川島海荷不倫既婚者テレビマンは誰?顔画像や編成ドラマは?40代TBS局員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川島海荷の「手つなぎ写真」を、10月3日発売の『フラッシュ』がスクープしました。

相手は40代のTBS局員とのことです。

スポンサーリンク

フラッシュのスクープ

 川島海荷の“手つなぎ写真”を、10月3日発売の「フラッシュ」(光文社)がスクープした。お相手は40代のTBS局員で、川島は「(先方に)どうやったら迷惑がかからないようになりますか…?」と、反省しきりだったというが、初の写真誌スキャンダルのお相手が、一回りも年上の業界人ということで、川島の将来に傷がつきかねない騒動になりそうだ。

 同誌によると、川島と男性は、都内の飲食店をハシゴし、その移動中、手をつないでいたとのこと。その様子を同誌に撮影されたものの、川島は直撃取材に対して交際を否定している。

「関係者によれば、男性は、川島が『兄のように慕っている人』だそう。川島本人も、現在は恋人がいないことを告白しています。記事には書かれていませんが、この男性・T氏は既婚者だけに、関係を否定するのは当然でしょう」(TBS関係者)

 川島はT氏について「たまに相談に乗ってもらったりとか」と語り、手をつないでいたことは「ちょっと私が酔っ払っていて、フラフラだったんです」などと釈明している。

「T氏は、ドラマの編成マンとして活躍している人物。川島とは、2013年のKis‐My‐Ft2・玉森裕太主演ドラマ『ぴんとこな』などで関わりがありましたが、どれも数年前の作品ばかり。現在でも深く交流があるのは、少々違和感がありますね。実は局内でも『あの2人は怪しい』といった声が出回っていました」(同)

 今回の「フラッシュ」の記事については、メディア関係者からも疑惑を唱える声が聞こえてくる。

「川島所属のレプロエンタテインメントは、1月にマギーがHi‐STANDARD・横山健との不倫を報じられた際、テレビや新聞など大手メディアに圧力をかけ、後追い報道を封殺させた“前科”がある。今回の川島にしても、週刊誌の直撃にここまでベラベラしゃべるとは考えにくいだけに、レプロが『フラッシュ』側に対し、『直撃に答えさせるから、事を荒立てないで』などと取り引きを行った可能性もありますよ。まぁ、川島が、ひたすら相手の立場を気遣う優等生的なコメントに終始しているのは、本人の真面目な性格がゆえとも考えられますが」(週刊誌デスク)

 昨年10月から『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会を務めている川島。以前には、レプロから干されてしまった能年玲奈(現・のん)と比較され、「事務所からひいきされすぎている」と批判されることもあっただけに、こうした“スキャンダル”は大きな痛手になるはず。今後は、仕事に専念してほしいものだ。

引用元 サイゾーウーマン

川島さんは「(先方に)どうやったら迷惑がかからないようになりますか…?」と話していたとのことです。

とても素直ですね。

性格の良さがでているかもしれません。

フラッシュがスクープしたのは、飲食店をハシゴしたときの手をつないでいたシーン。

川島さんは「ちょっと私が酔っ払っていて、フラフラだったんです」と釈明しているようです。

また、週刊誌デスクの言うように、レプロエンタテインメントが『直撃に答えさせるから、事を荒立てないで』などと取り引きを行った可能性もなくはありません。

しかし、TBS関係者の話では、「実は局内でも『あの2人は怪しい』といった声が出回っていました」といったことも。

関わりがあったのは、数年前の作品ばかりといっても、疑惑はありますよね。

スポンサーリンク

既婚者テレビマンとは?

既婚者テレビマンは、40代既婚者のTBS局員で、玉森裕太主演ドラマ『ぴんとこな』で関わりのあるドラマ編成マンのT氏とのことです。

『ぴんとこな』のプロデューサーは、高橋正尚さんと伊藤仁吾さんです。

T氏となると、高橋正尚さんでしょうか。

また、伊藤仁吾さんは、松竹株式会社のようですから当てはまらないですよね。

高橋さんは、プロデューサーや編成の仕事をしているようです。

また、昭和50年生まれなので41か42歳。

川島さんは23歳なので、一回りとまではいきませんね。

ただし、奥さんの存在はわかりませんでした。

最近の仕事内容はこのようになっています。

  • 『カンナさーん!』2017/07/18 ~ 2017/09/19 編成
  • 『カルテット』2017/01/17 ~ 2017/03/21 編成
  • 『砂の塔』2016/10/14 ~ 2016/12/16 プロデューサー
  • 『ナポレオンの村』2015/07/19 ~ 2015/09/20 プロデューサー
  • 『アリスの棘』2014/04/11 ~ 2014/06/13 プロデューサー 
  • 『ぴんとこな』2013/07/18 ~ 2013/09/19 プロデューサー

川島海荷のプロフィール

  • 名前:川島海荷(かわしま・うみか)
  • 本名:川島海荷
  • 生年月日:1994年3月3日(23歳)
  • 出生地:埼玉県新座市
  • 高校:堀越高等学校
  • 大学:明治大学文学部
  • 身長:154.5センチ
  • 血液型:O型
  • 職業:女優・歌手
  • 活動期間 2006年 –
  • 事務所:レプロエンタテインメント

2005年9月、小学校6年生の時に渋谷でスカウトされ芸能界入り。

2006年7月、テレビドラマ『誰よりもママを愛す』でデビュー。

この作品は、高橋さんが演出しています。

2007年1月、アイドルグループ「9nine」に新メンバーとして加入し、同年3月、9nineとしてCDデビュー。

2007年8月、『Life 天国で君に逢えたら』で映画初出演。

2016年7月、アイドルグループ「9nine」脱退。

『誰よりもママを愛す』『ぴんとこな』以外で、高橋さんと関わったドラマは、『このミステリーがすごい!』2014年12月29日。

このドラマで、高橋さんは、総合プロデュースをしています。

おわりに

川島さんと高橋さんが初めて一緒に仕事をしたのは、川島さんが12歳のとき。

川島さんのデビュー作です。

このとき、高橋さんは、結婚していたかは不明です。

これをみると、川島さんのいう『兄のように慕っている人』も頷けます。

実際のところは、どうなんでしょうか。

これが、本当でしたら、ZIPにも影響があると思われます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*