小池百合子が希望の党代表理由は?結党会見タイミング(日時)のなぜ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25日、小池百合子東京都知事(65)が、新党・希望の党を立ち上げました。

自身が党首となり、舵を切るようです。

なぜ党首になったのか、この25日14時30分に会見をしたのか。

スポンサーリンク

「希望の党」結党

産経新聞の記事です。

 「私がしっかり旗を掲げる」。東京都の小池百合子知事(65)は25日午後に開いた記者会見。新党の名前を「希望の党」にするとともに、自らが代表として党運営のかじをとっていくと表明、都知事と党代表を両立させるという。

 「今日は名前の発表が多いですけれども…」と、上野動物園のパンダに続いての発表となることを会見冒頭で切り出し、「『希望の党』。これは私自身でかじをとるつもりです」と話した。背景について「都政をより磨きをかけていく。(改革の)スピード感出すためには国政になんらかの関与をしたい。改革する方々が新しい勢力を作ることが必要」と話した。

 「今は北朝鮮問題が大変ですけれども。世界の中で日本の存在感が下がり続けている」などと話し、「結党宣言をこの場でしたい」とした。

 「『希望の塾』の際にも申し上げましたが、明日への希望もっと持ちたいですね。子供たちがもっとも(習字で)書く文字が希望。今日より明日がもっと良いと思える日本にしたい。東京がモデルケースとしてめてきた。日本全体が希望に思えるように、その先頭に立つ。理念としてしがらみなく進めていく」

 「都知事選で291万票いただいた。私に対して組織票0だったが都民の皆様の意思表示と受け止めている。世界が激動する中で日本は真の改革をする。しがらみがあっては間に合わない。法人税フランスのマクロン政権は法人税25%などの改革する中、日本はそれに間に合っていない。本当の意味での改革が間に合っていない。国政でバックアップしてくれる人がいないと。国会における勢力を確保できないか。新たに仲間をつのっていきたい」

 小池氏は結党の意義などを饒舌に語り、「政策は希望の政治。しがらみのない行政改革。全国知事会に出席しましたがほとんど霞が関出身者。これで本当に地方分権できるのか。国政において改革していく必要がある」として、政策について「しがらみのない政治」や「徹底した情報公開」「女性活躍」などをあげた。景気対策については、「希望の経済。消費税増税に関してですが、実感のともなわない景気回復。(増税は)水をさすのではないか」と指摘した。

 「日本に足りないものは希望。だから『希望の党』という名前にしました」

 「私自身は都政で重要な役目を担っている。都政をしっかりと進めながら、国政の改革の速度を上げていきたい」…。

 候補者の擁立については「候補者には多くの方々から手を挙げてもらっている。オールジャパンで取り組む」と述べ、全国から候補者擁立するとした。

引用元 産経新聞

来月10日公示、同22日投開票の衆院選で、希望の党が、ある程度の票をとれば、何らかの影響がでそうですね。

経済では、法人税と消費税について話しています。

他にも、「地方分権」「しがらみのない政治」「徹底した情報公開」「女性活躍」「原発ゼロ」などにも言及。

また、東京オリンピックの国の対応も不満があるようです。

これらを踏まえた選挙でのマニフェストが注目ですね。

また、選挙では、バカにみたいに候補はださないみたいです。

厳選するとのことですが、どこまでできるのか。

そのあたりの手腕も見どころです。

スポンサーリンク

代表になった理由

「THE PAGE」の記事です。

これまで自身の側近の若狭勝衆院議員らが新党設立を目指していたが、「リセットして、私自身が絡んで立ち上げていく。まったく新しい政党として結党宣言したい」と述べた。小池氏自身が代表につく。現在は都知事の身だが「都政をより磨きかけていくために、国政になんらかの関与が必要」と語った。

中略

若狭氏らとの動きについては「プツンと切れるものではなくアウフヘーベンするもの」と説明した。

引用元 THE PAGE

当初、新党の代表をどうするか、議論されていました。

若狭議員とするのか、細野議員と共同代表とするのか。

少なくとも、小池知事の可能性はないはずでした。

しかし、この2人、十数回会合をしているにも関わらず、どうしても足並みが揃わなかったようです。

若狭議員は、「一院制を達成するまで消費増税は延期と言えば、世間はついてくる」「俺が政局だ」という始末。

小池知事を支えてきた自負心から、新党代表は自分だと考えているところもあります。

細野議員は、一院制は賛成ですが、若狭議員があまりに突拍子もないのでついていけません。

同じ民進離党組の長島議員は、若狭議員への嫌悪感で連携は否定的。

このままでは、民進党の二の舞いですよね。

それを見かねた小池知事が、みんなを束ねようとなったみたいです。

また、かなり気合も入っているとのこと。

小池知事は、結党会見でも、生き生きしていました。

都知事の任期が終われば、国会議員に復帰もあるでしょう。

会見では、冗談交じりですが、与党を狙うようなことを言っていました。

あながち、冗談ではないかもしれません。

将来の総理大臣は、諦めてはいないでしょうし。

河村たかし名古屋市長を、入党させれば、愛知県では、絶大な力を持つことは目に見えています。

ただ、新しい政党が、ここまで力をつけてしまうのは、今の日本を象徴しているのではないでしょうか。

自民党、公明党以外は、コメントのしようがない政党ばかりですから。

かといって、自公が必ずしもいいとも思えません。

要は、自公以外に任せられる政党がないのです。

結党会見の日時の理由

小池知事は、この日の14時、上野動物園の赤ちゃんパンダに「香香(シャンシャン)」と命名する会見をしました。

また、安倍首相による衆議院解散発表を夕方に控えています。

安倍首相は、夕方の各局のニュースで、一斉に放送してもらいたいので16時以降に正式発表は、いつものことです。

そう考えると、結党会見のタイミングは、よく練られています。

赤ちゃんパンダによる明るい話題できっかけをつくり、、安倍首相の発表の前に、結党の話題を出してしまいます。

14時~16時までは、各局ワイドショーを放送していますから、14時30分はいいタイミングです。

ワイドショーで先に話題にさせ、夕方のニュースで、安倍首相の発表と絡めて、より大きなニュースにしたかったのでしょうね。

おわりに

世間の声では、小池知事への期待も大きいのですが、批判もあります。

豊洲問題など、国民が注目する大きな決定事項は先送りにするところがありますからね。

これらの批判を糧にするのか、切って捨てるのか。

何れにしても、都議選では圧勝しているので、衆院選でもそうなる可能性は大きいと思います。

国民ファーストの、本当の実現を期待しましょう。

※追記

希望の党は、民進党全員の受け入れはせず、それについて、小池知事の「さらさらない」「排除する」といった発言により、衆院選では大敗。

235名を公認候補とし政権を目指すも、小選挙区では18名、比例代表で32名、合計50名当選という結果で、立憲民主党の55名にも及びませんでした。

また、この50名も、今後離党により減る可能性があります。

与党の自民党は284名、公明党は29名が当選。

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読まれています。

荒木章博(希望の党)女性問題の元スポーツ選手は誰?千陽都民ファースト代表の父親

小池百合子衆院選出馬で野田聖子が都知事の理由は?細川護熙元首相は2人の新党を画策していた

都民ファースト・斉藤礼伊奈都議(lecca)が多摩選出なのに渋谷在住?都内セレブマンションと託児施設はどこ?

野田数が小池百合子に変わって都民ファースト新代表!極右の経歴、出身大学は?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*