皆川喬涼ドラフト評価や出身中学は?前橋育英4投手の「1」エース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の群馬代表は、前橋育英。

今年の前橋育英は、140キロを超す球速を持つ投手が4人います。

その中で、エースになったのは、皆川喬涼投手。

どのような投手か調べてみました。

スポンサーリンク

皆川喬涼投手のプロフィール

  • 名前:皆川喬涼(みなかわ・きょうすけ)
  • 出身地:群馬県館林市
  • 身長:178センチ
  • 体重:79キロ
  • 小学:館林市立第四小学校
  • 中学:館林市立第四中学校(軟式)
  • 高校:前橋育英高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打

小学4年から、軟式野球を始めます。

中学時代は、軟式野球部に所属。

中学通算本塁打は20本。

高校では、その打力を買われ、1年秋から外野手としてベンチ入りします。

今年の春の選抜大会は、背番号「8」で、外野兼投手として出場。

中村戦では、後方に伸びていく打球をキャッチするファインプレーを披露しました。

皆川喬涼投手の実績

2年春の大会から控え投手としてベンチ入り。

背番号「11」で、県大会優勝、関東大会優勝。

関東大会の準決勝・関東一高戦で、7回を1安打無失点のコールド勝ちで完投。

最速134キロストレートと80キロ台の遅球で、7回1死までをノーヒットに抑える快投を見せました。

また、この試合が、公式戦2度目の先発でした。

同年夏の県大会は、登板機会なし。

甲子園では、2回戦・嘉手納戦に3番手で救援登板。

1回1/3を1安打・無失点。

同年秋に右翼レギュラーの座を掴み、投打の活躍で県大会優勝、関東大会ベスト4。

投手として、先発3試合・15回を18奪三振・1失点。

5番打者として、打率.367・8打点。

翌3年春の選抜大会では、3番・センターとして出場。

打者として、7打数・2安打・1四球・1盗塁をマーク。

投手としては、1試合救援し、2回を1安打・2奪三振・無失点。

今年の夏の県大会は、背番号「1」で、5試合・26回1/3を14安打・30奪三振・8四死球・3失点。

遠投110メートル、50メートル6秒0、スクワット280キロ。

※追記:夏の甲子園1回戦・山梨学院戦は、先発4回・90球・2安打・7奪三振・6四球・3失点・3自責点で勝利。
※追々伸:夏の甲子園2回戦・明徳義塾戦は、先発8回2/3を116球・4安打・6奪三振・1死球・1失点・1自責点で勝利。
※追々々伸:夏の甲子園3回戦・花咲徳栄戦は、救援で4回を74球・4安打・4奪三振・2四球・1失点・無自責点で敗退。

投手としての特徴

重心を下げてインステップする力強いフォームの剛球右腕。

最速は149キロ。

ストレートは、常時130キロ台中盤から140キロ強。

変化球は、120キロ前後の縦のスライダー、120キロ前後の落ちるチェンジアップ、110キロ前後のカーブ。

スカウトの評価

ロッテ・諸積スカウトは、このように語っています。

「真っすぐの力強さが魅力。青藍泰斗の石川君と勝負できる。石川、山上、皆川の北関東3人衆は凄く楽しみだね」

石川翔投手は、栃木・青藍泰斗の最速151キロ右腕。

山上信吾投手は、群馬・常磐高校の最速145キロ右腕。

注目4投手のエース

前橋育英には、皆川投手以外に、右腕の根岸崇裕投手、吉沢悠投手、左腕の丸山和郁投手がいます。

何れの投手も140キロを超す速球を持っています。

昨秋の県大会、選抜大会、今春の県大会と、それぞれ皆川投手以外の3投手が、背番号「1」を背負ってきました。

そして、3年になった今年の夏、ついに皆川投手が、背番号「1」を背負うことになりました。

荒井直樹監督(52)は「今年の投手陣は力がある。こんなこと(大会ごとにエースが変わる)はそうない。皆川は春から一番安定感がありました」と語っています。

おわりに

運動センスにあふれる皆川投手。

投手としてだけでなく、打者としても魅力です。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*