コウノドリ赤ちゃん探し方(見つけ方募集方法)判明!新生児は本物だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBSの金曜ドラマ「コウノドリ」の出産シーンなどで出演する赤ちゃん。

新生児なのに、どうやって募集しているのか気になりますね。

それは、意外に単純なものでした。

スポンサーリンク

コウノドリの赤ちゃんの探し方は?

コウノドリの出産シーンなどで出演する赤ちゃんは、生後1週間から1ヶ月とのこと。

それほど小さな赤ちゃんは、子役事務所には、流石にいません。

しかも、ドラマに毎回のように出演となると、多数の赤ちゃんが必要となります。

では、どうしているのか。

それは、いたってシンプル。

TBS関係者か、知り合いの知り合いで見つけてくるそうです。

TBSの従業員数は、2017年6月現在で1041名。

関係者を合わせれば、膨大な数です。

そのネットワークを利用していたんですね。

スポンサーリンク

出演者が赤ちゃんに気をつけていること

出演者も、新生児を扱うので、演技に匹敵するぐらい気を使っているはずです。

皆さんは、何を気をつけているのでしょうか。

主演の綾野剛さんは、赤ちゃんの体調に合わせて寄り添っているそうです。

新生児は、特に繊細なので、そのあたりを配慮しているのでしょうか。

吉田羊さんは、必ず消毒をしているとのこと。

これは、大事ですよね。

何かに感染させてしまっては、大変なことになります。

松岡茉優さんは、赤ちゃんのお母さんに気を使っているそうです。

生後間もないということは、お母さんの体力はまだ戻っていないかもしれません。

そういった配慮は、視野が広いと言いますか、相手の立場に立って考えていますね。

松岡さんの性格が、とても表れていると思います。

おわりに

コウノドリの赤ちゃんの探し方の謎が、やっと解けました。

結構、アナログな答えでしたね。

ドラマのリアリティを出すには、本物の赤ちゃんを出演させる必要があります。

スタッフの努力と両親の協力があって、ドラマが成り立っていました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*