小松徳子と被害者の顔画像公開!住所はどこ?神奈川小田原 騒音で車衝突

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川・小田原市で、騒音を注意しようとした近所の男性に車を衝突させるなどして殺害しようとしたとして、小松徳子(こまつ・のりこ)容疑者(65)が逮捕されました。

小松容疑者は、殺意はなかったと容疑を否認しています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

TBSのニュースです。

 今月17日、神奈川県小田原市で、近くに住む男性に車で衝突し、ボンネットに乗せたまま運転したなどとして65歳の女が逮捕されました。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、小田原市田島に住む無職・小松徳子容疑者(65)です。小松容疑者は17日午後11時すぎ、自宅の駐車場で、近くに住む男性(47)に車で衝突したうえ、男性をボンネットに乗せたまま運転し、殺害しようとした疑いがもたれています。男性は、ひじなどを打ち軽傷です。
 警察などによりますと、男性が小松容疑者に大音量の音楽など騒音について注意しようとしたところ、小松容疑者が車で衝突してきたということです。
 調べに対し小松容疑者は、「ぶつかったことは認めるが、殺意はなかった」と供述しているということです。警察は騒音トラブルが原因とみて詳しく調べています。

引用元 TBSNEWS

小松容疑者は、鬼畜ですね。

今年6月ごろから、小松容疑者の自宅のテレビや風鈴などの音に近隣から苦情でていたそうです。

17日は、近所の住民とのトラブルについて男性が注意しようとしたところ、車で帰宅した小松容疑者がそのまま車を発進させたとのこと。

それで、殺意はないって…。

幸い男性は、軽いケガで済みましたが、下手したら死んでしまうところでした。

被害者の顔やコメント

被害者の方は、テレビのインタビューに応えています。

「(これまで小松容疑者に)油はかけられる、卵は投げられる、さばのみそ煮缶をぶちまけられる。(17日は)車の前に立ちはだかったところ、いきなり発進されて、ぶつかり、倒れていたらひき殺されると思ったので、(車に)そのまましがみついていた。顔を見ながら(車を)前進されたので、恐怖以外の何ものでもない」

ボンネットに必死でしがみついたんでしょうね。

顔を見ながら(車を)前進されたって、思い浮かべるだけでも恐ろしいです。

小松容疑者は、殺す気でいたとしか考えられません。

スポンサーリンク


追伸:27日、フジテレビ「Mrサンデー」で事件の詳細が放送されました。

https://www.youtube.com/watch?v=i5mkxpLAkPc&feature=youtu.be

これを見ると、これまで、新聞、テレビで報道されてきたものと相違があるようです。

まず、言えるのは、被害者の話している「(17日は)車の前に立ちはだかったところ、いきなり発進されて、ぶつかり、倒れていたらひき殺されると思ったので、(車に)そのまましがみついていた。顔を見ながら(車を)前進されたので、恐怖以外の何ものでもない」。

映像では、被害者は、小松容疑者に逃げられないようにするため、車の前に立っています。

しがみついてはいませんね。

これを踏まえ、順番に見ていきましょう。

去年10月、小松容疑者は30代の娘と小田原に引っ越してきました。

ことの発端となったのは、4月ごろから小松容疑者のベランダに設置された5、6個の風鈴。

風鈴の数が多かったためか、それがうるさかったようです。

そのため、近隣は小松容疑者側にクレームをしたとのこと。

すると、小松容疑者側は、さらに風鈴を増やします。

これが、ダメだったんじゃないでしょうか。

地域で住むということは、その人個人のエゴでは成立しません。

お互いに歩み寄って生活しないと、当然争いとなります。

この場合、ある意味騒音ですので、小松容疑者側が譲歩するべきだと思います。

そうすれば、ここまでトラブルは発展しなかったかもしれません。

そして、小松容疑者側は、被害者が言うように「油はかけられる、卵は投げられる、さばのみそ煮缶をぶちまけられる」といった行動を起こします。

一方、小松容疑者側は、近隣から生ゴミを敷地に置かれたり、ドアを蹴られたりされたと主張しています。

これは、どっちが先に始めたのかはわかりません。

これらのことが真実だとしたら、言えるのは、お互いに大人の対応をしていなかったということです。

仕返しをやりあっても、何の解決にもなりません。

まず、必要なのは、話し合いです。

ですが、状況を見るとそれは無理でしょう。

だったらどうするか?

