裸のモナリザ評価額(値段)いくら?フランス木炭裸婦画モナバンナはレオナルドダヴィンチ制作?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスのコンデ美術館のコレクションの1つ、木炭で描かれた裸婦画「モナバンナ」が、28日、少なくとも一部はレオナルド・ダ・ヴィンチ自身によって描かれた可能性があると明らかにされました。

欧米メディアを中心に、「裸のモナリザが発見された」などと大きく伝えられていて、絵画史上の大発見になるか注目されています。

スポンサーリンク

裸のモナリザ発見?

NHKの報道です。

フランスの美術館に所蔵されている木炭で描かれた裸婦画が、イタリア・ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれ、名画「モナリザ」の制作に極めて深い関わりを持つ可能性があると、「モナリザ」を所蔵するルーブル美術館などが明らかにし、絵画史上の大発見になるか注目されています。
フランスのコンデ美術館のコレクションの1つで、15世紀後半から16世紀にかけてのものと見られる、木炭で描かれた裸婦画「モナバンナ」について、名画「モナリザ」を所蔵するルーブル美術館などの調査チームは28日、少なくとも一部はレオナルド・ダ・ヴィンチ自身によって描かれた可能性があると明らかにしました。

調査チームは、描写の特徴がダ・ヴィンチのものに似ているほか、モナバンナの左腕に添えられた右手の開き具合などが、ダ・ヴィンチが描いたモナリザとほぼ一致しているとしています。

さらに、この絵はモナリザとほぼ同じ大きさで、油絵用のキャンバスや板に転写したときの痕跡が残っていることから、油絵で描かれたモナリザの下絵となった可能性も含めて、その制作過程に極めて深い関わりを持つと指摘しています。

一方で、描かれた線の一部については右利きの人物によるもので、左利きだったダ・ヴィンチのものとは異なるとして、今後も慎重に調査するとしていますが、欧米メディアを中心に、「裸のモナリザが発見された」などと大きく伝えられていて、絵画史上の大発見になるか注目されています。

引用元 NHK NEWS WEB

まさに、世紀の大発見です。

フランスのコンデ美術館のコレクションの1つ、木炭で描かれた裸婦画「モナバンナ」が、「モナリザ」を所蔵するルーブル美術館などの調査チームで、少なくとも一部はレオナルド・ダ・ヴィンチ自身によって描かれた可能性があるとしました。

モナバンナは、15世紀後半から16世紀にかけてのものと見られます。

一方、モナリザは、1503年ごろから制作開始をし、「制作に4年を費やしたが、結局未完に終わった」とされています。

時期は一致しますね。

ちなみに、晩年のレオナルドは「ただの1作も完成させることができなかった」といわれています。

そして、調査チームは、このように評価。

  • 描写の特徴がダ・ヴィンチのものに似ている
  • モナバンナの左腕に添えられた右手の開き具合などが、モナリザとほぼ一致している

また、このような理由で、モナリザの下絵となった可能性もあるとのこと。

  • モナリザとほぼ同じ大きさ
  • 油絵用のキャンバスや板に転写したときの痕跡が残っている

ただし、疑うところあるようです。

それは、ダ・ヴィンチが左利きに対し、描かれた線の一部で右利きの人物によるものがあったこと。

ということは、左手と右手で描かれたところがあるという。

なので、今のところ、少なくとも一部はダ・ヴィンチ自身によって描かれた可能性があるとしているのですね。

最終判断がどうなるか、世界中が注目です。

あと、モナバンナが、ダ・ヴィンチのものとなると、フランスが買い取って、ルーブル美術館に移動になるのでしょうか。

そのあたりも気になります。

そもそもモナリザとは?

モナリザは、フランチェスコ・デル・ジョコンドから妻モナリザの肖像画制作の依頼で描かれたものとされています。

ちなみに、モナとは貴婦人という意味です。

これについては、16世紀のイタリア人芸術家、伝記作家ジョルジョ・ヴァザーリの著書『画家・彫刻家・建築家列伝』に記述されています。

『画家・彫刻家・建築家列伝』は、ダ・ヴィンチ死後31年の1550年に出版されたもの。

モナリザの来歴やモデルの特定などの情報源としては、この『画家・彫刻家・建築家列伝』がもっともよく知られた文献資料となっています。

フランチェスコが、モナリザの制作を依頼したのは、デル・ジョコンド一家の新居引越しと次男アドレアの出産祝いだったようです。

スポンサーリンク

盗難事故

モナリザは、1911年8月21日に、ルーブル美術館から盗まれたことがあります。

再発見は悲観的だったのですが、事件発生から2年後に、かつてルーブル美術館に雇われたことがあるイタリア人ビンセンツォ・ペルージャが、真犯人であることがわかりました。

