舛添要一選挙特番出演テレビ局はどこ(予想)?衆院解散総選挙で営業?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衆院解散総選挙が来月10日公示、同22日投開票で実施されそうです。

そんな中、舛添要一前東京都知事が、各テレビ局に営業をかけているようです。

スポンサーリンク

舛添要一が営業?

日刊サイゾーの記事です。

 衆院解散総選挙が来月10日公示、同22日投開票で実施されることが決定的となり、メディアは選挙モードに突入している。そんな中、水面下でアピールしまくっているのが、舛添要一前東京都知事だ。
 舛添氏といえば、セコすぎる政治資金の私的流用が発覚し、昨年6月に引責辞任。その後、しばらく表舞台から姿をくらませたが、今年6月に著書『都知事失格』(小学館)を出版し、活動を再開させた。
 8月には『有吉ジャポン』(TBS系)で久しぶりのメディア出演を果たし、100円のカップ麺をすするなど、生活の困窮ぶりをこれでもかとアピール。知事時代の月給に加え、退職金も満額もらったのだから、そこまで金に困っていることはありえないのだが、これも舛添氏の戦略なのだろう。
「全盛期の舛添氏は『このままだと俺が総理になっちゃうよ~』と軽口を叩くこともありましたが、もう政界再挑戦は考えていないようです。ただ、本人は国際政治学者として以前のようにメディア出演して、小銭を稼ぎたい。ゆくゆくは講演会で全国を回り、政府系団体で顧問などの特別職につきたい。そのためには、次期総選挙は格好のアピールの場。テレビ各局に“営業”をかけているそうです」(スポーツ紙記者)
 事実、舛添氏は20日に、Twitterで「今日から選挙について解説やコメントを書いていく」と宣言。ソッコーで「書かんでええバカ」とリプライされたが、それにもめげず「新聞は全国紙も左から右まで多様であり、どの新聞に影響を受けるかによって投票態度が変わる。問題はテレビで、新聞ほどの多様性がなく各局大同小異で流れを作りがち。活字より映像のほうがインパクトが強くポピュリズム的」とつづった。
 テレビ局に「自分という“毒薬”を使え」と間接的に言っているように聞こえなくもない。
 とはいえ、都民の舛添氏への嫌悪感は尋常ではない。使う側にも覚悟がいるだろう。テレビ各局にとって選挙特番は総力戦。「舛添要一」という禁断の果実に手を出すのは、いったいどの局か……。

引用元 日刊サイゾー

小池百合子東京都知事は、2016年8月2日に知事に就任し、すでに1年2ヶ月経とうとしています。

舛添さんの政治資金流用を解明するようなことを言っていましたが、何かをやっている気配はありません。

このまま闇の中なのでしょうか。

その当事者・舛添さんが、動き出しました。

動く前に、全て話せという話の気がしますが…。

まず、今年6月に著書『都知事失格』の出版。

自虐ですね。

続いて、8月には『有吉ジャポン』に出演。

あたかも、被害者の如く、金に困っているフリをしていました。

そして、今月24日『サンデー・ジャポン』に出演。

解散総選挙について、ビデオで語っています。

そして、運良く衆院総選挙となりそうな今、チャンスとばかりに営業をかけているとのこと。

「今日から選挙について解説やコメントを書いていく」のツイートに対し、速攻で「書かんでええバカ」とリプライされているにも関わらず。

ハートが強いですね。

選挙特番出演?

昔、舛添さんは、テレ朝系では『朝まで生テレビ!』『ビートたけしのTVタックル』といった番組に出演していました。

また、TBS系では、ニュース番組のコメンテーターをしていました。

『有吉ジャポン』や『サンデー・ジャポン』もTBSですよね。

となると、万一選挙特番をするとしたら、この2局のどちらかの気がします。

ですが、選挙特番はバラエティじゃないです。

面白半分で、舛添さんを出演させると、視聴率はガタ落ちとなります。

舛添さん出演は、かなりのリスクです。

アンチも多いですからね。

舛添さんは、まず、これまでの真実を全て明かさないと難しいかもしれません。

おわりに

舛添さんは、時間が全てを解決すると思っているのでしょう。

ですから、これまで沈黙をし、ここにきて、メディアに出始めたと思われます。

ウケるからといって、バラエティに出すのも、どうかと思います。

税金を私物化していたのですから。

「返せ」と思います。

まずは、誠意でしょう。

この記事を読まれている方は、こちらも読まれています。

小池百合子が希望の党の代表になった理由は?結党会見はなぜこのタイミング?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*