神崎利宏と仲本トミー顔画像住所と勤務先産廃処理会社は?肛門空気注入逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務用のコンプレッサーで同僚の体内に空気を注入する暴行を加え、死亡させたとして、17日、産業廃棄処理会社社員、神崎利宏(かんざき・としひろ)(47)と同、仲本トミーことビヤビセンシオ・ナカモト・トミー・ジョエル(36)=ペルー国籍=の両容疑者を傷害致死容疑で逮捕されました。

2人は容疑を認めています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

毎日新聞の報道です。

 業務用のコンプレッサー(空気圧縮機)で同僚の体内に空気を注入する暴行を加え、死亡させたとして、埼玉県警杉戸署は17日、同県加須市旗井2、産廃処理会社社員、神崎利宏(47)と千葉県松戸市日暮4、同、ビヤビセンシオ・ナカモト・トミー・ジョエル(36)=ペルー国籍=の両容疑者を傷害致死容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は16日正午ごろ、埼玉県杉戸町本郷の同社敷地内で、同僚の小口義之さん(44)=春日部市小渕=を押さえつけて作業着の上からコンプレッサーのノズルを股間にあて、尻から体内に空気を注入し死亡させたとしている。2人は容疑を認めているといい、同署は悪ふざけでやったとみて調べている。

 同署によると、2人は小口さんが苦しそうな様子だったため春日部市内の病院に搬送したが、16日午後7時20分に死亡が確認された。司法解剖して死因を調べる。コンプレッサーは空気を排出し、産廃を分別する機械に付着したごみなどを取る用途で使われるが、同社では作業着に付着したちりやほこりを払うためにも使用していたという。

引用元 毎日新聞

両容疑者は、悪ふざけをしていたようです。

小口さんを含めた3人は、ちりやほこりを払うためにコンプレッサーを使用していたとのこと。

そんな中、肛門にコンプレッサーを当てたようです。

小口さんが腹痛で苦しんでいたため病院に運ばれましたが、約7時間後亡くなってしまいました。

エアー量は相当なものなので、肛門に押さえつければ具合が悪くなることは予測できたはず。

両容疑者は警察の調べに対し、「普段から同僚同士ふざけて顔やお尻に空気をかけあっていた」「こんな大事になると思わなかった」と供述しています。

警察は日常的に暴行がなかったかなども含め、調べています。

スポンサーリンク

神崎容疑者と仲本容疑者とは?

両容疑者の顔は公表されていません。

神崎容疑者の住所は、埼玉県加須市旗井2丁目。

仲本容疑者の住所は、千葉県松戸市日暮4丁目です。

勤務先は?

事件が起きた埼玉県杉戸町本郷の産業廃棄物処理業者は、「エコシス埼玉」です。

会社側は、コンプレッサーでふざけ合っていた現状を把握していたのでしょうか。

おわりに

コンプレッサーを使い慣れていたため、このような悲劇が起こってしまったのでしょうか。

注意する人間は、いなかったのでしょうか。

未然に防げた事故だったと思われます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*