盗難当日、ペルージャは、ルーブル美術館の開館時間中に入館し、清掃用具入れの中に隠れていました。

そして、ルーヴル美術館の閉館後、モナリザを壁から外し、コートの下に隠して逃走したとのこと。

あまりに、簡単に盗まれたんですね。

結局、ペルージャは2年間にわたって自身のアパートに、モナリザを隠していましたが、フィレンツェのウフィツィ美術館館長に、モナリザを売却しようとし逮捕されました。

ペルージャが、モナリザを盗んだ理由は、2つ考えられています。

  • ペルージャはイタリア愛国者であり、イタリア人ダ・ヴィンチの作品はイタリアの美術館に収蔵されるべきだと信じていた
  • 真作の『モナ・リザ』が失われれば複製画の価格が高騰すると持ちかけられた

盗まれたモナリザは、そのままイタリア中で巡回展示された後、1913年にルーヴル美術館に返却。

ペルージャはイタリアで裁判にかけられますが、愛国者であると賞賛され、投獄されたのは6か月だったそうです。

愛国心で許されるなんて、現代では考えられませんね。

現在は防弾ガラスに守られている

モナリザは、1956年、観客から酸を浴びせられ、画面下部に大きな損傷を受けたことがあります。

さらに、同年12月30日、ボリビア人青年に石を投げつけられ、画面左下部の顔料が僅かに剥落したことも。

これらは修復されましたが、危険を感じたことから、以降、防弾ガラスのケースに収められることになりました。

このお陰で、1974年4月、東京国立博物館に貸し出し展示されていた際、美術館の身体障害者への対応に憤った「足の不自由な女性」に赤色のスプレー塗料を吹き付けらますが、モナリザは無事でした。

他にも、2009年8月2日、フランス市民権取得を拒否されたロシア人女性が、ルーブル美術館の土産物屋で購入した素焼きのコップをモナリザに投げつけましたが、無事でした。

無事だったとは言え、これらは、まさに物に当たる行為。

これほど価値のあるものに、そういった行為をするのは考えられませんね。

普通だったら、そのあとの保証を考えてしまうと思いますが。

本物のモナリザはいくら?

1962年からのアメリカでの公開の際、モナリザに保険をかける目的で評価額換算が行われたことがあります。

その結果、1億ドルという査定額が下されました。

しかし、この高額な保険の引受け手は、どこもありませんでした。

そのため、保険に多額の金をつぎ込む代わりに、保安監視に予算が充てられることになりました。

21世紀以降、1億ドルを上回る価格で、取引された絵画は、複数あります。

  • 2006年6月、グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』が1億3500万ドル
  • 2006年11月、ウィレム・デ・クーニングの『女 III』が1億3800万ドル
  • 同年同月、ジャクソン・ポロックの『No. 5, 1948』が1億4000万ドル
  • 同年同月、ポール・セザンヌの連作『カード遊びをする人たち』のうちの1点が2億5000万ドル

しかし、アメリカの消費者物価指数で換算すると、1962年の1億万ドルは2010年の7億2000万ドルの価値があるといえるようです。

やはり、モナリザは、世界で一番価値のある絵画ということですね。

他の裸のモナリザ

実は、モナリザには、描かれている女性が裸身で表現されている模写が、いくつかあります。

しかし、これらの作品の中で、ダ・ヴィンチが描いた「裸身のモナリザ」が存在していたのではないかともいわれています。

ダ・ヴィンチの価値は、計り知れないので、こういった憶測は尽きませんね。

  • エルミタージュ美術館が所蔵する『裸体の貴婦人 (Donna Nuda)』。レオナルド最晩年の弟子サライ (en:Salaì) の作品。
  • ルーヴル美術館が所蔵する『モナ・ヴァンナ (Mona Vannna)』。レオナルド最晩年の弟子サライの作品。
  • ナポレオン1世の叔父の枢機卿ジョゼフ・フェッシュが所蔵していた『モナ・ヴァンナ (Mona Vannna)』。
  • スペンサー伯家が所蔵する『美しきガブリエーレ (La Belle Gabrielle)』。
  • アッカデミア・カッラーラが所蔵する『花の女神 (Flora)』。カルロ・アントニーオ・プロカッチーニ (en:Carlo Antonio Procaccini) の作品。
  • プラハ国立美術館が所蔵する『モナ・ヴァンナ・ヌーダ (Mona Vanna Nuda)』。ヨース・ファン・クレーフェ (en:Joos van Cleve) の作品。
  • ライト美術館が所蔵する『女性の肖像』。ヨース・ファン・クレーフェの作品。
  • 16世紀に描かれた『裸身のジョコンダ (Gioconda desnuda)』。バルテル・ブリュイン (en:Barthel Bruyn) の作品。

おわりに

大注目の今回の話題。

モナリザは、これまで、数々の歴史を残してきました。

モナバンナが、ダ・ヴィンチのものとなると、その歴史が映画にもなりそうですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*