弁護士か役所に相談です。

そのような相談をしたのかは報道されていませんが、どうなんでしょうね。

警察を呼んだようですが、この問題は民事だと思います。

警察は、民事未介入ですから、何もできないんじゃないでしょうか。

そして、このようにお互いに感情的になった中で、今回の事件です。

ですから、被害者は、あのような調子で高圧的に、小松容疑者の車を止めようと、家からでてきたのではないでしょうか。

最初、被害者は、運転席側の窓を叩きます。

その状況で、車を動かす小松容疑者はNGですよね。

これは、ケガの元です。

先日、ジャスティン・ビーバーがパパラッチをケガさせたのと一緒です。

また、3回目にぶつかったとされるシーン。

娘は被害者がわざとぶつかりにいったと言っています。

しかし、よく見ると、被害者がスマホを見る瞬間に、小松容疑者は「どいてください」と言いながら車を動かしてぶつけています。

被害者は、車を動かさないように前に立っていたのですが、その状態で車を動かすのはNGです。

被害者にどいてもらうのは、あくまでも話し合いです。

2者でダメなら、警察を含めた3者での話し合いです。

あと、このときの車内での、小松容疑者の娘の言動。

番組では、「相手にしないで早くこの場を去ろうよという趣旨だった」とか、「人をひいてまで発進してもよいと思っていない」とか言っています。

ですが、あの映像だけではそのように聞こえません。

仮に娘自身がそう思っていたとしても、小松容疑者にはそんなふうに聞こえてはいないと思われます。

実際、小松容疑者は「じゃあいいの?ひいちゃって」と言っています。

しかし、小松容疑者に殺意は感じられません。

ただ、傷害の容疑はあるでしょうね。

最後に、小松容疑者は、警官の職質から逃げています。

これもNGですね。

スポンサーリンク

小松容疑者の顔や自宅

小松容疑者の顔です。

コチラが自宅。

追伸:このようなツイートがありました。

おわりに

苦情を言われて、逆ギレして車で引き殺そうとする驚きの事件を紹介しました。

こういう人は、何をするかわかりませんね。

スポンサーリンク

※12月25日追記:釈放後も変わらず

週刊女性PRIMEの報道です。

 「母親の逮捕後も、娘は大音量で音楽をかける迷惑行為を続けています。ただし、なぜか楽曲はマイ・リトル・ラバーからAKB48のベストアルバムに変わりました」

 と近隣住民は憤る。

 神奈川県小田原市で8月、近所の住民男性に自家用車で突っ込んだとして同県警小田原署に殺人未遂容疑で逮捕された65歳の無職女性の事件が注目を集めた。

 35歳の娘と2人で賃貸の一軒家に暮らし、軒先に風鈴を最大10個もぶら下げたり、窓を開けて大音量で音楽を流すなど住民トラブルを巻き起こしていた。母娘は近隣宅に生卵やサバのみそ煮などを投げつけた疑いも持たれていた。しかし……。

「横浜地検小田原支部は11月末、母親の不起訴処分を決めたんです。理由は明らかにしていません」(民放記者)

 納得できないのは打撲傷を負った被害男性だ。しかも、母親釈放時の約束の一部は反故にされているという。

「検事さんから聞いた釈放の条件は、東京で暮らす父親と息子がそろって警察に母親を迎えにくることと、すみやかに現住所から退去を進めること、そして1人残っている娘を東京に連れていくこと。ところが、結局、母娘は元どおりの生活に戻って騒音をやめようとしない」(被害男性)

 別の住民によると、母親が釈放されたのは9月7日のこと。東京に行ったはずの娘は同日中に小田原の自宅に戻り、やがて引っ越しの準備や娘の説得を理由に母親が自宅に寄りつくようになり、“母娘タッグ”が復活した。

「以前、週刊女性さんが書いていたようにトラブルの元凶は母親ではなく娘のほうなんです。卵を投げつける現場を近隣住民に押さえられているし、音楽の選曲が比較的若いことからもそれはわかるでしょう? つまり、“騒音おばさん”じゃなくて“騒音娘”なんですよ」(同住民)

 母親の釈放後、少なくとも7回はパトカーが出動する騒ぎがあった。

 9月20日にはパトカーからマイクで「小田原警察です! ××さん、音楽を消して出てきてください」と呼びかけたものの反応はなく、同25日には大家さん宅に生卵がぶつけられる事件が発生。室内の娘に警察と母親が説得を試みたところ、

「家を明け渡すなんて関係ない! 卵? やってねーよ。バカ、バーカ。じゃあ逮捕してみなよ。逮捕状持ってこいよ!」

 と毒づいたという。

 母親の逮捕後も、近隣住民への騒音や「死ね」などの罵詈雑言、生卵投てき2件、植木鉢が蹴られるなどの不審事案が周辺で発生している。

 前出の被害男性は「近所の子どもたちが“うるせえんだよ、クソガキが!”と怒鳴られ、“うるせえ、ババア!”と言い返すこともあった。今年1年を振り返るとイヤなことしかない」と、ため息。

