パッキャオ勝ってたの声も!オーストラリア開催影響?再戦はいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2日、ボクシングWBO世界ウエルター級タイトルマッチで、世界6階級を制したチャンピオンのマニー・パッキャオ(38)が敗戦。

0-3の判定で、オーストラリア人の同級1位ジェフ・ホーン(29)が新王者となりました。

スポンサーリンク

まさかの波乱

序盤、顎を引き、頭をぶつけてくるジェフ・ホーン。

マニー・パッキャオは、リズムが掴めません。

さらに、マニー・パッキャオは、6ラウンドと7ラウンドにバッティングを受けます。

そのせいで、頭をカット。

しかし、以降は、マニー・パッキャオの強打が炸裂。

9ラウンドは、ジェフ・ホーンがダウン寸前の場面も。

10ラウンド以降は、ジェフ・ホーンは、復活し、ひたすら手数を出します。

そして、最終12ラウンド終了のゴングが。

判定が告げられます。

なんと、ジェフ・ホーンの勝利。

しかも、117-111、115-113、115-113の0-3。

6ポイント差って、どういうこと?

今回は、対戦相手がジェフ・ホーンということもあり、マニー・パッキャオの2009年11月以来となるKO勝ちを期待されていただけに、驚きの結果となりました。

パッキャオが勝っていたとの声も

アメリカのメディアの多くは、試合内容を見て、マニー・パッキャオの勝利と見ていました。

ですが、判定では、ジェフ・ホーンは、手数でポイントを獲得したんでしょうね。

9ラウンド、ジェフ・ホーンはダウン寸前でした。

以前のマニー・パッキャオでしたら、こんなとき、連打でダウンを奪っていました。

しかし、現在のマニー・パッキャオには、そんな元気はありませんでした。

マニー・パッキャオは、このチャンスを活かせなかったのが痛手だったと思います。

オーストラリア開催だから?

今回の開催地は、オーストラリア・ブリスベンのサンコープ・スタジアム。

オーストラリア人のジェフ・ホーンには、当然、地の利はあったと思います。

特に、判定の場合は。

世界レベルの実績がなかったジェフ・ホーンは、このようなところも、うまく利用できたのではないでしょうか。

再戦は?

ジェフ・ホーンは、試合後、リング上で、このようなコメントを語っています。

「チーム、家族、みんなが支えてくれた結果。いつかこういう日が来ると信じていた。再戦?もちろん応じます。また皆さんの前で勝ちますよ」

一方のマニー・パッキャオのコメント。

「彼は勝つにふさわしかった。何の言い訳もない。この試合から多くを学んだ。次の試合に生かしたい。リマッチ? ええ、やります」

ボクシング評論家のジョー小泉さん(72)のWOWOWの中継番組でのコメント。

「(パッキャオは)38歳という年齢を考えると、もう限界かもしれない。」

としながらも、

「再戦をしたら、タイトル奪回の可能性はある」

マニー・パッキャオの再戦は、いつか?

楽しみですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*