停車という、あり得ない状況でも成り立ってしまうのです。

また、刑罰は「7年以下の懲役または禁固もしくは100万円以下の罰金」。

平成19年までは、業務上過失致死傷罪が適用されていました。

業務上過失致死傷罪の刑罰は、「5年以下の懲役または禁固もしくは100万円以下の罰金」。

つまり、現在は、刑罰が厳しくなっています。

これは、近年危険な運転による交通事故事件が多発し、被害者が重大な被害を受けているにもかかわらず、加害者には極めて軽い業務上過失致死傷罪の刑罰しか適用されていなかったため。

ですから、自動車運転の場合には、業務上過失致死傷罪の特別類型として、わざわざ自動車運転過失致死傷罪を新設しました。

また、故意や故意に近いような重大な過失によって交通事故を起こした場合には、危険運転致死傷罪となります。

刑罰は、死亡事故で1年以上20年以下の懲役、負傷事故で15年以下の懲役。

石橋容疑者は過失運転致死容疑か?

直接被害者に、ケガや死亡をさせた場合、当然、過失運転致死容疑となります。

しかし、今回の場合、石橋容疑者は、直接手を下したわけではありません。

改めて、石橋容疑者の行動を見てみます。

中井パーキングエリアで、石橋容疑者が、道を塞ぐように停車していました。

そして、萩山友香さんが運転するワゴン車が、横をすり抜けるのですが、そのとき、石橋容疑者に注意します。

すると、白い乗用車が、追いかけてきて、萩山さんの車の前に割り込みます。

萩山さんは、追い越し車線に車線変更して、逃げようとしますが、石橋容疑者は進路を塞ぎ、逃げられません。

ついには、石橋容疑者は停車し、萩山さんも停車することに。

石橋容疑者とその彼女が、車から降りてきて、嘉久さんの胸ぐらを掴み、「さっきのはけんかうってるのか」「調子乗るんじゃねーよ」「高速道路にお前投げてやろうか」と恫喝。

嘉久さんは、繰り返し「すみません」と石橋容疑者に謝ったとのこと。

友香さんは、嘉久さんが車の外に引っ張り出されないようにつかんでいたそうです。

ですが、後ろから走ってきたトラックに追突され、萩山夫婦は死亡してしまいました。

事故の1週間後、警察が事故の当事者を集め、実際の関係車両を使って、大がかりな実況見分を行ったそうです。

また、現場近くを走行していた260台以上の運転手らを特定し、聴き取り調査もしました。

そして、石橋容疑者が、無理やり追い越し車線に、萩山さんを停車させた行為が、交通事故を起こさせ、萩山夫婦を死亡させたと判断されました。

つまり、石橋容疑者が萩山さんを停車させなかったら、萩山夫婦は亡くなることはなかったのです。

警察は、大変大きな判断をしたと思います。

今まで、あまり例がなかったのではないでしょうか。

これをきっかけに、このような容疑による逮捕が増えるかもしれません。

ただ、警察は、当初、危険運転致死傷罪で立件したかったようです。

ですが、運転による事故ではなく、止まった車にトラックが衝突した事故なので断念。

また、弁護士によっては、過失運転致死傷罪にとどまらず、亡くなる可能性のある状況をつくったということで、殺人罪ではないかという意見もあります。

人を車道に縛って放っておき、その人が亡くなると殺人罪に問われるそうです。

警察は、そこも狙っているかもしれません。

過失運転致死容疑では、裁判員裁判とならないため、市民の判断は反映されません。

裁判員裁判にし、罪状を重くしたいところはあるのはないでしょうか。

今後の展開が注目です。

おわりに

石橋容疑者が逮捕されたことは、喜ばしいことではあります。

しかし、萩山夫婦は亡くなってしまいました。

元を辿れば、このようなことがなければ、悲劇は起こりませんでした。

石橋容疑者は、今、何を思うのでしょうか。

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています。

東名事故の原因は萩山さんの注意の仕方?ハザードランプで事故は防げた?

東名事故直後の萩山さん長女の行動は?なぜ子供2人は助かったのか?

石橋和歩は当たり屋だった?その内容や保険金額は?ブラックリストにも?

石橋和歩が東名事故1ヶ月前に3台も走行妨害?その目的は?保険金目的か?

石橋和歩を避ける場合は無視?それではマナー違反者を増やす?

石橋和歩の父親が「息子は大人しい性格」発言!?真意は何?父親の顔画像や名前、会社は?

石橋和歩は民事裁判の損害賠償金を支払えるのか?差押え可能な財産はあるのか?任意保険の有無は?

石橋和歩は彼女へのかっこつけで東名事故や走行妨害?彼女の性格や評判は?暴行制止は嘘?

石橋和歩危険運転致死傷罪と暴行罪で起訴!裁判員裁判で刑罰はどうなる?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*