金正男暗殺を韓国政府照会(知った)の理由(真相)は?勘違いで表沙汰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月13日午前中、マレーシア・クアラルンプール国際空港で起こった、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)暗殺事件。

暗殺された人物が、金正男氏とバレたのはなぜでしょう。

スポンサーリンク

金正男暗殺

毎日新聞の記事です。

 2月13日の殺害事件当日、クアラルンプール国際空港の出発フロアで突然、顔に液体を塗られた北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)が最初に助けを求めたのは、同じ階にある案内カウンターだった。職員は異様な雰囲気を察知し、空港詰めの警察官に通報した。2日の初公判では、この時対応した職員のジュリアナ・イドリス(37)と警察官、ズルカルナイン(31)が直後の様子を次のように証言している。

 「見知らぬ女2人に顔に何かを塗られた」。正男は案内カウンターでイドリスにこう訴えた。駆けつけたズルカルナインは正男の目が「少し赤い」のが気になった。「顔はぬれている」ように見えたが、これが塗られた毒物なのか汗なのかはよく分からない。被害届を出すか診療所に行くかと尋ねると、正男は「先に診療所に行きたい」と答えた。

 2人は2階下のクリニックまで一緒に歩いた。3~5分かかった。正男の足取りは重く、途中、「ゆっくり歩いてください。目がかすんで見えないんです」と英語で訴えた。

引用元 毎日新聞


勘違いで表沙汰?

 ズルカルナインは正男の身元を確認する際、事務的なミスを犯したと法廷で認めた。正男のパスポートの名義は「キム・チョル」という外交官。国名は英語で「朝鮮民主主義人民共和国」と書かれていたが、「Korea」を韓国と勘違いして報告書に記載してしまったという。

 法廷ではこのミスがどう処理されたか、やりとりはなかった。ロイター通信は3月、マレーシア政府は事件直後、正男に関する書類を北朝鮮より先に、誤って韓国政府に照会。これを「金正男」と見抜いた韓国政府から情報が漏れ、事件は世界中に知れ渡ったと報じた。ズルカルナインの証言は、この報道を裏付けることになった。

 誤記がなければ、マレーシア政府は「キム・チョル」が金正男だとは気付かず、北朝鮮が人知れず遺体を引き取っていたかもしれない。

引用元 毎日新聞

「朝鮮民主主義人民共和国」は英語表記ですと「Democratic People’s Republic of Korea」。

ズルカルナインは、「Democratic People’s Republic of Korea」の中に「Korea」があったので、韓国と勘違いをしたと言っているようです。

これにより、韓国政府が金正男氏と見抜いたとされていますが、本当なのでしょうか。

ズルカルナインは、警察官です。

こんなミスをするのでしょうか。

また、法廷ではこのミスがどう処理されたか、やりとりがなかったというのも引っかかります。

韓国政府が偶然情報を得た、としなければならない事情があったのではないでしょうか。

例えば、極端な話ですが、正男氏と韓国が繋がっていて、正男氏の行動を韓国政府が四六時中管理していたとか。

なんとなく不自然ですよね。

おわりに

確かに、北朝鮮としては、金正男氏暗殺はバレたくなかった事実。

それが、世界中にバレてしまいました。

では、なぜ、世界中にバレてしまったのか。

それを北朝鮮に知られたくない事情もあるはずですよね。

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読まれています。

金正男暗殺した女2人を誘った工作員は誰?2人を選んだ理由は?

金正男暗殺した実行役4人の北朝鮮帰国後の現在は?抹殺か共和国英雄勲章栄誉か?

金正男の愛人Sは誰?顔画像や名前は?北朝鮮工作員スパイなのか?暗殺関与か?

金正男暗殺真相?犯人は誰(顔画像や名前)?殺害方法(神経剤VXガス)は?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*