ケヴィン・スペイシーとアンソニー・ラップの顔画像経歴は?ゲイカミングアウトで少年セクハラすり替え?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去2度のアカデミー賞の受賞経験があるオスカー俳優のケヴィン・スペイシー(58)が、自身のSNSで、少年時代、ケヴィンにセクハラを受けたという主張する俳優・アンソニー・ラップ(46)に対して謝罪しました。

ですが、この声明が、SNS上で「失望した」「言い訳にもなっていない」「注意をそらそうとしている」と批難が殺到しています。

スポンサーリンク

ケヴィンは何をしたのか?

発覚したのは、10月29日の告白した、俳優・アンソニー・ラップの「Buzzfeed News」のインタビューでした。

子役時代から舞台を踏んでいたアンソニーが14歳の1986年、アンソニーは、当時26歳だったケヴィンの自宅パーティに招かれたとのこと。

アンソニーがパーティに退屈し、ケヴィンの寝室でテレビを見ていると、泥酔したケヴィンがやってきました。

そして、ケヴィンが、アンソニーをお姫様だっこし、ベッドの降ろすと上に乗ってきたそうです。

その場は、もがいて、逃げることができました。

アンソニーは「もっと恐ろしいことが起こらずに非常に幸運だった」「年を取るにつれて、ますます信じられなくなるんだ。14歳の少年にあんなことをする人がいるだなんてね」と振り返ります。

しかし、この少年時代の経験により、トラウマになってしまい、30年以上経った現在も、ケヴィンを見ると気分が悪くなると明かしていました。

また、アンソニーは、キッチンのシンクの横にある写真を目撃しています。

それは、ケヴィンが、男性の体に腕を回している写真でした。

ケヴィンがTwitterで謝罪とカミングアウト

この記事に対し、ケヴィンは、SNSで、画像の声明により謝罪。

「わたしは俳優アンソニー・ラップに対して多大なる尊敬と称賛の念を抱いています。彼の話を聞いて非常に驚きました。正直に申し上げると、わたしは当時のことを覚えていません。30年以上も前のことでした。しかし、もしもわたしが彼に対してそのような行動を取っていたならば、非常に不適切な酔っぱらいの行動をしていたならば、わたしは彼に心から謝罪をしたいと思っています。そして彼が語ったように長年不快な思いを抱かせてしまったことに申し訳なく思います」

さらに、ケヴィンは、謝罪に引き続き「またこの話でわたしは、自分の人生における別件についても対処するべきだと奮起させられました。わたしに対するさまざまなうわさ話が、プライバシーが守られていることでより助長されてしまっていることを理解しています」とコメント。「近しい方々が知っているように、わたしは男性とも女性とも関係を持ちました。人に愛され、ロマンチックな出会いを送る中で、ゲイの男性として人生を送ることを選びました。正直にオープンにしていきたいと思います。まずは自分の行動について調査することから始めたい」とカミングアウト。

実は、ケヴィンは、長年「ゲイなのでは?」とささやかれ続けてきました。

そのケヴィンが、ついにカミングアウトしたのでした。

スポンサーリンク

カミングアウトで少年犯罪をすり替え?

ところが、このカミングアウトに対し、世間では、問題をそらしているのではないかという声があがりました。

ケヴィンのTwitterには、「あなたがゲイであるかどうかに関心が寄せられているのではありません。わたしたちは、あなたに幼い少年が襲われそうになったということに心配しているのです」「犠牲者に関する話をあなたの話にすりかえているのでは?」「あなたは事件を覚えていないのに、酔っていたという事は覚えているの?」といったコメント。

他に、性的少数者の権利団体「GLAAD」のサラ・ケイト・エリス代表は、「同性愛の告白が性的暴行容疑をかわすことに用いられるべきではない」と指摘。

コメディアンのロジー・オドネルは、多数の性的暴行の疑惑がある大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインになぞらえ、「私たちは皆あなたのことについて知っていた──さらに多くの男性が名乗り出てくれますように」とツイート。

一方、アンソニーは、ケヴィンのSNSでの謝罪声明の公表後のタイミングで、自身のSNSを更新し「わたしの経験について言いたいことはすべてその記事の中にあります。この時点ではこれ以上のコメントはしません」としています。

また、アメリカ動画配信サービス「ネットフリックス(Netflix)」は、同サービスの人気を押し上げた「ハウス・オブ・カード」について、来年放送予定のシーズン6を最後に制作を打ち切るとしました。

ただ、関係者は、制作打ち切りは以前から決まっていたもので、ケヴィンの疑惑発覚とは無関係としています。

ケヴィン・スペイシーのプロフィール

1959年7月26日生まれの58歳。

アメリカ・ニュージャージー州サウスオレンジの出身です。

結婚歴はありません。

1981年シェイクスピア・フェスティバルで舞台デビュー。

1986年には『心みだれて』で映画デビュー。

舞台と映画の両方で活躍し、アカデミー賞を2度受賞。

  • 1995年『ユージュアル・サスペクツ』アカデミー助演男優賞
  • 1999年『アメリカン・ビューティー』アカデミー主演男優賞

    最近では、ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段(House of Cards)」に出演。

    業界で輝かしい名声を誇り、同世代で有数の実力派俳優とされています。

    また、1990年代中ごろからは、脚本家・映画監督・プロデューサーとしても活動しています。

    アンソニー・ラップのプロフィール

    1971年10月26日生まれの46歳。

    アメリカ・イリノイ州ジョリエット出身。

    子役でキャリアをスタートさせました。

    1996年、ブロードウェイ・ミュージカル『レント』、およびその映画化『レント』のマーク・コウエン役で知られています。

    おわりに

    確固たる地位を築いたケヴィン・スペイシーが、一瞬にして、世間を敵に回してしまいました。

    言い方というのは、怖ろしいものですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*