鍛治舎巧 悪評判やサイン盗みとは?今後(進路)と監督退任理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

17日、夏の甲子園・2回戦で、広島・広陵に熊本・秀岳館が敗れました。

今大会限りでの退任を表明していた鍛治舎巧(かじしゃ・たくみ)監督(66)。

今回は、鍛治舎監督を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

広陵戦を終えて

デイリースポーツの記事です。

 16年春から3季連続で4強入りしていた秀岳館(熊本)が2回戦で散った。今大会限りでの退任を表明していた鍛治舎巧監督(66)は最後の指揮を終え、「3年間は幸せだった。甲子園は夢のような時間、夢のような場所だった。20数年解説をやってきて、ずっとグラウンドに立ちたかった。4回甲子園に出て、頑張ったら頑張っただけの成果が出る」と感慨深げに振り返った。
 社会人野球監督やNHKでの解説者などを経て、14年4月に就任。熊本に来た直後は「『大阪に帰れ』という怒号の方が多かった」と振り返るが、16年春に甲子園に出場すると3季連続で4強入りを果たし、「今では『おめでとう』『頑張って』と声をかけてもらえる」と3年間の成果を実感した。
 今後については「後任はいるので心配はない」と話し、自身については「(秀岳館監督を)辞めるのは決まっているが、(進路は)何も決まっていない」と白紙を強調。夢の日本一には届かなかったものの、「そこは残念だった。でも選手はよくやった」とねぎらった。

引用元 デイリースポーツ

今大会の秀岳館の売りは、川端健斗投手と田浦文丸投手の2枚看板。

優勝を狙えるチームでしたが、残念ながら2回戦は、強豪・広陵に敗れました。

鍛治舎監督は、今はゆっくりしたいのではないでしょうか?

もう66歳ですからね。

一般企業でしたら、定年退職しています。

ちなみに、秀岳館は、1923年に開校されました。

前身は、八代一高。

OBには、プロ野球で3冠王となった松中信彦さんがいます。

鍛治舎監督のプロフィール

  • 名前:鍛治舍巧(かじしゃ・たくみ)
  • 出身地:岐阜県揖斐郡大野町
  • 生年月日:1951年5月2日(66歳)
  • ポジション:外野手
  • 高校:岐阜県立岐阜商業高等学校
  • 大学:早稲田大学
  • ノンプロ:松下電器
  • 監督歴:松下電器・オール枚方ボーイズ・秀岳館高等学校

