北川直人顔画像(住所)と余罪は?子猫虐待股間ティッシュや激辛ソース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子猫2匹を粘着テープで縛るなどして虐待したとして、31日、北川直人(きたがわ・なおと)容疑者(38)が動物愛護法違反(虐待)の疑いで逮捕されました。

北川容疑者は、「行為は認めるが、虐待ではない」と容疑を否認しています。

先日、大矢誠容疑者による野良猫虐待が報じられたばかりです。

スポンサーリンク

どのような事件か?

朝日新聞の記事です。

 子猫2匹を粘着テープで縛るなどして虐待したとして、神奈川県警は31日、千葉県成田市吉岡の派遣社員、北川直人容疑者(38)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで逮捕し、発表した。「行為は認めるが、虐待ではない」と容疑を否認しているという。

 生活経済課によると、北川容疑者は自宅アパートで5月18~19日、いずれも生後約1カ月の猫2匹の前脚を粘着テープで縛ったり、股間にティッシュを何度もこすりつけたりして虐待した疑いがある。任意の調べに対し「排泄(はいせつ)を促すためだった」などと説明。2匹について「2週間ほどたって死んだ」と話しているという。

 北川容疑者は6月中旬ごろ、子猫に対し、激辛ソースを塗った綿棒を口に入れたり、胴体をつかんで逆さまにしたりする映像を動画サイトのユーチューブに投稿。SNS上に拡散された動画を見た人から情報提供を受け、県警が捜査していた。

引用元 朝日新聞

またも言葉がない事件です。

虐待だけにとどまらず、性癖も伺えます。

こういった動物虐待は、小児虐待やDVと関連しているとも言われています。

家庭や学校、社会において、体罰の経験度合いによって、動物虐待もある得るということです。

北川容疑者の場合はどうだったんでしょうね。

また、それを動画で拡散するということは、注目を浴びたいということかもしれません。

北川容疑者には、これまで人に関心を持たれたことがないという心理があったのも考えられます。

しかし、亡くなった猫には、罪はありません。

この猫2匹は、野良猫なんでしょうけど、かわいそうですね。

北川容疑者には、他にも余罪がありそうです。

北川容疑者とは?

コチラが北川容疑者です。

北川容疑者は、SNSによって動画を拡散してようです。

しかし、FacebookやTwitterは削除されたためか、見つかりませんでした。

住所は、千葉県成田市吉岡。

おわりに

猫の虐待を楽しんでいた北川容疑者。

闇は深いですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 山崎 より:

    いずれ人間に向くような性癖だなこいつ

コメントを残す

*