いときん入院の病院の名前や場所は?ET-KINGリーダーがん公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ET―KING」のリーダー・いときんさん(38)が、肺腺がんと診断されたことを3日、公表しました。

ステージ4の進行がんで、脳やリンパ節にも転移。

現在入院しているいときんさんの病院について、調査しました。

スポンサーリンク

がん公表

スポーツ報知の記事です。

 ヒップホップユニット「ET―KING」のリーダー・いときん(38)が肺腺がんと診断されたことが3日、明らかになった。ステージ4の進行がんで、脳やリンパ節にも転移。年内の個人でのライブ活動を休止し、治療に専念する。

 公式サイトの発表によると、6月に毎年定期的に受けている健康診断で肺腺がんが見つかった。いときんは「7月26日から、大阪市内の病院に深部静脈血栓症の為入院しております。そしてもう1つ、治療をしなければならない病気にかかっております。病名は肺腺がんです」とコメント。「6月に健康診断を受けた際に発覚し、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが分かりました。リンパ節、そして脳にも転移しております」と明かし、「これから生命力を尽くし、家族、仲間と共に病気と向き合い、治療法を選択し専念していきたいと思っております。ET-KINGいときんとしてのライブ活動はしばらく休ませて下さい」とした。

 また「ライブ関係者各位、イベンターのみなさまには、年内のライブにつきまして大変ご迷惑をおかけすることになりますが、事務所メンバー含め精一杯の対応をして参りますので、どうかよろしくお願い致します。ET-KINGのリーダー、いち大阪のブルースマン、そしてHIP HOPのトラックメイカーとして、自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したいと思っています。生きたい!!」と回復への強い思いを示した。

引用元 スポーツ報知

深刻ですね。

肺腺がんといえば、記憶に新しいのは、故・野際陽子さん(享年81)や中村獅童さん(44)。
野際陽子さん死去…死因は中村獅童さんも襲った肺腺がん

ステージ4とは、「がんが臓器の壁を超えて、まわりの主要な血管などに浸潤しているか、離れた他の臓器へ転移している」状態のことを言います。

いときんさんの「まだまだ作品を残したいと思っています。生きたい!!」という言葉に、パワーを感じます。

ぜひ、乗り越えてもらいたいと思います。

病院はどこ?

いときんさんは、大阪市内の病院に入院とのこと。

大阪市内のがん診療拠点病院は、6つあります。

この中のどこかに入院しているかもしれません。


いときんさんプロフィール

  • 本名:山田よしまさ
  • 生年月日:1979年3月3日
  • 出身地:兵庫県三田市
  • 血液型:A型
  • 出身中学:三田市立上野台中学校
  • 出身高校:兵庫県立有馬高等学校
  • ジャンル:J-POP
  • 職業:MC・トラックメイカー・プロデューサー
  • 担当楽器:ボーカル
  • 活動期間:1999年〜
  • 共同作業者:ET-KING

高校卒業後の1997年に大阪の福祉専門学校へ進学し、柔道整復師の免許を取得しています。

「いときん」という名前の由来は、専門学校時代に、漫画「僕といっしょ」の登場人物である伊藤茂(通称「イトキン」)に似ているという理由で呼ばれたことから。

1999年、社会人となり、その後故・TENNさん(享年35)、KLUTCHさん(38)とET-KINGを結成。

2005年、ET-KINGのメンバーと共同生活を開始。

このとき、高校時代の同級生BUCCIさん(38)と同じ寝室を使用していました。

現在、ET-KING7人は、別々に生活しています。

ET-KINGではリーダーとして活動し、プロデューサー、トラックメイク、構成など中心的な存在。

2014年に活動を休止していましたが、2015年7月1日に活動を再開。

「イトキン」を「いときん」に改名し、プロデュース名義も「高平真作」を用いることを公表。

おわりに

いときんさんは、まだまだ38歳と若いです。

回復を祈っております。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*