 母娘宅を訪ねた。室内からAKBのアップテンポな曲が聴こえてきた。ドアのインターホンを2回押すと音楽はピタッと止まり、何回呼びかけても返事はなかった。

「マイラバを大音量で聴かされすぎて無意識にメロディーを口ずさんでいることがある。そんなときは、ハッとわれに返って落ち込む」(被害男性)

 年明け早々には、家の明け渡しをめぐる裁判が始まる見込み。母娘は法廷で何を主張するのだろうか。

引用元 週刊女性PRIME

被害男性によると、東京で暮らす父親と息子がそろって警察に母親を迎えにくることと、すみやかに現住所から退去を進めることが釈放の条件だったとのこと。

しかし、母娘は、相も変わらず騒音トラブルをしているようです。

母親の釈放後、少なくとも7回はパトカーが出動する騒ぎがあったといいます。

年明けの家の明け渡しをめぐる裁判では、確かに何を主張するのでしょう。

弁護士も大変だと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SUZU より:

    今日ミスターサンデーで、事件の日の車載カメラの映像公開してました。
    被害者と主張する男性があたり屋のような事をしており、びっくりしました。
    もしかすると被害者が加害者なのでは?
    簡単に冤罪って作られるんですね。
    恐ろしいことです。

  2. 反冤罪 より:

    私もMr.サンデーで車載カメラ映像を見たが、男性は自ら当たりに行き、車の前に立ちふさがって小松容疑者達に恐怖感を与えているように見えた。わざとらしく、極めて不快だった。しつこく絡む当たり屋の犯行映像そのものだ。映像は立派な証拠になる。数年前の「騒音おばさん事件」も隣家の某宗教団体信者の夫婦による嫌がらせが原因でおかしくなり、最終的に犯罪者に仕立て上げられた冤罪事件を思い出した。慎重に捜査すべき

  3. サザエ より:

    車載カメラの映像見ました。
    容疑者と娘がそもそもの原因かもしれないが、映像を見て被害者とされる男性の態度もどうかと思ってしまった。
    被害者の男性はインタビューで話に行くつもりだったと語っていたが、出て行く時から煙草片手に大声で「おい、おい、おらぁ」と肩で風切って高圧的な態度。
    とても話に行く態度とは思えない。
    どっちもどっちどっち感じてしまった。

    どうでもいいが、被害者の男性は昼間から何度もインタビュー受けてるが無職なのかな?

  4. 冤罪ダメ、絶対 より:

    ブログ主さん。この記事は書き換えるか追記した方が良いよ。
    小松のおばあさんは冤罪の可能性が非常に高くなった。
    このままブログ残しておくと偏った報道に加担してしまうよ。
    むしろ車に当たりに行った男の方が当たり屋、ワイパーの器物損壊で逮捕されるべき。

    この小松親子が後で引っ越してきて村八分にあってる可能性もでてきた。
    ちょっと気に食わない人間が引っ越してくるとこの当たり屋の男主導で近隣住民で
    協力して強引に嫌がらせして引っ越させてた可能性がある。

    ただ、今回は相手が悪かった気の強い小松親子だったので簡単に引っ越させることが出来ず、当たり屋の男がエスカレートしていったのだろう。

    それに一部でこの親子が卵だなんだって投げつけてる映像があると言われていたが、
    あの映像も実は投げてるところは映ってないのだ。
    ただ、単に移動して家の近くに来ただけが映ってるだけ。

    よって確たる証拠は無いのだ。
    ただ、この娘の車の中での言動は許しがたいものがある。

    しかし、殺人未遂で逮捕されたこの小松さんは、確実に冤罪であることがわかった。
    娘に利用されていただけの可能性すらある。

  5. おいおい。 より:

    なるほど、近所に今時まずみかけないトタン屋根の住宅が並んでいるね。
    被差別なんたらの古い公営住宅かな。

    ずーと長い期間騒音に悩まされてるのかと思えば6月からだし・・・・

    騒音おばさんの家は比較的新しい家なのに以前の家主は何故引越ししたんだろう。

    あれれって事件だね。

  6. より:

    こんにちは
    怖いですね。きちがいの娘。
    35才独身女はイライラしている。
    関わりたくないな。
    この人彼氏がいたらこんな事件起こさないんじゃないのかな。

  7. より:

    普段から生卵を投げたり、さばの味噌煮を投げたり落書きをしたりやばい女。気をつけろ。

コメントを残す

*