清宮幸太郎父親克幸の教育育成方法(育て方)や指導力は?早稲田監督実績に見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田実業高校・清宮幸太郎選手の父親、克幸さんは、現在、ラグビー・ヤマハ発動機ジュビロの監督。

ラグビーでは、選手時代はもちろん、監督としても実績をあげています。

長男・幸太郎選手の選手としての才能、振る舞いをみていると「この親にしてこの子あり」と思わせます。

では、克幸さんは、どのような人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

清宮克幸のプロフィール

  • 名前:清宮克幸(きよみや・かつゆき)
  • 生年月日:1967年7月17日(50歳)
  • 出身地:大阪府大阪市福島区
  • 高校:大阪府立茨田高等学校
  • 長男:清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)
  • 大学:早稲田大学
  • ラグビーのポジション:ナンバーエイト・フランカー

克幸さんがラグビーを始めたのは、高校からでした。

小学校は野球、中学校はサッカーをしていました。

克幸さんは、腕力が強く、エネルギーがあり余っていたため、中学の学級担任から「ラグビーするなら茨田へ行け」と言われ、大阪府立茨田高校に進学します。

元来、運動センスがよかったのでしょう。

茨田高校の吉岡隆監督は、ラグビーのおける体格、センスを認め、克幸さんを1年生からレギュラーにします。

そして、3年生になった克幸さんは、主将として全国花園大会に出場し、さらに、高校日本代表主将も務めました。

高校卒業後、早稲田大学に進学。

大学では、2年生のとき日本選手権優勝、4年生では主将として全国大学選手権優勝を果たします。

大学卒業後は、サントリーに入社。

レギュラーとして活躍し、主将も務めています。

1995年には、全国社会人大会優勝、日本選手権優勝。

1997、1998年は全国社会人大会準優勝を果たし、2001年に現役引退をしました。

1985年高校日本代表、1990年U23日本代表、1992年日本選抜には選出されていますが、フル代表の経験はありません。

2001年、早大ラグビー部の監督に就任。

その年、関東大学対抗戦で、全勝優勝します。

2002年度、13年ぶりに全国大学選手権優勝。

2004年度、監督として、2度目の全国大学選手権優勝。

2005年度、全国大学選手権連覇を達成。

2006年2月12日、この年度の日本選手権2回戦では、社会人のトヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦し勝利。

これは、トーナメント制移行後、社会人上位チームに初めての勝利で、それ以前からでも、実に18年ぶりの出来事。

このとき、克幸さんは、「最高の戦い、最高の勝利」「世の中の人々に、希望と感動を伝えようというミッションを大きく果たした」と話しています。

そして、この年で監督を勇退し、サントリーサンゴリアスの監督に就任。

サントリーでは、2006年、トップリーグ2位、マイクロソフトカップ準優勝。

2007年には、マイクロソフトカップ優勝を果たします。

2010年2月、サントリー監督を辞任。

2011年2月、ヤマハ発動機ジュビロの監督に就任。

2015年2月28日、第52回日本ラグビーフットボール選手権大会決勝においてサントリーを破り、初優勝を果たしました。

五郎丸歩選手とは、2004年から2006年までは早稲田大学、2011年以降はヤマハで、監督と選手という師弟の間柄。

スポンサーリンク

早大13年ぶり大学日本一

早大ラグビー部は、全国大学選手権では1989年度、関東大学対抗戦では1990年度を最後に優勝を遠ざかっていました。

さらに、関東大学対抗戦では、1998年度3位、1999年度4位、2000年度3位と低迷。

そんなとき、克幸さんが、2001年、監督に就任します。

克幸さんが、早大監督をしていた2001年度から2005年度の成績です。

  • 2001年度:関東大学対抗戦7勝0敗優勝・全国大学選手権準優勝
  • 2002年度:関東大学対抗戦7勝0敗優勝・全国大学選手権優勝
  • 2003年度:関東大学対抗戦7勝0敗優勝・全国大学選手権準優勝
  • 2004年度:関東大学対抗戦7勝0敗優勝・全国大学選手権優勝
  • 2005年度:関東大学対抗戦7勝0敗優勝・全国大学選手権優勝

5年間で、関東大学対抗戦全勝5連覇、全国大学選手権優勝3回準優勝2回という驚異的な成績でした。

何を変える必要があったのか?

監督に就任してすぐのころは、チームをこうするんだという明確な方針はなかったそうです。

まずは、自分たちとライバルを比較し、勝っている部分と負けている部分を分析し、進めるべき方向を見定めたとのこと。

そのため、選手に強みと弱みのアンケートをとります。

結果は、克幸さんの予想どおりでした。

強みは、伝統やファンの多さ、練習環境などのラグビー以外の部分。

弱みは、プレーに関すること。

このとき、克幸さんは、いろいろなことを変えなければならないと感じたそうです。

どう変えたのか?

