山梨市長の元妻が詐欺で逮捕!被害総額は3億円を超えるとみられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

27日、山梨市の望月清賢市長の元妻が、詐欺容疑で逮捕されました。

この日の容疑は、約1億2700万円をだまし取ったというもの。

元妻は、今月6日にも約2300万円をだまし取ったとして逮捕されています。

他にも詐欺の疑いがあり、被害総額は、3億数千万円になると警視庁はみています。

この記事も読まれています。
オレも詐欺!?元妻に続き山梨市長も不正行為で逮捕!
やっぱり賄賂!山梨市長、不正関与人物も依頼人も金額もバレた!

スポンサーリンク

建設用石材の融資と言って詐欺

逮捕されたのは、石材会社社長の望月治美(61)。

逮捕容疑は、2012年4月上旬~13年2月中旬頃、「建築用石材の仕入れ資金を融通してくれれば、確実に転売利益が入る」とうそを言って、埼玉県和光市の60代男性から合計約1億2700万円を口座に振り込ませたとのこと。

とりあえずは、27日はこの容疑で逮捕をしましたが、警視庁によると、望月治美は、2011年3月~2013年2月の間に、この男性から同じ手口で、合計3億数千万円以上だまし取っているとみています。

男性は、知り合いからお金をかき集めて、3億数千万円以上つくったみたいです。

1個人の被害額としては、想像を絶しますね。

確実に儲かると言われれば、「有り金全部で勝負」となってしまうのでしょうか。

このような事件は、ニュースとして見れば、「そんなうまい話はないだろう」と思えますが、実際その現場で、言葉巧みに言われれば騙されてしまうかもしれません。

返すつもりだったと話しているが…

望月治美は、このだまし取ったお金を、「自身や会社の借金返済」「生活費や税金の支払い」「会社の運転資金」などに使っていたとのこと。

『うそをついて金を取ったことは認めるが、返すつもりだった』と供述しています。

望月治美の会社は、自転車操業だったと予想されます。

自身への給料もなかったのでしょう。

返すつもりだったなんて、誰が信じますかね。

返すとしたら、他の人からまたお金をだまし取るしかない気がします。

山梨市長とは離婚している

望月治美の元夫は、現山梨市長の望月清賢氏。

今年の2月に離婚しています。

望月治美の経営していた石材会社は、望月清賢市長の父親が元々の経営者です。

望月清賢市長が後を継いで、その後、望月治美が社長になりました。

おわりに

「お金はこれ以上いらない」なんて思う人間なんてごくわずかです。

被害者は60代とのことですが、年齢に関係なく、欲というものは計り知れません。

知り合いからお金をかき集めてまでも、儲けたかったのか?

確実という言葉を信じてしまったのでしょうね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*