1969年、岐阜県立岐阜商業高等学校では3年生のとき、エースで4番として、春の選抜に出場。

初戦の2回戦・比叡山戦で、間柴茂有投手(元日本ハム)に投げ勝ち、大会通算100号本塁打を打ちます。

しかし、準々決勝・博多工の岩崎清隆投手(元ヤクルト)に抑えられ、3-9で敗退。

同年夏は、センターで、三岐大会決勝に進出。

決勝では、この年の春の選抜優勝校・三重高に敗退。

その後、早稲田大学に進学。

1年春からベンチ入り、5季連続打率3割以上を記録し中心選手として活躍。

1973年の第2回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、4番打者を務めています。

東京六大学リーグ通算84試合出場・280打数・87安打・打率.311・6本塁打・60打点・外野手としてベストナイン2回受賞。

早大卒業後は松下電器産業(現・パナソニック)に入社。

1975年、ドラフト会議で阪神タイガースから2位指名を受けるも入団を拒否。

その後も社会人野球で活躍するし、1981年に現役を引退。

引退後は1987~1991年まで松下電器野球部の監督を歴任。

この他にも同部長やアマチュア日本代表のコーチも歴任。

また社業にも専念し中村邦夫社長時代に労政部長を歴任。

労務部長時代、1万人のリストラといわれる実務を担当。

その後は広報部長を歴任し、広報宣伝担当の専務まで出世しました。

会社に批判的な記事が出ると、そのメディアに押しかけて担当記者を交代させる剛腕なところもあったようです。

また、パナソニックと関係の深いガンバ大阪の取締役を務めていた時期もあります。

そして、業務と並行して、大阪府枚方市を本拠とするボーイズリーグのチーム「オール枚方ボーイズ」の監督も務めています。

「オール枚方ボーイズ」では、2002年、2008年、2010年に、全日本中学野球選手権大会・ジャイアンツカップで3度優勝に導いているます。

2014年3月31日付でパナソニック専務役員を退任し、同年4月、秀岳館高等学校野球部監督に就任。

同時に、系列校の中九州短期大学副学長にも就いています。

1985年の春の選抜大会から、NHKの野球解説者として高校野球の実況放送に携わっていました。

社業に専念するため1992年の選抜大会で一旦降板しますが、1998年の選抜大会から復帰。

しかし、再び社業への専念を理由に、2010年の選手権大会をもって解説の降板を表明。

最後の解説は同大会の決勝戦。

試合後には解説者降板にあたってのメッセージも残しています。

スポンサーリンク

秀岳館監督退任理由

2017年2月、運営見直しの一環で学校側が監督交代を模索していることが表面化しました。

しかし、野球部OBや保護者から続投の嘆願書が集められ、学校側が方向転換。

そして、最大で2019年春までの続投要請を鍛治舎監督が受諾。

期間中の進退は鍛治舎監督の意思に委ねられ、退任した場合に別のポストで指導に携わることも話し合われてます。

ですが、鍛治舎監督は、今年の夏の県大会・準々決勝の7月20日、激しい動悸、胸やけを覚えます。

そして、翌日21日、練習中に口が曲がる、右肩がしびれるなどの症状も出たため救急搬送されて入院。

チームは、監督不在で、準決勝、決勝に臨みました。

鍛治舎監督の診断結果は、突発性不整脈、軽度の脳梗塞。

27日に病院を退院すると、翌日の28日から練習に合流します。

ですが、8月6日、鍛治舎監督は、監督退任を発表。

理由は、健康面は関係なく、「連続で甲子園に出られたし責任は果たせたかな。引き際は大事、いいタイミングと思う。秋からは新体制で動かした方がいいでしょう」とのこと。

退任は、1年ほど前から考えていたとそうです。

鍛治舎監督の悪評

秀岳館は「オール枚方ボーイズ」出身が多い

鍛治舎監督は、監督就任2年目で秋季九州大会で優勝。

2016年、春の選抜大会に出場し、ベスト4進出。

そして、同年夏の甲子園にも出場。

ですが、この2大会のベンチ入りに、熊本県出身者が1人も登録されていないことが批判されます。

特に、自身が監督を務めていた「オール枚方ボーイズ」からの大阪府出身者が多かったことから、大阪第2代表と揶揄されました。

また、後述します「サイン盗み事件」のこともあり、世間は「勝利至上主義」と非難。

練習試合で「帰れ」とヤジを飛ばされたこともあったとのこと。

ですが、選手の真摯な態度が浸透するにつれ、少しずつ受け入れられていき、そういった声はなくなっていきました。

秀岳館のように、県外から選手を受け入れる高校は、多々あります。

今年の夏の甲子園出場の青森山田高校もそうでした。

しかし、青森山田の場合、できるだけ地元から有望選手を発掘しようと取り組んだ結果、今年のレギュラー選手は全員青森出身者となりました。

ですが、選手側も「できるだけいい指導者の元で野球がしたい」「レギュラーを狙いたい」といった理由で県外に進学する理由も理解できます。

この問題は、一概に批判できるものではないと思います。

ちなみに、秀岳館出身のプロ野球選手です。

  • 国吉佑樹 投手 枚方ボーイズ-秀岳館-横浜ベイスターズ(2009年ドラフト育成1位)
  • 北之園隆生 外野手 秀岳館-読売ジャイアンツ(2013年ドラフト育成3位)
  • 藤吉優 捕手 福南ボーイズ-秀岳館-中日ドラゴンズ(2014年ドラフト育成3位)
  • 九鬼隆平 捕手 枚方ボーイズ-秀岳館-ソフトバンクホークス(2016年ドラフト3位)
  • 松尾大河 内野手 枚方ボーイズ-秀岳館-横浜ベイスターズ(2016年ドラフト3位)

鍛治舎監督のおかげで、プロ野球に入れた選手もいるはずです。

あと、オール枚方ボーイズ出身、多いですね。

スポンサーリンク

サイン盗み事件

2016年3月23日、春の選抜大会1回戦・花咲徳栄戦で、秀岳館の走者にサイン盗みを疑われる行為があり、金丸球審から注意を受ける場面がありました。

これが当時の記事です。

 秀岳館の走者にサイン盗みを疑われる行為があり、金丸球審から注意を受ける場面があった。

 秀岳館の攻撃だった4回裏2死二塁、2番打者の1球目の直後に金丸球審が二塁に駆け寄り、走者木村勇次外野手(3年)に注意。さらにベンチの鍛治舎巧監督(64)にも注意を与えた。

 木村の手の動きが捕手のサインを見て、打者にコースを教えている疑いがあるとされた。木村は試合後「ユニホームの裾がめくれ上がってくるので、それを直した」と話した。

 日野高大会審判副委員長は「金丸から3回に疑いがある、の報告があった。4回に注意しましたが、その後はなかったと聞いている」と説明。大会規定はサイン盗みはもちろん、疑いも認めない。罰則はないが、注意を与え、やめさせるとしている。鍛治舎監督は「フェアプレーは大事。選手たちには、紛らわしいことはやってはダメ、と言っていたので残念に思う。教育の一環として、そういうことはやってはいけない。しっかり注意したいと思います」と話した。

引用元 日刊スポーツ

この「サイン盗み」は、昔の高校野球やプロ野球では当たり前の行為だったのですが、現在では厳しく禁止されています。

こうした行為に走る選手の気持ちは、よくわかりますけどね。

ちなみに、サイン盗みは、2013年の夏の大会で、花巻東も注意を受けています。

鍛治舎監督の今後は

鍛治舎監督は、今後の進路は決めていないそうです。

以前、学校側と打ち合わせしたように、別のポストで指導に携わるのか?

それとも完全引退するのか?

パナソニックに戻ることは考えにくいかなと思います。

しかし、何らかの形で、野球の仕事をするのかもしれませんね。

野球が好きで、パナソニックを辞め、秀岳館の監督になったのですし。

あと、また高校野球の解説に戻ってきてもらいたいと個人的に思います。

鍛治舎監督の解説は、聞いていても心地よかったですから。

おわりに

監督としては、3年と短かったですが、多大な貢献をした鍛治舎監督。

川端投手も田浦投手も、「オール枚方ボーイズ」の監督だった鍛治舎監督を慕って秀岳館に入学し、成長しました。
進化する豪腕左腕!川端健斗(秀岳館)の球速はどこまで伸びる?
貫禄のエース!田浦文丸(秀岳館)はクレーバーな奪三振王!

これだけの指導者が引退となると、もったいない話だと思います。

今後を見守りましょう。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


※12月25日追記:県岐阜商監督就任へ

鍛治舎氏が、母校の県岐阜商監督に就任することになりました。

鍛治舎巧が母校・県岐阜商監督就任!秀岳館退任理由はこのため?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*