ミヤネ屋後番組後任司会(MC)誰?みんなニュース相手(コンビ)キャスター(アナウンサー)は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「情報ライブ・ミヤネ屋」の司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(みやね・せいじ)さん(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになったとのこと。

フジテレビ、読売テレビとも否定しているようですが、真意はどうなんでしょう。

スポンサーリンク

宮根誠司降板?

週刊文春の記事です。

 関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

 讀賣テレビ関係者によれば、「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」という。

「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、キャスターとしての商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

そんな宮根に接触したのが、フジテレビだった。

「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される月~金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

 フジテレビにはどうしても宮根を獲得したい事情があった。

「今の夕方帯の『みんなのニュース』は惨敗の状態です。同時間帯の番組では日テレ、テレ朝、TBSに負け続けている。10月にリニューアルしましたが、状況に変化は見られません」(同前)

 宮根の電撃移籍によって、フジテレビは復活することができるのか。

 フジテレビ、讀賣テレビに対し移籍について質問したが、共に「そのような事実はございません」と否定した。

引用元 文春オンライン

ミヤネ屋は、2006年7月31日に始まった長寿番組。

その番組が、来年3月で修了かという報道です。

まさかの報道です。

ミヤネ屋といえば、宮根さんの冠番組。

この番組あって、今の宮根さんがあると言っても過言ではないと思います。

文春によると、去年頃からミヤネ屋に対するモチベーションがなくなってきており、マンネリを感じているとのこと。

また、『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、キャスターとしての商品価値をキープしたい』と考えているようです。

確かに、マンネリ化となると、コメント一つも同じようになり、視聴者は飽きてきます。

そう考えると、徹子の部屋のスゴさが分かりますが。

宮根さんと読売テレビとのこれまでの話し合いが、どうだったのか気になります。

読売テレビ側もマンネリ化も感じているようでしたら、この降板は正解だと思います。

制作に限界を感じているということですから。

フジテレビとしては、この機会を今か今かと待ちわびていたのではないでしょうか。

宮根さんの番組は、色んなネットワークを駆使しているイメージがあります。

それは、Mr.サンデーでも垣間見えます。

これを夕方の報道番組で利用できれば、他局とかなり差別化できるでしょう。

この引き抜きがうまくいけば、フジテレビは、今後、宮根さんを鬼のようにいろいろな番組で起用しそうです。

宮根さんとしては、そのあたりはどうなんでしょう。

需要があるところで仕事がしたいのか。

自分の力で、フジテレビを復活させて、男を上げたいのか。

ギャラ次第なのか。

スポンサーリンク

ミヤネ屋の後番組は?

読売テレビとしては、ミヤネ屋の後番組には、頭を抱えるでしょう。

後番組は、ミヤネ屋と同じく、情報番組だと思います。

司会者は、同レベルの辛坊治郎さんあたりとするのか。

それとも、フレッシュなこれからの司会者を据えるのか。

芸人や弁護士というのもあり得ます。

番組のコンセプト次第でしょうね。

みんなのニュースはどうなる?

宮根さんを獲得できれば、「みんなのニュース」は完全リニューアルでしょう。

気になるのは、宮根さんとコンビを組むアナウンサー。

Mr.サンデーで慣れている椿原慶子アナでもいいのですが、このコンビではフレッシュさがありません。

育成のために、思い切った若手アナを起用することも考えられます。

可愛らしいだけで選択してしまうと、以前のフジテレビと変わらないと言われそうです。

そのあたりも注目です。

おわりに

最近あまり変わり映えのなかった、昼の情報番組が、変わりそうです。

テレビ離れを防ぐには、このような変革は必要なのかもしれません。

宮根さんは、まだ54歳。

一花咲かせたいでしょうね。

※10月19日追記:ミヤネ屋降板を否定

19日、宮根さんが、ミヤネ屋の番組内で、降板を否定しました。

この日は、囲碁AIの進化に関するニュースを取り上げた際、突如報道に言及。

「文春さん見たら、『ミヤネ屋3月で降板』ってなってて。ミヤネ屋がAI屋になるっていう…」と自身がいなくなった後番組ついて、冗談を。

また、番組スタッフに宮根さんが「やめさせられるの? 大丈夫? 社長に聞いた?」と確認すると、スタッフは両腕で「◯(まる)」のジェスチャー。

それを受け「4月以降もやらさせていただきますので、よろしくお願いします」とし、「しばらくは人間で頑張っていきます」と話しました。

宮根さんは、文春の直撃取材にも、降板と新番組の予定はないと完全否定し、読売テレビもORICON NEWSの取材に対し「事実無根です」と回答しています。

文春のお騒がせ報道だったということでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*