柿元泰孝と由加里顔画像住所や監禁状況は?大阪寝屋川長女死体遺棄逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府寝屋川市の自宅に長女・柿元愛理(かきもと・あいり)(33)の遺体を遺棄したとして、大阪府警は、会社員柿元泰孝(かきもと・やすたか)容疑者(55)と妻の由加里(ゆかり)容疑者(53)を 
日に死体遺棄容疑で逮捕しました。

府警は25日、司法解剖の結果、長女は凍死だったと発表しました。

スポンサーリンク

どのような事件か?

毎日新聞の報道です。

 同居する長女(33)の遺体を大阪府寝屋川市の自宅に放置したとして両親が死体遺棄の疑いで逮捕された事件で、大阪府警は25日、死亡した柿元愛里さんは体重が約19キロで極端に痩せていたと明らかにした。身長は149センチだった。司法解剖の結果、死因は栄養失調状態で寒い環境に置かれた凍死と判明。愛里さんは十数年間、2畳の部屋に監禁されていたとみられ、府警は殺人容疑などを視野に生活実態を詳しく調べる。

 捜査1課によると、父親の柿元泰孝(55)、母親の由加里(53)の両容疑者は、愛里さんが16~17歳ごろに精神疾患を患ったと説明。暴れるなどしたため、二重扉で内側からは開けられない部屋で生活させていたという。最近の食事は1日1食で、水分は、部屋の外から引き入れられたチューブを通じて補給していた。

 府警はこうした生活の末に愛里さんが衰弱して死亡したとみて両親を追及する。

 18日朝、布団の中で動かなくなっている愛里さんに両親が気付き、23日に府警寝屋川署に自首した。

引用元 毎日新聞

両容疑者は、愛里さんに精神疾患があったため「暴れるので、16、17歳の頃から自宅内に造ったプレハブ(の部屋)に入れていた」と話しているとのこと。

17年近くの監禁です。

プレハブの広さは2畳ほどで、2重扉で外側から施錠する仕組みになっていました。

内部からは鍵は開けられず、室内には監視カメラが付けられて暖房もありませんでした。

プレハブ内には、簡易トイレが設置されていましたが、窓はないとのこと。

最近は1日1回しか食事を与えておらず、水分は外側に設置した給水タンクからチューブを通じて飲めるようにしていたといいます。

お風呂とかはどうしていたのでしょうか。

歯磨きは?

歯磨きをしていないとしたら、虫歯もできるでしょう。

歯は、抜け落ちてしまっていたかもしれません。

モノは噛めたのでしょうか。

そんな状況だったこともあり、愛里さんは低栄養状態で衰弱し、凍死で亡くなりました。

亡くなったときの愛里さんは、身長149センチで、体重がわずか19キロ。

それは、6歳児の女性の平均体重。

見た目も異常だったと思います。

18日朝、布団の中で動かなくなっている愛里さんに両親が気付き、23日に自首して発覚。

愛里さんは布団の上に横たわっていたそうです。

2人は「死んだあとも一緒にいたかった」などと容疑を認めているということです。

愛里さんをどうしたかったのでしょう。

命を断つわけにはいかないので、とりあえず生かしていたのでしょうか。

2人が言うような愛情は、この状況では感じることができません。

また、今後、愛里さんをどうしていくつもりだったのでしょうか。

自分たちが年老いていっても、このままの生活をする気だったのでしょうか。

スポンサーリンク

泰孝、由加里両容疑者とは?

