風間大志顔画像と放火神社どこ?群馬桐生市陸上自衛隊大宮駐屯地陸士長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県桐生市内の神社の社殿に火をつけ、全焼させたとして、群馬県警は8日、非現住建造物等放火容疑で、陸上自衛隊大宮駐屯地の陸士長・風間大志(21)ら3容疑者を逮捕しました。

風間容疑者は「現場にはいたが、火はつけていない」と容疑を否認していますが、残りの2人は認めています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

産経新聞の報道です。

 群馬県桐生市内の神社の社殿に火をつけ、全焼させたとして、群馬県警は8日、非現住建造物等放火容疑で、陸上自衛隊大宮駐屯地の陸士長、風間大志(21)=さいたま市北区日進町=ら3容疑者を逮捕した。風間容疑者は「現場にはいたが、火はつけていない」と容疑を否認しているが、残りの2人は認めている。

 逮捕容疑は、6月12日午後8時ごろ、桐生市梅田町の護国神社の社殿に侵入し、畳の上にライターオイルをまき散らして放火し、木造平屋約70平方メートルを全焼させたとしている。神社は無人で、近隣への延焼などはなかった。

引用元 産経ニュース

動機は何だったのでしょうか。

面白いことをしたかったのか。

ムシャクシャしていたのか。

酔っていたのか。

なぜ、神社を狙ったのでしょうか。

人がいないからなのか。

なぜ、さいたまの人間が、桐生の神社に放火したのか。

遊びに来ていたのか。

実家に帰省していたのか。

風間容疑者は、何のために自衛官になったのでしょうか。

人を守るという概念は欠如しているのでしょうか。

延焼しなかったのは幸いです。

スポンサーリンク

風間容疑者とは?

風間容疑者の顔は公表されていません。

FacebookやTwitterも特定できませんでした。

勤務先であり、住まいは、陸上自衛隊大宮駐屯地。

放火された神社はどこ?

放火されたのは群馬県桐生市梅田町2丁目518−2の護国神社。

おわりに

自衛官が放火というありえない事件。

動機が気になります。

ただのイタズラだとしても、許されるものではありません。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*