水曜日のダウンタウンのクロちゃん副音声は何?評価は?トイレシーンに悲鳴批判?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月27日放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、「副音声」を使った斬新な試みをしました。

その視聴者の評価は、どうだったのでしょう。

スポンサーリンク

どのような企画だったのか?

この日、「検証VTR出演回数ランキング」が発表されました。

ランキングで、安田大サーカスのクロちゃん(40)が、登場回数17回で5位。

そこで、以前放送された『クロちゃん嘘ツイート監視企画』の未公開映像が公開されることに。

この企画は、1週間にわたり24時間体制でクロちゃんを徹底的に監視し、Twitterの投稿と現実の違いを暴いていくもの。

嘘だらけのクロちゃんに対し、スタッフが、偽のクロちゃんアカウントを作成し、「リアルクロちゃん」として本当の行動を暴露し続け、本人を怖がらせ凝らしめました。

副音声は何?

未公開映像の冒頭は、まず「一部不快な音声が含まれます。どうしても聞きたい方は副音声でお楽しみ下さい」とテロップが表示されました。

クロちゃんが「リアルクロちゃん」にビビるシーンから始まります。

まず、マネージャーに「ヤバイよこれ。本当にリアルクロちゃんってやつ」と電話します。

しかし、留守電。

クロちゃんは、帰宅後すぐに全裸でユニットバスへ向かいます。

そこでクロちゃん、またも嘘ツイート。

「歩いて帰ったしんよー!!頑張ったから、グミ食べよー。痩せてるはずだしん!!」

ここまでがオンエアされたもの。

未公開映像では、湯船につかる前、実際には、トイレに行ったシーンが。

そして、『トイレ音声自粛中」のテロップ。

主音声では、無音となります。

ですが、副音声では、「うーん!うっ!ふんっ!ふー!(ブー!ブーーー!)んふっ!」。

そのままの音が流されました。

かなり、斬新です。

視聴者の評価は?

これまであり得ない前代未聞の副音声。

これを聞いた視聴者の反応です。

批判もあるようですが、予想できる展開だったせいもあり、楽しんでいるようです。

おわりに

今は、副音声をうまく活用した番組が増えています。

以前は、野球中継ぐらいだった気がします。

テレビも厳しい世界なので、いろんなことを考えますよね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*