森本稀哲(ひちょり)コスプレピッコロ誕生理由(秘話)!新庄剛志がきっかけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道日本ハムファイターズなどで活躍した、元プロ野球選手・森本稀哲(もりもと・ひちょり)さん(36)を全国区にしたのは、コスプレパフォーマンスかもしれません。

森本さんには、目立ちたがり屋のイメージがありますが、実は暗い過去も。

そんな森本さんは、どうしてこんなキャラになったのでしょう。

スポンサーリンク

プロフィールや汎発性円形脱毛症の過去

森本さんのプロフィールや汎発性円形脱毛症の過去については、コチラをお読みください。

なぜ森本稀哲はスキンヘッドにしているのか?汎発性円形脱毛症の克服までの道のり

元々は目立つのが不得意

森本さんは、小学1年生から高校まで汎発性円形脱毛症でした。

そういったこともあり、人前に出ることは得意ではありませんでした。

得意ではないというより、目立つことはしたくないと思う性格だったといえるようです。

そんな森本さんは、野球で頭角を現し、前向きな性格になっていきます。

そして、帝京高校ではキャプテンを務め、プロ野球選手となってからは人前にでるのが普通になりました。

新庄剛志が変えた

森本選手といえば、コスプレパフォーマンスでファンを喜ばせました。

代表的なコスプレは、「秘密戦隊ゴレンジャー」「ピッコロ大魔王」「マイケル・ジャクソン」「ラーメンマン」。

他にも数多くのコスプレをしました。

しかし、そんなパフォーマンスを始めた頃はビクビクだったそうです。

森本さんが、初めてパフォーマンスをしたのは、2004年9月20日・プロ野球再編問題にともなうストライキ明けの試合。

北海道日本ハムファイターズ時代です。

この年、日本プロ野球界では、初めてストライキが行われました。

以後、現在までストライキは起きておらず、今のところ、唯一のストライキです。

財政難に陥っていた大阪近鉄バファローズが、オリックス・ブルーウェーブとの合併を発表したことに端を発した球界再編問題が、選手会による2日間のストライキに発展したものでした。

この合併にともない、球団を増やすため、楽天イーグルスが誕生したんですね。

そのとき、ファンのために何かできないかと考えたのが新庄剛志さん(45)です。

新庄さんは当時、北海道日本ハムファイターズで、森本さんと一緒にプレーをしていました。

新庄さんは、チームに内緒で、ストライキ明けの福岡ダイエーホークス戦が行われる札幌ドームに、赤、青、黄、ピンク、緑のゴレンジャーのかぶりものを用意していました。

「これでシートノックやるから。かぶれ」

森本さんは、新庄さんからアカレンジャーのマスクを手渡されます。

「えー、こんなのかぶって出て行って大丈夫なんですか?」

森本さんは、仕方なくマスクをかぶったものの、完全にビビっていました。

この試合は、ストライキ明けの大事な試合。

プロ野球機構や球団から怒られるかもしれません。

ゴレンジャーの他のメンバーは、アオレンジャー・島田一輝さん、モモレンジャー・石本努さん、ミドレンジャー・坪井智哉さん、そして、キレンジャー・新庄さん。

そして、5人揃って勢いよくベンチから飛び出していきます。

すると、観客席からは大歓声。

森本さんは、本当のヒーローになった気がしたそうです。

直前のビビりがウソのようだったとのこと。

また、この試合では、新庄さんが魅せてくれます。

9回裏、スコア12対12、ツーアウト満塁という状況で、サヨナラホームラン。

この劇的な勝利と、ゴレンジャーパフォーマンスが大きく報道されることになりました。

すると、このようなパフォーマンスを悪ふざけというような批判がでてきます。

ですが、森本さんさんは前向きに「喜んでくれたファンがたくさんいたんだし、やってよかった。またやろう」と思ったそうです。

ファンあってのプロ野球。

怠慢プレーをしているわけではないので、問題ないと思われます。

スポンサーリンク

森本稀哲が選ぶベストパフォーマンスは?

森本さんが、自身のベストパフォーマンスと言うのは、2006年、初出場したオールスター戦でやったピッコロ大魔王。

このきっかけも新庄さんでした。

「初めてのオールスターだよな。なんかやんないの?」

新庄さんとアイデアを考えていた森本さんは「初恋の女の子から『稀哲ちゃんってピッコロに似てるよね』と言われてショックを受けた」という話をします。

すると、新庄さんは、

 「ピッコロで決まりな。知り合いに特殊メイクのプロがいるから、連絡しとくわ」

このコスプレがコチラ。

クオリティ高すぎですね。

アカレンジャーのときは顔が隠れていましたが、ピッコロのメイクは森本さんだとわかる仕上がり。

このときの写真はメディアでよく使われ、森本さんの顔が全国区となりました。

目立つことで得られたこと

これらのパフォーマンスは、森本さんを有名にしました。

森本さんは、選手としても、スピードあふれるプレーで魅了しました。

ですが、これほど顔を覚えられた選手は少ないと思います。

森本さんは、このように語っています。

 やれば喜んでもらえて、そのうえ自分を知ってもらえたのですから、損をすることはひとつもありませんでした。
 目立つのが怖かったり、人前に出るのを戸惑ったりすることもあるでしょう。でも、前に出なければ得られないものがあります。人前に出ることになったら、自分の殻を破るつもりで、思いきってやってみてください。

森本さんは、前にでることにより、野球のパフォーマンスも上がりました。

また、北海道の野球ファンを増やすことにも貢献しました。

得られたものが多いですね。

おわりに

勇気をだして前にでたことにより、大きなものを得た森本さん。

これは、野球だけでなく、様々なところでも同じことがいえます。

コスプレじゃなくても、人を喜ばせる前向きなことをすれば、人が認めてくれ、自身のパフォーマンスも上がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*