2人の顔画像は公開されていません。

愛里さんが亡くなった場所でもある住所は、大阪府寝屋川市秦町。

おわりに

精神疾患で、なぜ、このような状況の監禁をしてしまったのでしょう。

しかも、17年近く。

やせ細っている状態もわかっていたはずです。

このような状態では暴れることなどできないと思われます。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

※12月26日追記:愛里さんとは機器で会話、胃に内容物はなかった

両親と愛里さんの会話は、スピーカーなどの機器を通してされていたようです。

本人を直視できなかったということでしょうか。

また、司法解剖の結果、愛里さんの胃に内容物はなく、皮下脂肪もほぼなかったそうです。

愛里さんの背中には床ずれの痕があり、亡くなる直前は身動きが取れないほど衰弱し、食事も自力で取れなかったとみられています。

両親は、動けない状況をカメラで見ていたはず。

声でもわかるでしょう。

なぜ、放っておいたのでしょう。

両親は「日がたち、犯罪になるのではと思うようになった」とも話しているとのこと。

※12月26日追記:亡くなったときの状況

警察によると、今月18日午前1時頃、父の泰孝容疑者が愛里さんの寝顔を確認し、午前8時半過ぎに再び見た時には息をしていなかったそうです。

そのことを由加里容疑者に伝えると、由加里容疑者は「119番通報したら娘が自分の元から離れるので寂しい。届けるのをもう少し待って欲しい」と話したとのこと。

監禁しておいて、なぜこのような感情があるのか。

理解し難い供述です。

スポンサーリンク

※12月27日追記:プレハブは防音?一家は近所と面識なし

プレハブには、クーラーは装備されていたことがわかりました。

エアコンでしたら、暖房もできそうな気がしますが、暖房施設はなかったとしています。

また、監禁に使われていた間仕切りは相当の厚みがあったことも判明。

両親が音が室外に漏れないようにしていた可能性があります。

一家は地域とほとんど関わることなく生活していたようです。

近所の80代の男性は「40年ぐらい生活しているが面識がない。3人が暮らしていたとは知らなかった」と話します。

別の女性(43)は「自治会にも入っていなかったのではないか」とのこと。

※12月27日追記:精神障害者保健福祉手帳

愛里さんは、小学生のころに精神疾患を発症し、中学生ごろから学校にほとんど通わなったそうです。

精神疾患の患者には、自治体から精神障害者保健福祉手帳が発行され、福祉サービスを受けることができるとのこと。

しかし、同市によると、両容疑者から愛里さんに関する相談は寄せられなかったといいます。

警察は、両親が精神疾患を隠すために監禁していた可能性があるとみて実態を調べています。

なぜ、隠す必要があったのでしょう。

もっとオープンにすれば、近隣の方も助けてくれた気がします。

※12月27日追記:自宅にカメラ10台以上

愛里さんが監禁されていた2畳間の室内外に10カ所以上の監視カメラが設置され、常時自宅内の別室のモニターで確認できるようになっていたようです。

カメラは、さまざまな方向に向けて、天井からつるしたり、壁に埋め込むなど。

自宅は2メートル以上の塀に囲われており、警察は、両親が愛里さんを過剰に監視し、周囲の目に触れて監禁が発覚しないよう、こうした仕組みを作って警戒していたとみています。

監禁されていたのは、3棟からなる平屋の自宅の真ん中とみられます。

室内のほかに、この棟の出入り口付近や表札の上部など、敷地内外の複数の場所が映るように監視カメラを設置。

カメラの映像は、自宅の一室に並んだモニターで確認できる仕組みになっていました。

ここまで監視する労力を、もっと違う方向に持っていけば、このような悲劇は起こらなかったかもしれません。

スポンサーリンク

※12月28日追記:監禁部屋は自作

監禁した部屋は、父親の泰孝容疑者が自作したことがわかりました。

部屋は自宅一室の隅に天井までの高さの間仕切りを使って設置。

広さは2畳ほどで簡易トイレがあり、生活スペースは約1畳しかなかったとのこと。

室内には音声を拾う機能が付いたカメラがありました。

両容疑者は居住スペースに置かれたモニターで愛里さんの様子を監視していました。

ダクトを引き込み、外から冷気を送り込めるようになっていたが、暖房機能はなかったといいます。

また、室内にはチューブもあり、部屋の外に設置した給水タンクとつないで水を飲ませていました。

泰孝容疑者は工員で、機械などの知識にたけていたそうです。

捜査1課は、周囲に気付かれないように愛里さんを完全に閉じ込めておける部屋を作ったとみて、監禁に至った経緯を調べています。

※12月28日追記:小学校の同級生が当時の様子をコメント(愛里さんの画像あり)

愛里さんの小学校の同級生は「いつも悲しそうな顔をしていて、体育の授業で、体にあざがあって、『どうしたん?』って聞いたら、『ドーベルマンにかまれた』って言っていた」と話しました。

ドーベルマンにかまれるとなると、大事です。

いつも悲しい顔をしていた、体にあざととなると、このころから虐待があったのでしょうか。

スポンサーリンク

※12月28日追記:小学6年3学期から登校しなくなった?同級生証言

愛里さんは、小学6年生の頃に精神疾患を発症したとされています。

これは、本当なのでしょうか。

小学校の時の同級生は、学校での愛里さんの様子が印象に残っていたそうです。

【愛里さんの小学生時代の同級生】
「いつも同じ服を着ていて美容室にたぶん行ってないだろうなという髪型でいつも悲しそうな顔だった」
「体育の授業で体操服なので腕や足の部分がアザっぽくなっていたから、聞いたら犬に噛まれたって言っていて、噛み痕というよりはアザっぽく見えたので。腕と足と10個以上はあったんじゃないかなと思います」

【記者】
「親御さんは(愛里さんが)暴れたり精神疾患だったと?」

【愛里さんの小学生時代の同級生】
「そんなことは全然なかったです。優しくていい子で言葉遣いもちゃんとしていたし、暴れるようなことは全然(なかった)」

6年生の3学期以降、愛里さんは学校に来なくなったそうです。

【愛里さんの小学生時代の同級生】
「3学期になってから学校に来なくなって、担任の先生は風邪をひいて一度休んだら学校に来るのが恥ずかしくなったから来れなくなったと言っていた」

学校では、精神疾患という様子はなかったようです。

※12月28日追記:裸で過ごしていた?次女に相談で自首

愛里さんは、少なくとも最近服を着せずに生活させていたようです。

この寒い中、暖を十分に取れない過酷な環境の下、裸で生活させられていたとなると、あまりにかわいそうすぎます。

また、両親は、「長女が死亡した後、別居中の次女に相談し、自首することを決めた」と供述していることがわかりました。

次女も、監禁の事実は知っていたはずです。

どう思っていたのでしょうか。

精神疾患だけの理由で、なぜ、長女だけこのような目にあったのでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*