基本の構築

克幸さんの考えは、基本となる部分をきっちり作っていくこと。

基本を1度身につければ、なくならないといいます。

しかし、基本にもたくさん要素があるとのこと。

それを全部挑戦し、吸収するのは困難です。

そこで、本当の幹となる部分を絞り、それをマスターすることに取り組みました。

例えば、フェットネス、継続性、正確さ、オリジナリティ、精神的な激しさなど。

これらは、現状分析から優先順位をつけたそうです。

また、走行距離やスピード、強度を数値化しました。

試合においては「よいタックル数」「悪いタックル数」「気持ちが入っていないプレー」なども数値化。

それまでは、長い時間走っていれば、長く走れるようになれると思う選手が多かったようです。

実体が見えにくかったものをデータ化することにより、一人ひとりに実態を把握させました。

ただ、このデータは、ミーティングに使ったり、選手を評価するためには使わなかったとのこと。

それは、選手たちの「ここが悪いのか」「あいつに負けてるから、次はいいプレーをしよう」という気づきを狙ったため。

これにより、選手の意識が変わり、「日本一になりたい」という意識につながったそうです。

これまでの戦術の変更

これまでの早大は、スキルの高い人間がやればハマる戦術をしていたとのこと。

克幸さん曰く、中身のない箱を作っていたそうです。

ですから、相手のプレッシャーがきつかったり、早大対策の防御シフトをされると、もろかったようです。

ましてや、エースがケガをすると最悪です。

そこで、克幸さんは、中身をステップ状に作り、複数の戦術を選択できるようにします。

そのように、簡単には崩されないチーム作りをしました。

練習時間の短縮

練習時間は、2時間にしました。

集中しての練習は、これぐらいが限界とのこと。

練習が足りないと思う選手は、自分で調整させたそうです。

これまでの全てを否定するのではなく、選手の提案も受け入れました。

あくまでも、克幸さんのチームではなく、選手のチームというのを考えていたそうです。

目標の設定

最初の練習試合の相手を、当時トップチームだった関東学院大学にしました。

結果は、5対57の大敗。

トップを目指すには、この7ヶ月後、関東学院大学に勝たなければなりません。

だったら、今の時点でどれだけ差があるのか知らせる必要があると思ったそうです。

試合後、克幸さんは、選手に、「結果はわかっていた。計算済みだった」「だから僕に付いてこい、その差を縮めよう」と話したとのこと。

目標を肌で知り、いい意味での劇薬としたわけです。

結果的に、その年の全国大学選手権では、関東学院大学に敗れてしまいます。

しかし、選手は、プレーに対する自信、勝ちに向かう意欲など別人のようになっていました。

また、克幸さん自ら強気な発言をし、選手にもやろうと思うことは口に出すようにさせたとのこと。

そして、それを有言実行をしようと促したそうです。

スポンサーリンク

清宮克幸の指導方法

克幸さんは、「面白そうだと思ってラグビーを始めましたが、基本的には行き当たりばったりの人生だった。将来を考えなくもないですが、考えたとおりになんかならないですからね。だから、、今できることを目一杯やろう。そうすれば、必ずチャンスがくる」と語ります。

  • 予防線は張らない
  • いつもプラス思考
  • ダメなことをモノにしようとしない
  • 早く見切りをつけて他の道を考える

これらが、勝負に勝つ秘訣とのこと。

アドバイスの仕方も、「これはやってはいけない」ではなく、「ここはこうしようよ」と前向きに。

克幸さんは、指揮官に必要なのは、何より情熱と話します。

指揮官が組織運営を停滞させたり、練習メニューを省略したり、戦力分析を怠れば、すぐさま影響が出ます。

ですから、情熱を持って走り続ける必要があるそうです。

また、「創造と鍛錬によって、常勝チームになる。小さな体でも、足が遅くても、それぞれで新しいチャレンジをして結果を出そうと頑張っている。その姿に勇気づけられるという人も多い。だから、同じように、新しい道を目指す人も、創造と鍛錬で新しいチャレンジに挑んでほしいと思います。それは、きっと新しい何かを生み出してくれるはずです」と克幸さんは話します。

こういった教育方法で、幸太郎選手は育ったのですね。

おわりに

「体を張って、責任を学ぶ。仲間を信じ、助け合い、仲間を守ることを学ぶ。喧嘩の倫理観を学ぶ」という克幸さんの言葉があります。

個人のレベルを上げ、人を敬い、尊敬されることができれば、最高の人間だと思います。

そのためには、克幸さんの考え方は、参考になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*