大阪泉佐野バス転落場所は?障害者施設ささゆり作業所と清光会とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13日午前10時15分ごろ、大阪府泉佐野市土丸の府道で「崖からマイクロバスが崖から転落した」と、119番通報がありました。

府警や泉州南広域消防本部によると、バスは府道から約5メートル下に転落し、横転したようです。

18人が乗っていて全員が病院に搬送されましたが、いずれも軽傷とのことです。

スポンサーリンク

何があったのか?

朝日新聞の報道です。

 13日午前10時15分ごろ、大阪府泉佐野市土丸の府道で「崖からマイクロバスが崖から転落した」と、119番通報があった。府警や泉州南広域消防本部によると、バスは府道から約5メートル下に転落し、横転。18人が乗っていて全員が病院に搬送されたが、いずれも軽傷とみられるという。

 泉佐野署によると、現場は片側1車線の道路でガードレールはなかったという。バスは近くにある障害者作業施設「ささゆり作業所」の人たちが乗る送迎用だった。同作業所によると、マイクロバスは利用者を迎えに行って戻るところで、担当者は取材に対し「事故現場は作業所から見えるところ。到着する寸前だった。みんな軽傷と聞いている」と話していた。

引用元 朝日新聞デジタル

事故の原因は、何だったのでしょう。

スピードを出しすぎたのか、よそ見をしていたのか。

現場は、ガードレールがなかったため、5メートル下の転落しています。

乗っていた18人は、幸い軽傷のようです。

シートベルトのおかげだったかもしれませんが、亡くなった人もでる可能性がある事故だったと思われます。

スポンサーリンク

ささゆり作業所とは?

送迎をしていた「ささゆり作業所」は、泉佐野市土丸904。

社会福祉法人・清光会が経営をしています。

  • 設立年月日:昭和63年12月27日
  • 理事長:田端誉富
  • 事務局住所:大阪府泉佐野市大木2247-1

事故の場所は?

事故の場所は、ささゆり作業所の近くとのことです。

片側1車線の道路で、ガードレールはありませんでした。

おわりに

ちょっとした不注意で、事故は起こってしまいます。

行政は、予算をつけるのが容易ではないかもしれませんが、ガードレールの設置など考える必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. さか より:

    ガードレール設置うんぬんより、この道路を道幅より大きなダンプカーが車線をはみ出して、其処退け其処退けと言わんばかり結構なスピードで走っています。先にそちらを取り締まるべき!作業所の利用者さんの1日も早い回復をお祈りします。

コメントを残す

*