こじるり(小島瑠璃子)選挙特番リポートで眉毛(メイク)が太い理由目的は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントの小島瑠璃子さん(23)が、10月22日に放送された選挙特番「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京系)に中継リポーターとして出演しました。

そのときのリポートぶりに、絶賛の声が上がっているようです。

ですが、こじるりのメイクも気になりました。

スポンサーリンク

こじるりの選挙特番リポート

「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」で、中継リポートを務めたこじるり。

今回の選挙で明暗を分けた立憲民主党、希望の党の開票センターを訪れたリポート。

「明暗の明」である立憲民主党の開票センターでは、「先ほど池上さん、福山幹事長とお話されてましたよね」と、番組内の中継の「その後」をリポートしました。

「池上さんとの話が終わった瞬間、ゴクリと一口お水を飲んでいらしゃいました。それくらいでして、表情全然変わらないんですね。ずっと落ち着いた様子で、背筋をピンと伸ばして、整然とした様子であちらに座っていらっしゃいました。うわつきのようなものは全くないんですけど、どこかでお父さんが食卓に座って朝ご飯を待っているかのようなリラックスした表情にも見えるんですよ。かなり絶妙な表情だと思います」

これに対し、池上さんは、「いま絶妙な描写ですよ、それ自体が」と褒めました。

そして、「明暗の暗」希望の党の開票センターでは、「かなり暗い状況です。あまり大きな声を出せたもんじゃありません。言い方が悪いですね。失礼いたしました」と表現。

これに対し、Twitterでは「すんごい上手くやってて感心した」「レポート上手くない?」「1分くらいの時間で彼女の実力が十分わかるリポートだった」「選挙特番らしからぬ言い回しや表現が良いな」といった絶賛の声がありました。

ですが、一方で、「何が言いたいのか意味不明」といった声も。

バラエティー的な表現なので、このように、意見が分かれたかもしれません。

言葉の表現の捉え方は、それぞれの主観で、大きく変わりますね。

スポンサーリンク

メイクが気になる

リポートの表現が話題になりましたが、メイクも気になりました。

いつもより、眉毛を太めのメイクだった気が…。

これは意識してなのか、たまたまなのか。

本人に確認したいところです。

眉毛が太いとどうなる?

眉毛が細いときと太いときでは、どういった効果があるのでしょうか。

まず、細い眉毛。

メリットは、顔がすっきりして見えることです。

色気があったり、洗練されたようにも見えます。

デメリットとしては、肌の面積が広くなるため、顔が大きく見えてしまうこと。

また、弱々しい雰囲気も出てしまいます。

では、太い眉毛は、どうなのか。

メリットは、芯を持った女性に見えるということ。

世間の動向に左右されず、きちんとした自分の意思を持った、落ち着いた雰囲気を出します。

他には、細い眉毛とは反対に、肌の面積が狭くなるので、小顔に見えます。

デメリットとして、男っぽくなってしまうこと。

これらから、リポーターとしては、「芯があって」「自分の意思があり」「落ち着いた雰囲気で」「男っぽく見える」太い眉毛の方がいいのではないかとなったのかもしれません。

こじるりが、これを狙ったのかは、なんとも言えませんが。

おわりに

こじるりの選挙特番リポーターとしてのメイクが気になりましたので、紹介しました。

これについて、こじるりのコメントを聞いてみたいですね。

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています。

「池上彰の総選挙ライブ」安倍首相の中継で自民党が嫌がらせ?当選アナウンスの大音量はわざと?

池上彰の「政界『悪魔の辞典』」の内容とは??総選挙ライブで出来事や専門用語の解説書を紹介

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*