大分行方不明陸上自衛隊員の顔画像名前と訓練場所どこ?原因理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陸上自衛隊第4師団司令部(福岡県春日市)は28日、大分県の日出生台演習場(由布市など)で訓練中だった第16普通科連隊(長崎県大村市)所属の男性2等陸曹(32)が行方不明になったと発表しました。

銃剣(刃渡り29センチ)や小銃、空包20発を携帯した状態とのことです。

スポンサーリンク

何があったのか?

サンスポの報道です。

 陸上自衛隊第4師団司令部(福岡県春日市)は28日、大分県の日出生台演習場(由布市など)で訓練中だった第16普通科連隊(長崎県大村市)所属の男性2等陸曹(32)が行方不明になったと発表した。銃剣(刃渡り29センチ)や小銃、空包20発を携帯した状態で、第4師団は「けがをして動けなくなっている可能性もある」として約2800人態勢で捜索している。 司令部によると、27日午後10時ごろ、敵と味方に分かれ、相手の陣地を2人一組で偵察して攻撃する訓練の際に、敵に見つかり相方と離れて逃げたまま連絡が取れなくなった。陣地に戻った相方は2等陸曹が捕虜になったと思い込んでおり、28日午後1時に敵方に照会し、不明が判明した。 日出生台演習場は総面積約4900ヘクタールで西日本最大の演習場。

引用元 サンスポ

27日午後10時ごろ、男性は、適の陣地を2人1組で偵察して攻撃する訓練をしていたとき、敵役に見つかり、相方と離れて逃げて、そのまま連絡が取れなくなったとのこと。

相方は、捕虜になった思い込んで、味方陣地に戻り、15時間後の翌日午後1時、点呼の際、行方不明がわかりました。

男性は、銃剣(刃渡り29センチ)や小銃、空包20発を携帯。

第4師団は「けがをして動けなくなっている可能性もある」として約2800人態勢で捜索しています。

訓練に参加した人数が、多いからでしょうか。

点呼までわからなかったというのは、一般的には驚きです。

現時点でも、24時間以上経っています。

演習場の総面積は、約4900ヘクタールとのことです。

ということは、東京ドーム1040個分。

行方不明になった場所は、ある程度わかっているとは思いますが、男性はどこまで逃げているのか。

屈強な自衛隊員ですから、一般人より遥かに体力があるはず。

そのいったところが、探し出すのに、困難を極めているのかもしれません。

スポンサーリンク

男性2等陸曹とは?

男性2等陸曹は32歳。

第16普通科連隊所属とのことです。

長崎県大村市の大村駐屯地に駐屯しています。

主に訓練は、大多武演習場や大野原演習場、日出生台演習場などで実施します。

行方不明になった場所は?

行方不明になったのは、日出生台演習場。

大分県玖珠郡玖珠町、玖珠郡九重町、由布市、宇佐市にまたがる陸上自衛隊の演習場です。

総面積は約4900ヘクタールで、西日本最大。

1000頭を超すシカやイノシシが生息しており、周辺で農作物の食害が広がっているため、演習の実施されない年末年始に限って、地元猟友会による有害鳥獣捕獲が行われています。

おわりに

台風22号の影響で、大雨が降っており、大変危険な状況です。

せめても雨をしのいでいれば良いのですが、体力の消耗も心配されます。

一刻も早く見つかるのを祈るばかりです。

※10月29日追記:陸自隊員発見

29日未明、男性が遺体で発見されました。

演習場内の雑木林で、首をつっていたとのこと。

携行していた小銃や銃剣などは現場付近で見つかっています。

残念な結果となってしまいました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*